シベリア、ストルビでのフリーソロ - patagoniavideo

スポンサーサイト

Tarptent


About Tarptent
the original Tarptent plans
開発の経緯を見ると、ロングトレイルで試行錯誤の末に鍛え上げられたデザインなんだなとよくわかる。 respect!

ピース!!(・ ・)v

-----
About Tarptent
Tarptents are ultralight, mobile shelters that shed everything from flying bugs to summer snow. Elegant and airy, Tarptents set up virtually anywhere. Designed by and for the outdoor enthusiast, Tarptents keep you dry and sane no matter the elements. Made in the U.S.A and constructed of the lightest and highest quality materials available, Tarptents let you focus on the joy of the journey, not on the pain of getting there.


Santa Cruz Mountains, CA

The first Tarptent was born in the spring of 1999. Then an 18-ounce solo shelter, now a battle-tested warrior, it's still going strong after 3,000 miles on the trail.

Since then, Tarptents have successfully traversed all 3 ultra-long distance U.S. trails: The Pacific Crest, Appalachian, and Continental Divide. Simple and efficient, the original Tarptent remains a classic. For you do-it-yourselfers, we're proud to offer the original Tarptent plans for free.

Fast forward to 2002: the Next Generation. The road to improvement is spanned by an arch -- nature's perfect design element. Maximizing space, strength, and aesthetics, the arch is built into every next generation Tarptent. These tents offer improved space, easier setup, better wind and weather resistance, and require fewer stakes than original Tarptents with no weight penalty.



New patent-pending Tarptents are also catenary cut so they shed wind and rain with aplomb. Each Tarptent features a zippered entry, full bathtub floor, and beaks.

Tarptent: because a shelter is a terrible thing to lug.

What's next? You tell us. We listen.

-----
Henry's Original Tarptent & Tarptent-for-2

--------------------------------------------------------------------------------

The following document has appeared in print since 1999 and details plans for making your own tarptent. While neither as easy to set up, nor as storm and wind resistant as the next generation Tarptents, these tents are excellent do-it-yourself projects for even the first-time sewer. We will be happy to offer tips and suggestions should you decide to make one.

--------------------------------------------------------------------------------

The Tarptent sleeps 1+ (me, gear, +) and weighs 18 ounces complete with poles, stakes, tie lines etc. The Tarptent-for-2 sleeps 2 (or huge for one), weighs 24 ounces complete including generous beak, and has some additional room for gear. Both tents are floor-less, completely screened with zipper opening door and made from 1.1 oz silicone-coated nylon. Here's everything you need to know to make your own.





More Tarptent-for-2 Photos More Tarptent Photos



Introduction

Shelter Comparison

All in the Fabric

Anatomy of a Design

Materials

The Plans

Some Assembly Required

Out, Damned Mosquitoes

Options (Why? Because we got 'em)

Finishing Touches

But Do I Really Want to Make One...

Five Months on the PCT

ULA-EQUIPMENT Helix Potty Trowel

ULA-EQUIPMENT Helix Potty Trowel 66cm
ピッケル風ウンチの穴掘り用スコップ!?

・フルカーボンシャフト
・ハードアノダイズドアルミ製 Head & End Spike
・重量 ジャスト150g(実測値)

穴掘りスコップとして超実用的、硬めの土壌でもツルハシ効果で掘り易い。不安定な場所でのウンチング時の体の支えとしてもgood。緊急時にはピッケルとして使用も可能(か?丸腰よりはいいだろう)。手にした感触ではなかなかの強度に仕上がっているが、強度の限界は不明。とにかく軽いッ!

Helix Potty Trowel
55 cm- 4.5 oz-$130 (in-stock)
66 cm- 5.0 oz-$140 (in-stock)
74 cm- 5.4 oz-$150 (in-stock)

The Helix Potty Trowel will re-define your expectations for cat-hole efficiency. Whether calmly searching for that ideal spot, or in an emergency 'intestinal situation', the Helix Potty Trowel will not let you down when your pants need to be.

A full carbon fiber shaft and hard anodized aluminum pick and adze ensure a positive dig in a variety of soil types. Pine duff? No problem! Desert Asphalt? Bring it on!

The 6"-8" cat-hole depth recommended by Leave No Trace is easily achieved with this aggressive backcountry tool.

Standard Features:
Full Carbon Fiber Shaft
Hard Anodized Aluminum
Head & End Spike
Aggressive Pick and Adze
Comfortable "In-Hand" Contour
Wrist Leash Compatible for 'technical' cat-hole excavation
WARNING!!!

