USPS "Click-N-Ship(R) Notification"


CAMPSAVER.COMから発送される荷物の伝票番号のお知らせとお届け先住所確認のメールがUSPSから来た。 発送後は"Track and Confirm"というサービスを使って、国内の宅配便と同じく荷物の現在位置をウェブ上で確認することが出来る。 アメリカユタ州から発送される荷物の現在位置がインターネットでわかるとは、便利な世の中になったものである。

発注から手元に届くまでのトータルでは、やはりそこそこ時間が掛かるので急ぎの買物には向かない。 国内だと午後3時までの注文は当日発送なんてところもあるし・・。 これもまた便利なモノである。


ピース!!(・ ・)v



スポンサーサイト

エネループ

三洋電機 充電式ニッケル水素電池 エネループ

エネループは充電したまま放っておいても自己放電が極端に少ないし、継ぎ足し充電も出来る。 と従来の充電式電池の弱点をほぼ克服しており非常に使い勝手がいいのでいろいろと愛用している。 電池を度々買っていると結構な出費になるし、ゴミとしてもやっかいそうなのでなるべく出したくない。 エネループを採用してからは電池のストレスから少しは解放された。 また、いちいち新調しなくても充電さえすれば、トレッキング時に満タンの電池で出発できるので経済的だし精神的にも良い。 店頭に並んでいる電池などは、同じ新品でも新しいのもあれば古いのもあるだろうからアウトドアに連れていくにはそのままでは信用できないし・・。

重量的に見てみると

AA単三型 約26g

AAA単四型 約12g

AAA単四型 in AA単三型アダプター → 単三電池として使用できる

容量的には、
AA単三型 2000mh
AAA単四型 800mh
となっている。

現在、GPSガーミン60CSXとデジカメCANON PS A640(こいつも重いな、電池込み重量351g) にはAA単三型(それぞれx2、x4)、ペツルヘッドライトにはAAA単四型x3を使用している。 アウトドアに出る場合やはり予備バッテリーもないと少し不安である。 容量的な問題もあるので、デフォルトは現状のままで良しとして、予備バッテリーは、AAA単四型x4とアダプターx4のみを持てば良さそうである。

3gのアダプターx4の採用で予備バッテリーがAAA単四型一種類で済み。、さらに軽量化にもなる。 その前にバッテリーを統一しないといけないような気もするが・・。 ハイキング装備のライトウェイト化の一考にはなるだろう。


ピース!!(・ ・)v

グラナイトギア ベイパートレイル from CampSaver.com

22日に送料の決済を済ませてから何の音沙汰もないので、昨日メールで問い合わせしてみたら、返事は現地の同日中に来ていた。 あと2日で発送予定だそうだ。 早いときは発注から一週間後には手元に届いているときもあるので、今回時間がかかっている。 オーダーの中のどいつかのデリバリー待ちかな。 まぁ今週中には発送されて来週には手元に届くだろう。

実は今回ベイパートレイルだけじゃなく、ヘッドランプPetzl Tactikka XP LED Headlampとストームクッカー用ハードアノダイズドフライパン27 Frypan/Lid Hard Anodized 7.4"x1.2", 2.8 oz もオーダーしている。目新しい商品ではないが、私には必要なので。
ペツルタクティカXPは95gと手持ちのTIKKAよりも少し重いが、光量が調節できて明るさ控えめに点灯できるのと拡散フィルターがついているのでシェルター内でランタンの代わりとして使用し、ランタンを装備から外してライティングのシステムトータルでの軽量化を計る作戦。 TIKKAのスイッチは本当に使いづらかったし、経年変化かスイッチの側部分のケースが割れてきていたし・・、で、そろそろ新調。 タクティカは赤色フィルターもついている。 赤外線スコープや暗視鏡などを使う予定は今の所無いが、夜中にちょっと使うには眩しさがマイルドで目が覚めなくて良いと思う。 
ストームクッカー用のハードアノダイズドフライパンはストームクッカー軽量化作戦の一環としてテスト採用してみる。 カタログ値2.8ozという事は約79gなので、現在のノンスティック加工フライパンよりは約46g軽くなることになる。 手元に届き次第、計量してみたい。


ピース!!(・ ・)v

ulgoodsさんのカルデラコーン

山より道具さんのブログを拝見すると(いつも拝見しているのだが)、氏は夜明けのランブラーさんのブログで質問をされて答えをもらって感激されたと書いてあった。
実は小生もその前日に山より道具さんのブログに質問させてもらい実に丁寧でユーモアあふれるお答えを頂いていて相当に感激していたのである。 あまりの感激で緊張気味のコメントしかバックできていないし、どう表現していいのか解らずにいたのだが、今回のulgoodsさんのブログを見て氏のストレートな表現っぷりに心を打たれた。
遅ればせながら書かせて頂く。 非常に感激である。 ulgoodsさんその節はどうもありがとうございました。

