箕面 コンチネンタルディバイド試走

大阪北摂箕面エリアは東海自然歩道西端基点周辺に自然歩道や自然研究路が数本交差していて気軽にハイキングが楽しめるルートがある。
箕面の白島~谷山尾根~勝尾寺の往復コースをモントレイルコンチネンタルディバイドのテストを兼ねてショートハイクしてみた。

コースは、
白島の住宅地から15分も上がるとこんな感じ

人通りの少ないコースで日曜でも午後ならめったに人と合わない。

片道3km少々(この道標は外院ルート用)

グリップ良好

勝負運にご利益があるという勝尾寺

勝尾寺前トレイルの道しるべ

帰り道、誰かに付け回されているような、見つめられている様な空気を感じて立ち止まって辺りを見回すと、上空も周囲もお猿さんの群れに囲まれていた。休憩時に食べたカーボショッツ・バナナ味の香りが自分のカラダ全体から出ていたのかもしれない。



写真を撮って猿さんたちとはさようなら。
その後順調にちょこちょこ走りながら、道も間違えながらハイキングを続けて往路50分復路40分程度でテスト完了。
結果として、モントレイル コンチネンタルディバイドは自分には調子のよい靴だった。



以下詳細、
モントレイル コンチネンタルディバイド(Montrail Cintinental Divide)だが、履いて試してみた結果、サイズは靴の前後長的には、余裕は殆どないが小さくもなくまさにジャストなサイズのようだ。自分の好み的にはもう1サイズアップの方がいいかもしれないが、フィットとしては恐らくジャストフィットといえる状態と思う。
履き心地は足全体を靴がむっちりと包み込むようなタイプの内装で、良く言うとフィット感がとても良い、悪く言うと足全体にプレッシャーを感じる系のちょっと窮屈な履き心地。でも悪い履き心地じゃないんでタイトな履き心地といって良いと思う。

ソールのグリップはかなり良く、スリップしにくくて安心して歩ける。柔らかいコンパウンドで吸い付くというよりも、ブロックで引っ掛けるのとスパイクで噛み込むのの中間的なグリップ感。しっかりした印象のソールは十分な厚みがあってクッション性も良い。膝がやられにくい感じ。

はじめてのトレランシューズであるし、「なるほどトレランシューズってゆうのはこういう乗り心地なんだな」って感じ。

実際、下りのトレイルなどを軽く走ってみると靴と足の一体感が高くて、着地でフラついたり、靴の中で足が泳いだりすることがないし、足が靴の中で前に寄ってしまって指先に極端に負荷がかかるようなこともなかった。
もちろんハイカットのトレッキングシューズよりも軽快に動ける。
かかとのホールドがシッカリしているので、ローカットだけど靴が脱げようとする感じも無く、足と靴の一体感、動作に対する安定感が高い。
むっちりと包み込むようなフィット感の意味がトレイルを走ってみてやっとわかった。緩めに留めていた靴紐もフィット感をサポートする程度にシッカリと締め直した。

歩きはじめは、履いたばかりの靴に対して足もかなり警戒&緊張していたが、しばらくして足がこの靴は大丈夫だと学習すると靴の事を殆ど意識せずに動けるようになった。積極的に靴のクッション感やグリップ感を楽しめるようになっってくると歩いている動作そのものが気持ち良く、歩いたり走ったり動くことそのものが楽しい。今まで履いていた靴がひどかっただけかもしれないが、自分にはこの靴は合っているようだ。

急ぎ調子で登っているので呼吸はジョギングしてる時よりもハァハァッとなってるが、途中ランニングハイならぬハイキングハイに入って無重力状態を味わえた。荷物が軽くて、靴の調子がいいとハイキングが軽快に出来る。近場のデイハイクも悪くない。少なくとも住宅地や公園のジョギングとは比べ物にならない。

トレランってゆうよりも、登りは完全に歩きで通常より少しだけ早めに登って、下りの調子の良さそうなところだけを走って楽しむ程度なので単なる徒歩での"ダウンヒル"。下りの勢いで次の登りを途中まで登ってみたり、下りのバンクをつかってスノボみたいにカーブ曲がってみたり、長くて安全な下りは大股でホップステップ式に飛びながらスピードを出してみたりとちょっと下りを走るだけでもかなりスリリングで楽しめた。

下りのみを軽く楽しい程度に走ってみると、普段のハイキングの時には、ストックと靴でしっかり制動して殺してしまう下りのパワーを、うまくコントロールしてその一部を前への推進力に変えて利用する感じがつかめてきた。装備が軽くて靴がしっかりしていると、コースの状態によっては思い切って少し走ってみた方が、無理にゆっくりと歩くよりも疲れも少なく、脚への負担も軽くなるように感じた。

ここ2ヶ月ほど続けている、スローなジョギングの効果が出てるのかもしてないが、ハイキングのテクニックの一部としてトレラン風の動きをもう少し研究してみたい。

ただスピードを上げるとそれに伴う様々なリスク(転倒、衝突、捻挫、滑落、etc)は恐らく速度の2乗に比例して高まるので十分注意の上で試したい。

ピース!!(・ ・)v

スポンサーサイト

montrail CONTINENTAL DIVIDE モントレイル コンチネンタルディバイド


runningwarehouseからUPSにてモントレイルのコンチネンタルディバイド到着。
日本時間の25日未明にオーダーして、商品到着が27日午前。米国カリフォルニアから丸3日で手元に届いている。便利な世の中になったもんだ。UPSすごい。
商品&サイズとも間違いなく送られてきた。runningwarehouseも正確なお仕事ぶり。

履いた感じはgood!ただもう少しサイズ的に余裕あるかと思っていた。US11、パタゴニアのライトウェイトソックスでちょうど良いフィット感。分厚いソックスはちょっと無理。ランナーじゃないのでハードに走ることなどない。ハイキング使用メインだからもう少し余裕あっても良かったのに・・。仕方ないからちょっと走ってみるかぁッ!?!?
ってマジで雨のときとか、シールスキンズ履きたいので試しに履いてみるとピタピタすぎて血がとまる・・。 んんん・・・。
で、靴の中敷を取り外して履いてみてばこれでちょうどジャストフィット!雨のときはまず中敷をとってからシールスキンズを履けばOK。(シールスキンズ使いには当たり前の手法なのかもしれないが・・)。まさに苦肉の策だが、この手法でたいていの靴でシールスキンズを利用できそうだ。雨を恐れるあまり、シールスキンズ用に普段ユルユルってのもなんか違うし。

ピース!!(・ ・)v

モンベルモノフレームシェルターダイヤ計量

フライ400g、ポール160gと重量をリサーチしていたモンベルモノフレームシェルターダイヤを入手した。


とりあえず計量。

フライのみ 411g

まるめると結構コンパクトになる。

ポールセット 169g

ポールセット w/スタッフサック 178g

ポールホルダー(テント本体より取り外し式) 24g

テント本体(ポールホルダー除く) 521g

ペグx10・ガイラインx2・スタッフサック 155g

ペグx10 127g

ガイラインx2 22g

スタッフサック(全体用) 19g

フライ・ポールセット・ポールホルダー・スタッフサック 632g


付属のペグとガイラインは重い。軽いモノに交換しないといけない。
テント本体は使わずにフライとポールのみで、簡易タープ型シェルターとして使用予定。上記632g+ペグ&細引きの重量がシェルター重量になる。

部屋で広げてみた感じではフライの裾が床から10cmくらい空いていていい感じ。スリーピングバッグカバーと併用すると少々の雨でも大丈夫そう。フライだけで張ると内側にテント本体がない分シェルター内は広いが、その状態でも分厚いスリーピングバッグだと足と頭はフライ内側に接触しそう。やっぱりスリーピングバッグカバー必要。真ん中は取り合えず座って着替えくらいは出来そう。狭いがミニマムで良い。

詳細レポートは追ってッ!

-追記-
ポール中央部品


ピース!!(・ ・)v





A sense of Connection

Ray Jardine著「The RayWay TARP BOOK 」の「Tarp Advantages」って章の「A sense of Connection」という項目。

「タープをシェルターとすることによって、テントよりも広い居住空間を確保しながら重量を軽くすることができる。ポールやジッパーの破損といったリスクを取り除くことができる。ベンチレーションが非常に良好なので、長期間でもドライで暖かく快適に過ごすことができる。最も素敵なことは、周囲の自然とより深いコネクションが得れることである。

テントは安全性について間違った感覚をもたらす。うすい壁の中で、外の状況に不注意になり、外の状況に対する感覚を鈍らせてしまう。しかしテントの壁は本当の脅威に対してはなんのバリアにもならない。安全は薄いナイロンの壁によってもたらされるのではなく、周りの音や状況に用心し、必要ならば適切に行動することによってもたらされる。
タープの下では、(テントの中と比べて)さらに自然と調和することができる。
夜の時間は昼間と同じくらいに不思議な驚きにあふれていているのに、どうしてテントの中に閉じこもって、普段の家の中での生活のように、星の輝く夜空にも気付かずに過ごそうとするの?