No international testing standards exist for Potty Trowel Certification.
Use at your own risk!

ピース!!(・ ・)v

トレランセッション 20080323


Sky High Mountain Works trail running session on 20080323
so hard!! so cool!!

今回も岩壁直登系のコースで一気に高度を稼ぎ、下りのトレイルでランを楽しむというハイキングコースとしてもムチャおもろいルートで楽しませてもらった。日頃からこの山系を走り回っている師匠ならではの巧みなコース選択だ。

フリースタイルハイキングの楽しみ方の1つとしてトライしているトレラン、体力はもちろん必要だが、下りの技術の奥の深さには毎回驚かされる。

ここ1ヵ月くらいの多忙&超不規則生活で全くトレーニング出来てなかったツケが出まくり。脚も心配機能も下げ下げ。吐き気までした。これからのヤバいハイキングプランに向けて鍛え直さないとッ!

ピース!!(・ ・)v

Wearing clothing while sleeping 就寝時のウェアリング

Ray Jardine著「Beyond Backpacking」の「Equipment - Quilt and Sleeping Bag」って章の「Wearing clothing while sleeping」という項目。

「多めのインサレーション(断熱材)を好む人もいるが、肉体的な違いによるものである。静止時は代謝が低くなり、熱生産が少なくなる。さらに夜の低い気温に対して感情的にも耐性が低くなる。どちらにしても彼らはスリーピングギアにさらなるインサレーションを必要とする。しかし、分厚いキルトやスリーピングバッグが必ずしも必要とは限らない。たいていの場合、夜間には多めに衣類を着込むことによって解決できる。実際、誰にでも当てはまるだろう。スリーピングギアのパフォーマンスをあげるには多めに衣類を着込むことである。

夜間用に衣類を着込むアイデアは新しいモノではない。Robert Pearyが仲間と北極を冒険旅行したとき、彼らはスリーピングバッグを持っていかなかった。私たちの多くが遭遇したこともないような厳しい環境の中で、彼らは衣類のみで眠った。分厚い毛皮のパーカを着込み、出来合いのスリーピングバッグの様にする為に夜間は両腕をパーカの中に引っ込めて・・。

われわれのハイキング用の衣類は通常それだけで眠れるほど暖かくはない。しかしキルトやバッグの断熱性を高めるために夜間にウェアを着込むことは出来る。このレッスンはインサレーションの厚みが必要なときにバックパックの重量と嵩を減らすのに非常に効果的である。

メーカーは寒冷地で暖かさを得る為にスリーピングバッグには裸体での発熱が必要であると主張する。つまり衣類をつけていないか、衣類をつけていないに近い状態のハイカーの発熱によってスリーピングバッグは最高の暖かさを提供するのだと。これは意味がない。素肌で眠る必要があると言うことによって、重い(すなわち高価な)スリーピングバッグを売り付けようとしている。不必要に分厚いスリーピングバッグはとても高価で、持ち運びに重く、バックパックの貴重なスペースを奪う。実際、スリーピングバッグやキルトの中で衣類を着込むと暖かさは減りはせず、バッグやキルトの中は暖かくなる。

私にとって過度に大きく、嵩張って重いバッグを一日中担いで、夜に完全に十分なインサレーションとなる衣類を横に並べて眠ることには意味がない。私の軽いパックウェイト探求の旅の中では反対のアプローチが大きな意義を発揮する;つまり薄くて軽いキルトやバッグを担いで凍てつく夜には衣類を着込む。このアプローチは夜の最低限の快適さを妥協することなくお金を節約し、パックの重量と嵩を減らす。そして、寒い朝に目覚めた時にはすでに暖かい衣服を着ているという喜ばしい特典がある。

夜就寝中にハイキングウェアを着る計画ならば、日中に十分衣類を乾燥させている必要がある。ハイキング中に汗で濡らしてしまわないように気をつけなければならない。その為には、衣類のレイヤリングを考えて、汗をかく前に脱いでいく。レイヤリングと動的なウェアリングの方法は汗をかかないようにするのではなく---ハードワークしている体は気温にかかわらず自然と発汗する---汗をうまく蒸発させて汗を少なくする。そして夕方遅くや夜などの涼しい時間にハイクすると発汗は減り衣類を着重ねていくので、キャンプに着く頃には自然と夜にふさわしいウェアリングになっている。