何の質問だったかというと、Trail Designs社のCaldera Ti-TriTM Stove Systemというストーブである。 アルコール・固形燃料・薪の3種類の燃料でドライブできて超軽量、さらに超高効率。 しかも安定性も高く、薪を燃やすと焚き火のように豪快に燃やせるという。 非常にクールなストーブである。 しかも最新式のチタン製。 これはもうよくわかんないけど、欲しいと思ってしまう。 物欲刺激されまくりである。

ulgoodsさんの最新の軽量道具の検証、カラダを張った実験や機知に富んだ科学的な文体から目が離せない。

ピース!!(・ ・)v

タイベック シート TYVEK

TYVEK タイベック 防水透湿シート
グラウンドシートとして使用できる紙のようにペラペラの軽量な防水透湿シート。 軽量でコンパクト。 快速旅団にてバラ売りされているのを購入。

1.5m幅を3m購入したが、余裕をみて実測で3.2m長で送ってくださっていた。 感謝。 1m単位での販売だったので、3mを購入し当初2.3m分くらいをカットして使用しようと思っていたのだが、結局他のグラウンドシートよりも軽量だしカットしてしまうのももったいないし・・などと腰の引けた事を考えてそのまま使用していた。

実測してみると1.5mx3.2mで211g。 これをナイロンのサック(14g)に入れていたのでトータルで225g。

余分に持ちすぎているような気もするが、Hex3内で使うときなどは雨天時にスリーピングバッグの足元に折り返してかけておけば、Hex3内の端っこにいるときでも足元に少々飛んでくる水ハネなんかを防いでくれたりする。 しかしレインウェアをスリーピングバッグの足元にかけておけばそれも十分に代用できる。

なるほど確かに大は小をかねるが、重複する機能を持つのは無駄である。 ミニマムミニマムの必要最小限に全てを絞り込み続けないとまたもやトータルではそうとうな過剰装備を背負うことになってしまう。

何でもたくさんあれば確かに安心だが、安心の代償は重量となって跳ね返ってくる。 過剰な安心まで背負うのは無駄である。 なければ不安だが、なぜ不安なのかをつきつめて考え、すべての装備とプロセスにおいて必要最低限とは何かを自分で判断しなければならない。 だが不安からくる恐怖が判断力を鈍らせる。 恐怖から逃げることはできない。 恐怖から逃げるのではなく、恐怖の原因を考え、そして恐怖をコントロールできるようにならなければならない。 恐怖はあって当然なのだ。 考えろ。考えろ。考えろ。 恐怖のコントロールすなわち装備の軽量化の為には冷静な分析力と大胆な判断力が必要である。 恐怖から逃げるのは臆病者だが、恐怖を無視するのはただの無謀である。 よぉーく考えよう。

・・と、タイベックシートをカットするだけで軽くこれぐらいは悩んでしまうが、答えはひとつ。
1.0mx2.3mにカットしました。 

カット後の重量は102g(なんとカット前の約48.3%。半分以下!)。 ボリュームも小さくなって、ジップロック中サイズ(18cmx22cm 7g)に余裕で入ります。 両方あわせて109g(もちろんカット前の半分以下)と116gの軽量化。

なんと無駄に最低限必要分の倍以上の重量を担いでいた事になるorz

「不必要なモノは持たない」とことばにすると簡単なことだが、実行するのは難しい。 あくまで「ウルトラライトウェイト風」の域を出ないがライトウェイトハイキングへの道はまさに修行の道のような気がする。 きっと見えている人にはシンプルなことなんだろう。 お恥ずかしい。


ジップロックになんか入れなくてもHex3のサックに押し込むかザックの外ポケットに直接入れればそれだけで7g軽くなるじゃないか!


ピース!!(・ ・)v

チタンマグカップ用コジー

サンシェード素材を利用してスノーピークチタンマグカップ450ml用の保温コジーを作ってみた。(今回も二重で。) 製作時間は10分程度。 出来上がり重量は11g。

保温力だが、いつもの熱湯テストによると写真に写っているスノーピークの雪峰よりもずいぶんといいが、写真左のサーモスには遠く及ばない程度。 実用度は十二分。 雪峰は熱湯を注ぐとカップ外側にもすぐにある程度の熱がつたわってきて、しばらくするとほどほどに暖かくなってきてしまう。 サーモスのジャストフィット缶クーラーだが、コイツはサーモスの誇る真空技術が駆使されており、驚くべき保温&保冷能力である。 熱いものをいれても冷たいものをいれても外側に熱が伝わってくる気配すら感じさせない。  もともと缶ジュースの保冷用だが、上部のゴムパーツを外せば熱い飲み物用にマグカップとしても使える。

