ロングライドの自転車のセッティングとか、サドルとか、

自転車に長時間乗ってるときにはかなり頻繁にフォームを変えている。長時間ライドを快適にこなすためには乗車姿勢の多様さが大事だと思う。
ずーっと同じ姿勢じゃ自分は5分ともたない。いや3分ともってないかも。

同じポジションのまま自転車に乗り続けていると、からだの同じ場所にだけ同じような負担がかかり続けるので、からだの一部にのみ疲労が蓄積する。で、疲労軽減および回復のためにいちばん最初にやるのは、ハンドルを持つ位置をかえて上半身のフォームを変えること。これで上半身の負荷のかかる場所を変えて疲労軽減や回復を図る。ドロップハンドルの場合は結構劇的に姿勢を変えることができるのでわかりやすいが、フラットバーやアップハンドルであってもグリップに手をおく位置を端よりにしてみたり中央よりにしてみたりとグリップする位置を変えて姿勢をコントロールして負担軽減策を取る。

が、しかし、これでは上半身のフォームを変えることはできても、下半身はそのままで乗り続けることになる。やはり下半身も変化させたい、変化させないと疲れて5分ともたない。いや3分ももたないかも。で、どーするかというと、ほとんどの人がある程度は無意識でやっているとは思うんだけど、サドルの上でおしりの位置を前後に動かしている。

サドル上で前後におしりを動かすことによって、劇的に乗車フォームが変化して、からだの負荷がかかる位置を大幅に調整できる。

着座位置の前後によって、単純にハンドルーサドル間の距離が変わるだけでなく、サドルは基本的に水平にセッティングされているので、着座位置を前後に動かすと座面ーBB間距離(おもにサドルの高さで調整するペダルとサドルの距離、簡単に言うと足の伸ばし具合)も変わる。そしてもちろん、BBとからだの前後位置関係も変わるので漕ぎ方(ペダルの回し方)も変わってくる。

なんとちょっとおしりを前後に動かすだけで、フォームが変わるだけでなく自転車の基本的なセッティングの中でもとても重要なハンドルーサドル間距離やサドルの高さが劇的に変化している。

ステムの長さを1cm長いものにするか短いものにするかとかという問題は、パーツ変更の際には大いに悩ましい問題である。が、しかし、そのステムによって調節するはずの1cmや2cmのハンドルーサドル間距離などというものは、おしりを少し前後に動かすだけであっというまに変化しているのである。
サドルの位置とサドルのデザインは重要です。

からだの重心位置そのものが変わるので前後輪への荷重の掛かり方も変わる。すなわち着座位置を前後することによってフォームだけでなく自転車の運動特性も大きく変化する。このあたりは、急坂・激坂の登りや下りのときのライディングフォームに積極的に活用されていることと思う。ただ、そういう急坂・激坂といういわば緊張状態のときだけでなく、平坦な道をだらだらと長時間乗る場合に、この着座位置の前後への変更を積極的に活用することでライディングはかなり快適になる。これを理解して意識的に利用するだけで全然からだの疲れ方が違ってくる。

前後におしりを動かして快適じゃないサドルはよくない。前後におしりを動かしても快適なサドルがいい。
ただ単に幅が細くて前後に動きやすいってことではなくて、快適に着座できる場所が限られたワンポイントだけではなくて、前後に幅があるってことね。

サドルを選ぶときに、ポイントとして「着座位置を前後に動かしても快適サドル」の重要性を説いたアドバイスを自分は見かけたことがないが(っていうかこの5-6年自転車関係のうんちく本とかまったく読んでないから見かけてるはずもないがw)、このおしりを前後に動かしていろんな位置で快適に座ることのできるデザインというのはとても大事だと思う。

あまりにも軽量化や効率化を突き詰めて小型化された窮屈なサドルよりも、前後に着座位置を変更できる許容量の大きいサドル、ある程度ゆるいデザインのサドルの方が自転車に長時間乗ってても楽ちんだし。楽ちんだってことは長時間ライドが快適で疲労も少ないので安全。
そういうサドルをつかって、ライディングポジションをうまく変えていくと、自転車に乗りながらだんだんとからだが疲れていくだけじゃなくて、自転車に乗りながらからだの疲れた部分の回復もうまくできる。疲れているところを回復させながらじょうずにからだを使って快適に安全に長距離ライディングを楽しみたい。

