湯たんぽ&尿ボトル

湯たんぽって使ってみると、すごく体が暖まる。下手すりゃ低温ヤケド。かなり攻撃的な暖房器具だ。
しかもソフトタイプを初めて試したが、極上の使い心地。 温めたいところが包み込まれるように温まるし、抱きかかえていても気持ちいい。
冷え切った体を、温める手段のない冬の野営では極上の贅沢だ。
しっかりと体を暖めることができるので、その疲労回復効果も計り知れないものがあるだろう。
雪に囲まれた山での夜、寝袋の中でアツいくらいにヌクヌクできるなんて考えただけでもワクワクする。
湯たんぽを抱きながら、暖かい飲み物を飲んだりするとかなりしっかりと温まれるだろう。

広口なのでカップ等で沸かしたお湯をこぼさずに注入できる。

nalgene(ナルゲン) フォールディングカンティーン 32oz
・材質:マルチレイヤ-フィルム
・耐熱温度:104度
・耐冷温度:-29度
・重量:実測60g

吹雪や雨などの悪天候時は、夜間にトイレに行きたくなった場合の尿ボトルとして利用するとわざわざ外出装備にならなくていいし、靴も履かなくていい、寒風にあたることも、斜面で油断して滑落する危険もない安全なシェルター内で用を足すことができる。
広口なのでこぼさずに用を足せる。
そして尿を入れたあとはしっかり口を閉めて抱きつけば尿の温度でもう一度温まれる。

60gの重量増で、ありえないくらいに暖かい暖房器具と暖かい所で用が足せる携帯トイレが手に入る。
そして最後は枕にも・・。



湯たんぽの正しい使い方
湯たんぽの勧め



ナルゲンカンティーンのソフトな湯たんぽを抱いて、ダブルウォールマグに入れた泡盛のお湯割りを飲みながら書いてる。
極上の暖かさ。 ちょっと酔拳。
ピース!!(・ ・)v
スポンサーサイト

How to Stay Warm with a Minimum of Gear

How to Stay Warm with a Minimum of Gear - GoliteウェブページHow to Go Liteの項目より

「最低限の装備でいかにして暖かく過ごすか」

冷え切って寒いということはアウトドアでの最も不愉快な経験のひとつである、しかし恐らく、重い荷物を担ぐということも同じように最も不愉快な経験のひとつであろう。 ありがたいことに、軽量な装備とテクニック、そしていくらかの常識があれば、最低限の装備でいかにして暖かく過ごすかを学ぶことによって、両方の不愉快なシナリオを避けることが出来る。


「暖かく夜を過ごす」

暖かく夜を過ごすということは特に女性には共通の問題である。眠っているときは筋肉の活動は活発でなくなり、活発な時よりも筋肉が発生する熱量が減る。 発熱による暖かさは、地面への伝導熱、空気中への対流、呼気の熱や湿気、そして不感蒸泄によって簡単に失われていく。

こういった熱損失の要因があるので、ミニマムな装備で暖かく夜を過ごすことは難しくなっている。ここにtipsをいくつか紹介する。

1.スリーピングバッグは暖かさを保つ為の道具のひとつにすