sale info.


CampSaver.com


BACKCOUNTRYGEAR.com


backcountry.com

サマーシーズン直前のセール中。
限定アイテムで値引き率もバラバラだが、サマーシーズン直後の全体的なセールよりも割り引き率の高い商品もチラホラ。
いろいろと気になるモノがあってヤバイ。

ピース!!(・ ・)v
スポンサーサイト

Patagonia Kobe Meeting パタゴニア神戸ミーティング 20080621

パタゴニア神戸店にて、「Mountain Style ~六甲山の遊び方 vol.2~」
浅野晴良さん(昭文社山と高原地図「六甲・摩耶」調査執筆)
北野拓也さん(アウトドアショップSky High Mountain Worksオーナー)
Dr. Bluesさん(ブルースとメンフィスを愛する外科医師)
の3氏によるスピーカーショーが前回の2007年11月に引き続いて開催された。
自然を愛する3人の男たちのメッセージはスーパーCOOLだった。

浅野晴良さんの「地図とコンパスのお話」も、
タクさんの「Mix Style Hiking for summer days 沢歩きのコツとおすすめエリアの紹介」もとても面白く興味深いものだったが、
Dr.Bluceさんの「Wilderness Medicine」での湿潤療法の解説により自分のハイキング用First Aid Kit(ファーストエイドキット)の内容に一部見直しが生じたので記録しておく。

F.A.K.改善点
・バンドエイド→キズパワーパッド
・消毒薬:不要
・白色ワセリン(保湿剤・機械用潤滑剤としても使用できる):要
・清潔な布、水の確保

-----
以下はメモ

①傷を治すポイント
1.よく洗って異物を残さない
 水道水(なければそれに近い水分)で洗浄
 止血は? 出血部位を心臓より高い位置に挙げ、適度に圧迫
2.消毒不要
 消毒薬はたんぱく質(細菌も再生に必要な細胞も両方)を破壊する。
3.乾燥させない
 培養液に浸かった状態が最良、傷が湿潤状況を保てるような処置を。
 例)Johnson&Johnson BAND-AID クイックヘルプ・キズパワーバンド
   Waterblock Nichiban ケアリーブ/バイオパッド・血を固めるタイプ
   ポリウレタンフィルム ポリウレタンフォーム
   サランラップ、穴あきポリ袋(三角コーナー用水切り袋)+ナプキンの応用
   白色ワセリンを塗ってフィルムやテープで保護

*下記の傷はすぐ病院へ!
 狭くて深い傷(刺し傷や動物による噛み傷) 密封しないで!
 皮下脂肪が見えるぐらいの深い傷や、なかなか血が止まらない傷
 泥などの異物が落とせない傷
 水ぶくれが出来ているやけど、痛みのないやけど

参考:新しい創傷治療 夏井 睦先生 http://www.wound-treatment.jp

②骨折・脱臼・打撲・捻挫
1.症状を確認 痛み・腫れ・変形・機能障害・軋轢音
2.自分で変形をもとに戻さない 開放性骨折はまず傷の処置と止血を!
3.基本的処置はRICE
 R ・・ Rest 固定と安静
 I ・・ Ice 冷却
 C ・・ Compression 適度な圧迫
 E ・・ Elevation 挙上


ピース!!(・ ・)v

PLATYPUS BIG ZIP II

PLATYPUS BIG ZIP Ⅱ久しぶりに使ってみようと思ったら、吸い口がブカブカのスポスポになっててしっかりはまらない。
分解して乾燥させている間にアウターが伸びて接続部の径が大きくなったみたい。
タイラップで縛りつけたから使えるけど・・、不満。 一年も使ってないのに・・。 クッソー
タクさん使用中Hydrapakハイドラパックの方が経年変化的にも調子良さそう。 

ピース!!(・ ・)v

OLYMPUSオリンパス μ795SW

OLYMPUSオリンパス μ795SW
(Canon PowerShot A640で撮影)

重量173g。 2007年12月に購入。 もうとっくに新型が出ている。
半年くらい使って最近やっとなじんできた。ハイキングのバックパックのポケットや普段使いのバッグ、洋服のポケットに保護ケースなしで放り込んで使っているので、ボディーはキズだらけでガッリガリ。
一応防水、耐衝撃なのでハイキングでもいろいろと安心。 ハイキング時の持ち運びに防水対策を気にしなくていいし、雨の時や手が濡れている時も気兼ねなく使えてストレスがない。 自分的には安心と気軽さはこのカメラの何よりの性能。 ケース無しで携帯しているので、気が向けば即座にとりだして使える。 画質はまぁまぁかもかなり良いみたい。 欲を言えば、もっと明るいレンズが欲しいし、もっと広角も望遠も手ぶれ補正も欲しいが、軽量コンパクトで防水・耐衝撃とハイキング用には概ね満足。