タープの下で過ごすと自然との親密さを経験する。地面の上の快適なベッドに横たわり、自然がかすかに醸し出すさまざまな音色を聞きながら、顔の前を流れる新鮮な空気を感じ、大地と緑の濃厚なアロマを味わう。グラウンドシートの向こう側に手を伸ばし、松の葉や森のやわらかい草に指を這わせることもできる。
タープの最も素敵な一面はこういった自然との親密なコネクションだ。」

英語力がいいかげんなので適当だが、だいたいこんな事が書いてあると思う。
Rayさんのようにリアルな自然とのconnectionを得る方法を自分なりに追求していきたい。


ピース!!(・ ・)v

runningwarehouse その2


Oct25 09:25 runningwarehouseから商品出荷完了のメール着
Oct25 23:44 UPSのトラッキングが出来なかったのでトラッキングナンバーの確認依頼メール送信
Oct26 00:18 ナンバー違いのお詫びと正しいナンバーの通知のメール着

とメールのレスポンス早いし、昨日のオーダーは現地時間の昨日中に既に出荷されていた模様。
デリバリーポジションをチェックするとアラスカ・アンカレッジ空港で大阪行きの便にトランジットしたみたい。
-----
Package Progress Location Date Local Time Description
OSAKA,JP 10/25/2007 11:46 P.M. IN TRANSIT TO
ANCHORAGE,AK, US 10/25/2007 6:45 A.M. ARRIVAL SCAN
ONTARIO,CA, US 10/25/2007 2:16 A.M. DEPARTURE SCAN 10/25/2007 12:36 A.M. ARRIVAL SCAN
SANTA MARIA,CA, US 10/24/2007 9:00 P.M. DEPARTURE SCAN 10/24/2007 8:15 P.M. ARRIVAL SCAN
SAN LUIS OBISPO,CA, US 10/24/2007 7:30 P.M. DEPARTURE SCAN 10/24/2007 5:59 P.M. ORIGIN SCAN
US 10/24/2007 7:30 P.M. BILLING INFORMATION RECEIVED
-----
あとはサイズや品番の間違いなくパッキングされていれば問題なし。

runningwearhouseというショップ、はじめての利用だが、ショッピングカートのシステムもよく出来ている。
プルダウンメニューから国名をセレクトすると、UPSとEXPRESSMAILの2種類の送料を提示され、好みの方を指定するだけで、送料を問い合わせる必要もなくすんなりと買い物が出来る。
PAYPALのアカウントさえ持っていれば非常にイージー。PAYPALアカウント無い場合は確認していないのでわからないが少々面倒くさそう。PAYPALアカウントを新たに作る方が安心で早いと思う。
今回初回なのでパフォーマンスチェックを兼ねてに送料の問い合わせメールをしてみたが、次回からは必要なさそうだ。

国内で入手できないモノやバーゲン品を買うにはいいショップだろう。但し品揃えはランニングシューズが中心。メーリングリストに登録しておいたのでお買い得情報は随時チェックできると思う。

(UPSのロゴデザインはよくできてるなぁ。)


ピース!!(・ ・)v

runningwarehouse

モントレイルのコンチネンタルディバイドrunningwarehouseというショップにオーダー。

runningwarehouseは西海岸にあるランニングギア中心の品揃え店のようだ。結構豊富な品揃えで価格も割安みたい。コンチネンタルディバイドも$104.95のお店が多かったが、ここは$75.95。

Order Statusは「Ready - This order is ready to be shipped.」との事なので、サイトのカスタマーサービスの表示と確認メールが本当なら即発送のはずだ。UPSでの発送なので発送完了後5-7日で届く予定との事。カスタマーサービスではオーダーの配送状況の確認も一応出来る。