サドルのデザインだけでなく、自転車全体のデザインやセッティングも、ライディングフォームの多様さを許容する必要がある。あと、頭の中でも「ベストなライディングフォームはこれ」っていう思い込みで乗り続けるのじゃなくて、路面状況、天候、からだのコンディションにあわせた楽チンで快適なライディングフォームを常に考える必要がある。

Peace!!
スポンサーサイト

My New Bicycle

自転車は楽しい!

SURLY steamroller 09 black 59cmfixed gear bike、いわゆるピスト。バックに写ってるEscapeをここ最近ずーっとシングルギア化して乗ってるけど、すごく楽しい。不便も多いけど軽量シンプルで納得。逆に不便が楽しかったりする。最優先の基準は楽しさ。長距離の舗装路をハイスピードで移動するのなら変速できるロードバイクが最も合理的なのだろうが、合理性と楽しさは正比例しない。そしてシンプルな道具は美しく楽しい。自分のカラダにあったフレームサイズの自転車に乗ってみたいという欲求と、見た目的にもよりシンプルにという欲求が強くなりsteamroller 59cmに辿り着いた。ってかSURLYのsteamrollerかっこいい、乗ってみたいって思っただけ。

サイズ59cmのsteamrollerはどこ探したって見つかんなかったんでCAのお店で買った。発送通知の3日目には手元に。FEDEX早いッ
バタバタしてて、ペダル用意するの忘れてた。クールなペダル緊急手配。

自転車は楽しい!


Peace!!(・ ・)v


-----


Ah, the Steamroller. What a sublime ride. We love it and so do a lot of other people. It was designed as a singlespeed/fixed gear street bike, and it’s as fine an urban trawler as you will find. The 4130 CroMo frame is quick like a bunny, and durable too, as an evryday street bike should be. We include 25mm tires, but the frame will accept tires up to about 38mm and that opens up all sorts of possibilities. Asphalt isn't necessarily smoother than singletrack, afterall. We offer it as a fixed gear but the hub is threaded fixie on one side, with SS freewheel threads on the other, so you could add a single speed freewheel if you'd rather do that. We include front and rear brakes because having brakes is a good idea, but there are no rear housing stops. There's not much else either. Just a pair of water bottle cage bosses on the seat tube. And hey! No snivelling about the location. Seat tube, down tube, nobody can agree on anything. Criminy.


Frameset
Frame Surly Steamroller, 100% Surly 4130 CroMoly steel. Main triangle double butted. TIG-welded
Fork Surly Steamroller, 100% CroMoly, lugged and brazed. 1-1/8" threadless steer tube
Drivetrain
Crankset Andel, Forged arms. 47t, 3/32" aluminum chainring. Black
Pedals NOT INCLUDED, NOT INCLUDED
Bottom Bracket T.H.C., 68 x 103mm
Cog Surly fixed-gear, 19t, 3/32" Surly lockring included (f/w not included)
Chain SRAM, PC-830
Components
Headset Ritchey Logic Comp, 1-1/8" threadless, w/ 30mm spacers. Black
Stem Kalloy AS-009, 1-1/8" threadless. Forged. 26.0mm clamp. Black
Handlebar HL, Aluminum. No housing grooves. Black
Handlebar Wrap Co-Union Cork Mix, Feels good. Black
Brake Levers Tektro RL570, Front and rear cyclocross style levers (front installed).
Brake Calipers Tektro R356, Front and rear calipers included (front installed). Black
Seatpost Kalloy - SP-248D, 27.2mm Black
Seatpost Clamp Surly Stainless, Black stainless steel
Saddle WTB SST, Vinyl. CroMo. Black
Wheels
Hubs Surly, 32h, 120mm OLD fixed/free. Black
Spokes DT Swiss, 14g. Black. 12mm Silver brass nipples
Rims Alex DA-22, 700c, 32h. Black
Tires Maxxis Detonator, 700 x 25t. Black
Tubes Cheng Shin, 700 x 25t