以前のカメラよりも重量も体積も半分になった感じ。 ハイキング時の持ち運びは飛躍的に楽になった。
Canon PowerShot A640(こちらも旧型) 重量350g
(OLYMPUS μ795SWで撮影)
(CASIO EXILIM EX-Z1000<借り物>で撮影)

A640、特に軽い訳でも小さい訳でもなく非常に中途半端なコンパクトデジカメだが、結構気に入っていて仕事用に使っている。

高級機も欲しいけど手が出ない。

ピース!!(・ ・)v

PETZL TACTIKKA XP ペツル タクティカ XP 用ケース

PETZL TACTIKKA XP ペツル タクティカ XP2週続けて帰宅後のパック内でライトがONになっていたので、電源スイッチの誤動作防止用。 グラナイトギアエアスペースXSのケースに無理やり入れてみた。 幅がタイトだが何とか入ってフタも出来る。 ケース本体19g、フタ11g。 フタなしでも少し重い。

rwalkerさんに450mlPETスリムボトルの輪切りが良いと教えて頂いた。 普通の500mlPETボトルしかなかったので、それで試してみた。 5g+ゴム。 軽くてよい。 スイッチの誤動作防止だけならこんな感じで十分。 

ピース!!(・ ・)v

六甲全山縦走路ESCAPE 20080607

スタート直後からエスケープした六甲ガーデンテラスまでの事しかわからないが、
住宅地やら、舗装路、人工物がやたらと多い。歩道もない車道のフチを通らされる部分もある。
いい感じのトレイルはあるが、そうでないルートも多く少し進むと舗装路や送電線の支柱等の自然の為じゃない人工物がヤケに目につくし、道路と交わってる所が多いのでクルマの音もよく耳に入り、排気ガスの臭いをかぎながらでないと歩けないコースもある。
都市に隣接した山系の縦走路に、勘違いして出かけた自分が悪いのだが、自然に深く入って歩いている気分は味わえないコース。
縦走路の標識も全体的にわかりにくく何度か間違えた。

普段、舗装路でトレーニングしているマラソン系の人が自然を感じながらの長距離トレーニングをするにはいいコースだと思うが、自然の中に入っていきたいハイカーにはモノ足りないかも。

趣のある天狗道を登り切ると、摩耶山頂には巨大なNHKのアンテナがある。そこから六甲山頂までは殆どが舗装路というかりっぱな道路。そして縦走路の途中に六甲ガーデンテラスというデートスポット風の商業施設まであってレストランやらカフェ(茶屋じゃない)、おしゃれっぽい雑貨屋さんまでいろいろある。
このガーデンテラスのバス停で地図を出してコース確認してると、山頂周辺が濃くガスってきた。このガスは結構長引くパターン。
膝周辺と膝下に疲れも出てたし、ノリノリ気分でハイキングできないのでGPSの電源落としてエスケープ。
ここで六甲全山縦走(56km)から敗退。歩行距離38.6km、9時間30分。やけにレトロッぽいデザインのバスとケーブルカーで下山。六甲山頂から宝塚までの終盤のトレイルは下り基調で雰囲気も良さそう。またお天気のイイ日に景色見ながら楽しみたい。

-----

20080608現在。今までの感じだと、翌日に膝に痛みが残ってもいいハズだが、今回膝は全く何ともない。たまのハイキングで強化されているのか、アミノバイタルプロ(ハイキング中に3つ飲んだ)が効いているのか、MONTRAIL STREAKのクッションが良かったのか、ストレッチがうまくなったのか、はたまたダブルストックがうまく使えていたのか、・・・。

スネとふくらはぎは筋肉痛に激ヤラれ。トレーニング不足。たんぱく質ガッツリ摂って補修中。
つま先でバランス取り疲れた時の筋肉痛に似てる。自分にはストリークのソールが少し柔らかすぎるのかもしれない。

帰宅後PETZLタクティカのライトが点きっぱなしになっていた。なにかの拍子に点灯スイッチがONになってしまっていたらしい。そういえば先週もついていた。スイッチに他のモノが触れないようにケースに入れた方が良いのかな?なんらかの対策が必要。

ピース!!(・ ・)v

easton aluminum stake イーストンアルミステーク

easton aluminum stake イーストンアルミステークTarptent Contrailに付属していたイーストン製のペグ。 カラーリングもきれいだし、見た目もかっこいい。 美しい仕上がり。
見た目の硬質感とボリューム感から想像するよりも手に取った時の重量感は明らかに軽い。重量9.75g。
先日も、石混じりの粘土質土壌だったので、ペグが土中の石に突き当たって素手では挿入できなくなった。面倒なので、手近にあった岩でエイヤッと叩き込むと、イーストンは土中で障害物の石を弾き飛ばし、当初の進入角度を変えながらも見事に突っ込んでいった。今までの経験では完全にペグ曲がっちゃったかな的な感触で方向を変えながら奥まで入っていったので心配していたが、翌朝撤収時にペグを抜いてみるとまるで平気。傷付きながらも立派にがんばっていた。かなりの強度。上品な外見の割りに戦闘能力はかなり高い。
なかなか頼りになるペグ、気に入った。