ハイキングにもスリーピングにも清潔な衣類が最も快適である。衣類が汚れていると、繊維にたまった体の油分や埃が繊維のロフトを減らして暖かくなくなる。こういう理由で、衣類をマメに(蒸し暑い季節はもっとマメに)洗濯することは重要である。衣類をきれいにすると暖かさも長持ちョ。

衣類が泥まみれでキルトやバッグの内側に泥をつけたくない場合どうするか?泥まみれのハイキングの時、私はいつもシェルパンツを履く、汗ダクにならないようにシェルパンツの下のレイヤリングに気をつけて。キャンプ地でシェルパンツが汗で濡れていたり泥まみれの時はタープの下に吊るして他の衣類を着る。シェルパンツは濡れていても乾いていても、きれいでも泥まみれでも、全く同様に機能する。そして乾くのが早く洗濯も簡単なので、泥で汚れてもすぐに洗える。

事実、シェルパンツは雨がやむとすぐに乾く、たいていキャンプに着くと乾いている。乾いたシェルパンツは、追加のインサレーションとなる空気を取り込むので、夜間にキルトやバッグの中で驚くほど暖かさを追加する。

キルトやバッグの中でソックスを履くならば、きれいなソックスに履き替える方がよい。湿ったソックスを履いて乾かそうと考えるかもしれないが、経験上うまくいかない。その代わりにどうなるかというと、足を凍えさせる。湿ったソックスはクロスラインに干すかシャツの中のおなかの当たりの方がよく乾く。」

<和訳超適当御免、だいたいこんな事が書いてあると思う>
レイさん(←いつ見てもシビレる)の方法論や考え方、自分には学ぶべき点が多すぎる。もっと身軽に気軽に宿泊ハイキングする方法を自分も探求していきたい。

ピース!!(・ ・)v

BIG AGNES

Layering with Over Bags「異なる条件のモノをレイヤリングするのはアウトドアエンスージアストの間では目新しいことではない。例えば、素肌に1枚の衣類を纏い、さらに理想的な温度と湿度を得る為に重ね着をするように・・。スリーピングバッグも大して変わらない、同じ様に考えて欲しい。」とか、「レイヤリングの利点は暖かさを追加し、多様的で、湿気の抜けが良く、快適、・・・」とか(和訳テキトー、多分こんな感じ・・)、って書いた説明文がついてた。

CampSaver.comで、
Lost Dog 50° Sleeping Bag Long Left $106.20 化繊オーバーバッグ

Air Core Pillow Lost Dogのオマケ $0.00 空気枕

Mountain Booties L $39.95 化繊ブーティ
ピース!!(・ ・)v

岡山県王子が岳ボルダリング 20080309

Sky High Mountain Works Bouldering School Vol.3にてボルダリングレッスンを受講。駐車場での前泊から参加。

赤い物体の向こう(グリーンのスリーピングバッグカバー)が当夜の寝床
0200過ぎに就寝→0615時点。カバー内もスリーピングバッグ表面もひどい結露。この素材、通気ちゃんとしてるのかしら?こんなもん?
朝、地元の人に餌付けされてるみたいで・・

erokachou
sunrise
kaji+s
課題となる岩から岩の移動も高度感のあるよい景色
師匠on the top of ニコニコ岩

ニコニコ岩の横顔
課題&制覇者

目茶ウマ広島焼き「荒勢」

スリーピングシステム
シェルター:なし
スリーピングバッグ:westernmountaineering summerlite
スリーピングバッグカバー:モンベル ブリーズドライテックスリーピングバッグカバーワイド&ロング
マット:サーマレスト リッジレスト 90cm version x 2
グラウンドシート:MPIオールウェザーブランケット
アウターウェア:FeatheredFriends Helios Jkt + PNT + BOOTY、patagoniaマイクロパフミット
インナーウェア:patagonia R1フーディ+R1パンツ、フーディニ、ウール3ロングスリーブジップネック

翌朝は周辺のテント、バックパック、スリーピングバッグ等ほとんどのモノの表面の湿気が凍りついていたが、朝まで暖かく(暑いくらいで時々喚起したり腕を出したり・・)過ごせた。
スリーピングカバーをはじめて使用したが、透湿素材なのに結露だらけでビックリ。
真夜中の食事(宴会?)時も上記インナー&アウターウェアフル着用で超快適だった。他の方々は防寒着衣+寝袋に全身or半身入った状態でも寒そうだったので、体の中心部のみならず頭・手・足部の保温の重要性を感じた。(単なるオーバーウェアリングだったかもしれないが・・)

ピース!!(・ ・)v

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。