Frame Size Stem Length Stem Angle Handlebar Width Crank Length
42cm 3.5 17.0 15.7 165
53cm 3.5 17.0 16.5 165
56cm 3.9 17.0 17.3 170
59cm 4.3 17.0 17.3 170
62cm 4.7 17.0 18.1 170

Panaracer EXTREME EVO3 PT / GIOS SESSANTA

気になってたのに放置していたタイヤ&チューブをやっと交換

交換後 - 軽量。走りも軽快。転がりも良い。素敵な走行感(回転部分外周部軽量化の効果は甚大)
Tire: Panaracer EXTREME EVO3 PT 700X23c / 210g
Tube: Panaracer R'AIR 700x18-23c / 66g

交換前 - 重い。安物。走りも重い。耐久性はありそうで実用車向き(こんな細いタイヤの実用車ないか・・・)
Tire: Vittoria ZAFFIRO 700x23c / 重い(これから測る)g
Tube: KENDA 700x18/23c / 重い(これから測る)g

もとからついてるホイールはFulcrum racing 7、高級品ではないが結構よく転がって良い。

サドルとハンドルもなんとかしたいなー



Peace!!(・ ・)v

チャリ5000km

お買い物行くのにふとメーター見たらちょうど5000km。
ここしばらくほとんど乗ってない。 ずーっと事務所に放置。
けど、こいつ、チョイ乗りだけでもほんまに楽しい! ガソリン要らんし。






Peace!!(・ ・)v

GIOS SESSANTA SETTING GIOSセサンタのセッティング

予定のない日曜日。 12時半起床。 また寝坊。 この週末に計画してたソロハイクは、「土曜の午後はにわか雨with雷」という気象庁のやけに自信たっぷりそうな天気予報にビビッて中止にした。 自信ありげなカミナリ予報の時にカミナリから隠れる場所が全くなさそうなところに出掛ける勇気はない。 ってかこないだ(←コメント欄ネ)からカミナリの怖さをリアルに感じすぎて少々ビビッてる。 金曜日には練りに練った(笑)スリーピングシステムも用意し、ピッケルと鉄のアイゼンも準備OKで、あとはクルマに積んで出発するだけだったのに・・。 トホホ・・。 残念。 そこからは緊張の糸はダラリと緩んで得意のダラダラとした週末態勢。 寝過ごした日曜の午後からとはいえ、せっかくの日曜日。 大好きなカフェオレを飲みながらゆっくりと過ごし方を考えた。 あれこれ放置で片付けないとならないことはいつも山積みだから、全て無視して普通にお出かけでもしてやろうかと思ったが、カラダも動かしたかったので、先月から手元にあるドロップハンドルのやりかけのセッティングを煮詰めることにした。 暇を見つけては自分であれこれセッティングを出してきたけれど、なかなかまとめて乗る機会がなくてちゃんとチェックできてない。。。 やはり時間をとって距離を乗りながらでないとなかなかうまく決まらない。。。 で、微調整の結果、やっとこセッティングは出てきた感じ。 あとは走り込みながらちょっとずつ煮詰めていけば良さそげ。 あぁ、あとメインのカラダの強化もしていかないと・・。ヘルメットだけじゃなくて、サイクリング用のジャージとパンツも着用してみてるけど、コイツらもかなりイイ感じ。空気抵抗が違う!靴もペダルにガチャッてヤツにしてる。引き足の効果はあんまりわかんないけど、ペダルから落ちる心配がなくなってグーッ。
あとかなりナイトライダーなんで、夕方以降は前後に結構強力なライトを点滅中。安全のため、重いけど絶対必要。マジで重いけど前も後ろも絶対要るな。カッコも悪いけど・・。

走行データ20090614
Dst 80.59km
Av 20.7km/h
Mx 59.8km/h
Tm 3:53'11



チャリはハイキングのグッドトレーニング! で、結局スカイハイに寄り道してパシャッ。
Peace!!(・ ・)v

プチ輪行 20090125

ハイキングの予定もなくなった日曜日。夜更かし&朝寝坊で目覚めたら完全に午後。ジョギングにしようかと思ったが久しぶりにチャリにした。気温5℃で風が強い。27km走って芦屋スカイハイ到着!所要時間90分。北西寄りの風だったのでずーっとアゲインスト。帰りは暗いし寒いので梅田までプチ輪行。18kmほどのワープ。輪行のシステムを組み直したのでセットアップが早い。輪行バッグ、走行時はスペアチューブ、タイヤレバー、軍手、アーレンキーx3、スポークレンチと一緒にサドルバッグ内に収納。


ピース!!(・ ・)v

チャリ4000km +

そういえば、年末に4000km超えてた。
今日もちょこっと乗って4067km。



ピース!!(・ ・)v

ACLASS ALX320DXホイール on GIANT ESCAPE R3

ハイキング用トレーニングマシーンGIANT ESCAPE R3にACLASS ALX320DXホイール装着ノーマルの700x28cタイヤから23cに変更して驚異的に転がり(惰性走行性能)の良くなったescape R3。
よく転がる乗り物の味を覚え、転がりフリークとなり、更によく転がる改良がしたくなってしまっていた。
自転車を構成するパーツはいろいろあるが、単純に転がる乗り物として考えた場合に重要なのはやはり車輪と車軸。
車輪については、タイヤ自体は現状の700x23cで実用性の面からもほぼ満足(市販ロードレーサーでも700x23c装着車は多い)している。
リムは軽くなった方が、JSBさんにご教授頂いた理論通り走行性能は上がるハズ。
あと、転がりを決定付けるのは、やはり車軸にあたるハブ、ここの性能が良くないと当然よい転がりは見込めない。
ノーマルハブが、ノーメンテで走行距離3,000kmを超え、異音も出だしてそろそろヘタってきている(ハズだと思う)ので、ハブの交換ついでにホイールごと交換した。
候補はいろいろとあがったがあまり高級品丸出しの記号性の高い有名部品をつけても盗難の危険性が高まってしまい、気楽に乗れなくなって、普段使いに支障をきたすので、なるべくコストパフォーマンス重視での選定となった(ホントはブランド志向だけど予算がなかったョ)。

条件は
・とにかくノーマルホイールよりもハブ自体の性能が良く、転がりが良いこと
・ノーマルホイールよりも軽量、とくにリム部分が軽量な方がよい
・色は車体色に合わせてブラックがあれば優先的に選択
・予算は込み込みで30,000円までに収めたい(自転車パーツ業界も歴史ある完成された業界のようで、少しずつ価格と性能が上がっていくドロ沼のように完成された価格・品質設定になっている)

ハブというのは素人的にはあまりスポットライトのあたらないパーツみたいで、完成車購入時にもチェックポイントに入りにくい部類のパーツみたいだ。
特に初心者の場合は全くといっていいほどチェックしない場合が多いように思う。
完成車のカタログでも変速機などは有名なパーツを列挙していても、ハブについては名前も書いていないどころか項目としても無い場合がある。
完成車メーカーとしては、かなりコストダウンを図れる部分のようである。
それ故、求める高性能なハブを装備した完成車を手に入れようと思うとかなり高額な(30万円以上はしそう)完成車を買うしかない。
そう考えると、欲しい機能に限定してのパーツ交換は自分にとっては非常に有意義。