このショップの情報もあまりないし、試してみないとわからない。送料etcの問い合わせを24日午後にメールした所、24日23:56に返事が来た。現地時間だとかなり早朝だと思う。メールに返事が来るということはとりあえずサイトは生きてるし、人はいる。しかも問い合わせのレスが早かったので勝手に信頼できる通販店と認定してオーダーしてみた。

規約によるとはじめて利用の国外の顧客は、免許証のコピー・クレジットカードのコピーetcが必要云々とあったが、PAYPALなら最も信頼できる支払い方法なので面倒なことは全て不要となっていたのでPAYPALにて支払った。堅い細かい事をいっぱい言う相手はキライじゃない。

価格はMontrail Contin Divide Mens Gry/Gd 11.0 $75.95
送料はUPSで$39.00 (ExpressMailだと$51.00)
トータル$114.95

PAYPALからのメールで円ドル交換レートは117.35、24日の為替レートは114.06。PAYPALボリ過ぎ。

あとは商品が間違いなく届けばOK。

ピース!!(・ ・)v

モントレイル コンチネンタルディバイド


MONTRAIL CONTINENTAL DIVIDEMONTRAIL CONTINENTAL DIVIDE

自ら走り込んでるスカイハイマウンテンワークスのタクさんの超PUSHなんでハイキング用に欲しかったが、
SIZE11売り切れ中。
次のデリバリーは2008年3月とか・・。

ソールのグリップ感、通気性、かかとのホールド感etc、ヤバイくらいにいいらしい。

すごく売れてるみたいで、国内どこ探しても見つからない。
色にはこだわらないが・・。

<追記>ここで見ると在庫持ってるところありそう。とりあえず送料etc問い合わせしてみよう。


ピース!!(・ ・)v

芦屋ロックガーデン 20071021

芦屋ロックガーデンの地獄谷~小便滝~風吹岩コースを軽くデイハイクしてみようと出かけてみた。

左手に身ながら通り過ぎるべき、ゲートロックをなぜか勘違いして登ってしまった。
(上からのぞいているのはクライマーのおじさま[てっぺん中央の小さい点]。クライミング素人の自分には壁に見えたッ)

ゲートロックの上から。 怖ッ! 降りれない岩を登ってはいけない。

モデルは先ほど上からのぞいていたクライマーのおじさま。リュックは自分の。

その後、急坂を谷へ下りるも、沢沿いの道を発見できず。 滝しかないョ。

結局自分勝手な解釈で沢向こうの急登へ突っ込んでしまい登り急斜面でプチ遭難状態。沢まで引き返したい所だったが、ヤブヤブの急斜面で下りミスると落ちる。登ることも降りることもできなくなり四つん這いで泣いた。GPSで見ると尾根まで登ると登山道がある、ハズ・・。ケモノ道すら無い急斜面をもろくて崩れる花崗岩(たぶん)と木の根をつかみながら必死にあがってなんとか復活。

(あぁ~怖かッた。脚も腕もキズだらけ。写真撮る余裕全くなし。 降りれない急斜面を登ってはいけない。)

その後は順調にハイキングできた。

くだりの分岐点、蛙岩

ちょっとトレラン気分で! (セルフタイマーにて撮影。ピントがX 要練習)

休憩。ソックス脱いで素足を乾燥中。足スッキリ!

今日特に役立ったモノ、GPS脱落防止用ミニカラビナ。2回ぶら下がっていた。

今日のお気に入り

出発前にスカイハイマウンテンワークスSky High Mountain Worksにて購入。行動食&昼食代わりに食べてしまったので、帰りにストック用に再購入。こいつらかなり使える。腹さえ減っていればどれもウマい。
軽い昼食ならココナッツのパワーバーとコーヒーがあればOK!(本日は水のみ)



もっとユルーいハイキングでいいので、野営がしたい。
ちゃんと計画しないと・・

ピース!!(・ ・)v

パタゴニアアウトレット江坂 20071015


パタゴニアアウトレット江坂にて
終わったシーズンの商品を売っている。10月は春夏モノが充実しているらしい。プロパー店頭のバーゲン売れ残りが来るのだろう。


トレラン用?


裏返し。6ポケット全て内側の半分くらいはメッシュ。通気性良い。

画像つぶれているが、左右後ポケットの下半分はエナジーバーが縦に入る様にステッチで仕切られている。

183g



冬用ジャージandインナー


245g

イマ型の素材はリサイクルポリエステルに変更されているそうだ。

ピース!!(・ ・)v
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。