保温能力テスト結果
雪峰 < チタンシングルマグ+コジー < サーモス缶クーラー

重量は
スノーピーク雪峰300  77g
スノーピークチタンマグ450(67g)+コジー(11g)  78g
サーモスジャストフィット缶クーラー(ステンレス二重構造)  153g

スノーピークチタンマグ450+コジーの組み合わせでチタンマグのハンドルを外すとさらに13g軽量化できてセット重量は65gとなる。 シングルマグの利点として直接火にかけて湯をわかすことができ、コジーとセットで使うことによってダブルマグ以上の保温力を発揮する。 コジーとセットでもノーマル状態より軽量だし、ダブルマグに比べると重量的には大きなアドバンテージ(同容量ならかなり軽量)。 冬場のアウトドアでの飲み物用に活躍してくれそうなセットになる。

ちなみに、コジー装着状態で氷を入れた冷たい飲み物をデスクで飲んでみたが、放置していても冷たさもすごく長持ちするし、結露でデスクがビチョビチョになることもなく優れた性能を発揮してくれた。 夏場も活躍できる。 ちょっと直径が大きいけど・・。


ピース!!(・ ・)v

グラナイトギア ベイパートレイル 送料 from CampSaver.com

グラナイトギア ベイパートレイルの送料がわかった。 他の小物も含めて$46.95だった。 CAMPSAVER.COMからメールで通知が来たので決済は済ませた。

他の小物も込みでトータル$245.35の買物金額が20%オフで$196.28。 割引き額は$49.07なので、送料と割引き額がほぼ同じ。 本国のプライスとおなじくらいで買物できたことになる。 通常1週間程度で届くので、クレジットカードさえあれば配送に時間がかかるだけで普通の通販と同じ感覚でできる。 インターネットに感謝。 普段から送料がもっと安ければいいのに。

今回のベイパートレイルの通販価格はアメリカからの送料込みで$154.95弱。 クレジットカードの決済が来るまでまで実際の為替レートはわからないが、今日のレートで概算してみると(約114.5円とすると)¥17,740円ぐらい。 日本の販売価格よりは25%くらい安く買えたことになる。 海外からの通販はうまく使うと非常に便利だ。

余裕があれば、予備のHex3も欲しいぐらいだけど・・。

ピース!!(・ ・)v

GOLITE HEX3

ゴーライト ヘックス3を装備としてハイキングに出る際に、ポールを持っていかないでストック2本で代用するとシェルターの装備重量は約900gとなる。

2本のストックをつなぐ方法は、写真のようなつなぎ方で強度的にも十分。 もしかしたら、Hex3を木などからつるして設営するかもしれない(おそらく無いが・・)場合にそなえて用意している細引きを使ってつないでいる。 あえて細引きでなくともベルクロテープを装備に追加できるなら細引きの代わりにベルクロテープを利用してもよい。 通常はストックの連結に使用する細引きが、もしもの時は吊り下げ設営用に使えるというのはなんとなく効率的な気がして気分がいいので私は細引き派である。  ストックの連結時に写真ではストラップ同士をアルミのカラビナで留めているが、これも細引きで代用できる。 ストックの先に必ずゴムキャップはHex3を立ち上げる時に頂部内側を保護するために必ずはめていないといけない。

シングルストックで出かけたければ、Hex3設営用にもう一本短くて超軽量なストックを装備に加える手もあるし、オリジナルのアルミポール(ゴムひもで連結してある)をバラして継ぎ足すのに必要な長さ分だけ持ってもよい。

ストックをつなげて設営すると、ポール分の軽量化が出来るだけでなく、オリジナルポールよりも色々とモノをぶら下げやすくなって便利だ。 内部の居住性向上にも一役買う。

ピース!!(・ ・)v

ライトマイファイア スポーク

LIGHT MY FIRE SPORK

現在バックパッキング用にメインに使用しているスプーンはスウェーデンのライトマイファイアー社製のスプーンとフォークとナイフが一体となったカトラリー。

素材は耐熱ポリカーボネートで熱にも強く、テフロンコーティングした鍋をゴシゴシしても大丈夫。食器洗い機対応。実測10g。全長17cm。

軽量で多機能なだけでなく実際に使った印象は、スプーン部のデザインが非常によく出来ており、軽量化されたチタンスプーン等にありがちな「なーんか平ぺったすぎない?」、「ちょっとまん丸すぎるよォ」、「頭の部分が小さすぎるでしょ」、「柄の部分とすくう部分の角度が変なんじゃない?」といった違和感がなく、とても使い心地がいい。 食べやすい。 無理に高級感を追求していないシンプルなデザインは肩の力がいい具合に抜けていて、心をなごませる雰囲気がある。 妙に納得できるイカしたデザイン。 コイツと割り箸が現在の装備。

パーマーク快速旅団で購入した。

ちなみにライトマイファイア社はこんなファイアスターターなんかを製造している。


ピース!!(・ ・)v
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。