ネットで情報調べたり、あちこち問い合わせてみた結果。転がりの良さを体感しようと思うとそこそこいいハブでないとダメらしい。安いホイールセットじゃ体感できるほどの転がり性能アップは無理みたい。
SHIMANOのパーツでいうと最低でも105シリーズ(ホイールセットで実売3万円以上はする)以上、できればALTEGRA(こちらは4万円以上する)以上が良いとの事。
ホイールだけでも10万円とか、100万円以上のとか、いろいろとあるが、予算の都合もあってなるべく量産普及型(安いヤツ)で性能のいいモノが欲しかった。
今回選んだACLASS ALX320DXホイールは、前後セットで実売3万円弱。(ウエムラサイクルパーツでオススメだった。)
台湾メーカー製(確かGIANT ESCAPE R3と同じメーカー)。欧米のかなり有名な自転車メーカーやらホイールメーカーのOEM生産を手掛けているメーカーで、品質・完成度はかなり高いメーカーらしい。
単独品としてはブランド名がないだけで、実売5万円クラスのホイールと同性能(このクラスのホイールがついている完成車はなかなかのプライスゾーン)の製品だともいわれているみたい。
軽量で、色もちょうどブラックがある。デフォではド派手なステッカーで飾られているが、ステッカーを剥がすとマットなカラーリングとなり、見た目ではノーマルと全く変わらず、悲しくなるくらいにこれみよがし感はゼロ。
耐久性ウンヌンは使ってみないとわからないが、マーケットでの評判はそこそこ良いようだ。

ノーマルホイール(QR、リムテープ、スプロケ込み重量)
F:1,026g
R:1,656g
Total 2,682g

ACLASS ALX320DXホイール(QR、リムテープ、スプロケ(クロスレシオ化)込み重量)
F: 776g
R:1,282g
Total 2,058g

ノーマル状態から前後合わせて624gの軽量化とハブの性能アップ。

ついでにスプロケもクロスレシオに交換。高速寄りにきめ細かいギア比となり、急坂はつらくなるが平地での快速巡航時の効率upと快適さを重視した。

完組ホイールなのでスプロケだけショップ取り付けてもらって、後は(ノーマルホイールからのタイヤの付け換え&ホイール交換)は自分で作業。

で、ホイールを交換して乗ってみると、体感できるくらいに転がりは良くなった。特に低速域でよくわかる。転がりの粘り強さがかなりアップ(体感20%以上)。ってことは高速走行時でも転がりの抵抗自体かなり低減されているハズ。
スポークがエアロタイプ(扁平型)なので高速になるほどその効果も出てくるだろう。
あと、ホイール外周部、リムの重量がかなり軽くなったみたいでホイールのジャイロ効果が格段に減っている。よくいえば軽快なハンドリング、悪くいえば不安定なくらい操縦性に違いを感じる。個人的には軽快と感じて調子いい。
それと、ホイール外周部の軽量化の恩恵で、出だしや加速時、登り坂での踏み込みがずいぶんと軽くなった。
タイヤ交換した時ほどの解り易く劇的な体感変化ではないが、着実に転がりマシーンとしての性能はアップしているし、軽量化の恩恵も得られた。
風の影響が無い条件下なら、歩いている時は平面だと思っていたルートの、普段は意識さえしないくらいのわずかな起伏でも自転車が加速したり減速したりGにたいして忠実に反応するのがわかる。
近所の低速走行だけでもいい転がり感を味わえてかなり楽しい。

新たな転がり性能を得て、さらに楽しい乗り物へと進化した。


ピース!!(・ ・)v

MINOURA MT-800N on GIANT ESCAPE R3

GIANT ESCAPE R3+リアキャリア(MINOURA MT-800N)。ジャイアント エスケープR3にツーリング装備積載用リアキャリア装着(結構安物)。
強度も評判も不明だが、スチール製なんで最悪折れたりしても溶接すればなんとかなりそう。
鉄製で重量もあるが、安物故に妙に脆いか、逆に重い分しっかりと軽量化思想欠落的実用堅牢度があるかのどちらかに振れていて、コイツは後者の方であるだろうと希望的観測でトライしてみた。
取り付けに少し加工(キャリア下部金具周りを少し削る)要。 1.2kgも重量増。

超適当なお気楽ツーリングスペシャル(出動時はリアにバックパックごとくくり付ける)、というよりタイヤの細い実用車路線。
前にはカゴでもつけてみようかな。 
飲み物放り込んだり、ジャケットやらバッグ放り込んだりカゴはきっとツーリングにも便利。
スポーティーで軽快なルックスは失うが、黒い荷台がヨーロピアンな実用車っぽくて、これはこれでイイ感じ。


バイシクルはハイキングのトレーニング用。
全てはハイキングのために!
ピース!!(・ ・)v

[追記]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。