ピース!!(・ ・)v

VARGO Titanium Spork

VARGO Titanium Spork ヴァーゴ チタニウムスポーク

スポーク系って何を使っても使いにくいけど、コイツもしっかりその一味。けれども、ラーメン、パスタ、フリーズドライのごはん、インスタントコーヒーのかき混ぜって用途を一つでこなすにはスポークが役に立つ。山などでは、この使いにくくってイマイチ不便な感じのスポーク一発で全てをこなすこと自体に楽しさを感じたりもする不思議な道具。柄は短すぎると使い難い。
VARGOのコイツは軽量化の為に素材が極端に薄く、ペナペナになる一歩手前って感じの手触り。実用強度を失う寸前、寸止めのデザインが緊張感を醸し出している。リブが柄全体にはいってるので何とか強度を支えてるんだろう。柄は長くて良いが、収納性が悪いので2cmくらいカットしたいけど強度的に不安で出来ない。緊張感ある割りに軽くて薄くて安っぽい感触が結構気に入っている。

重量 9g

ピース!!(・ ・)v

明神平 20080531

芦生に行きそこねてイッチーと明神平ハイキング。天気予報では0531雨&0601晴れ&0602下り坂ってことで0531午後からは雨上がる(上がって)って希望的観測でピンポイントの晴れを狙って出発。

予想通り午後2時から雨は上がったがすごいガス明神平ではシカがお出迎え設営完了。また降り出したので雨具着用。夜のキッチン夕食はチャルメラとんこつ、エスプレッソパスタ、尾西ごはん&フリーズドライ卵丼、芋焼酎、コーヒー。朝0430。 まだガスの中。晴れた。 朝のキッチン。 朝食はカップヌードルカレー、カマンベールチーズ、オールレーズン、コーヒー。太陽ガン照りになったので、オールスタッフ虫干ししながらユックリとパッキング。昨日登ってきた時とは大違いのスカッとした眺めきれいな流れの画像 photo by Icchi-


日暮れから朝までの間、時折ガスが晴れてきれいな星空を眺めることが出来たが、殆どの時間濃いガスに包まれたままほぼ無風、時折雨が降った。気温は夜半で10℃を少し下回る程度。湿度が異常に高い。すべてが湿気って気温とは関係なく体温が奪われる。

湿気でシルナイロンが緩むので、テントのテンションは一度張り直した。
もちろんテント内はバッチリ結露。風がないのでcontrail内部ではゆったり過ごせたが結露に触れなくてもスリーピングバッグの表面はシケシケ。下半身はパックをマット代わりにしていたがクッション材のないパックなので冷えが厳しく、パック・レインJKT・レインPNTとあるモノなんでも重ねて敷いた。
朝のテント内もすさまじい結露。熟したぶどうが一面に張り付いている感じ。まさに一触即発。少しでも触れると臨界点を超えた水滴が振動と水しぶきの連鎖反応で次々滴り落ちる。
そのままだと陽が出ても乾きそうにないので、パックタオルで吸い取るようにテント内全体を丹念に吸湿した。その後、テント表面もふき取り作業。
contrailの足元は雨で水溜りが出来ていた。多少は屋根が下がってはいたが、気になるレベルではなく、内部空間に余裕があるのでスリーピングバッグに触れるようなことはなかった。 内側から足で天井を押し上げて排水。
もっと大雨になるとどうなるかはクエスチョンマーク。テンションしっかり設営できていれば問題ないような気がするけど・・。

キルトで眠るときは首周りの保温がカナメ。布団を深く掛けている時のようにキルト上端のドレープを、首から耳の後ろ方向に押し込むようにして首周りをカバーすると快適。逆に蒸し暑く感じたときの体温調整もイージーで、寝返りも打ちやすく、うつぶせ寝もしやすい。好きな寝心地。

ガスった雨と夏の緑の両方の景色が見れた。 雨で水量が増えて滝もガッツリ流れてた。 景色もきれいで、明神平のハイキング楽しかった。

shelter: tarptent contrail
backpack: ula amp
sleeping system: golite ultra20, thermarest ridgerest 90cm, mont-bell u.l.confort system pillow
cooking system: t's stove pico, snowpeak kyoku, vargo titanium spork
wearing: patagonia rainshadow jkt, downsweater, foudini, cap1 t-shirts, ultra pnt, r1 pnt
shoes: montrail streak
canteen: nalgen 1l, pratypus watertank 2l

ピース!!(・ ・)v
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。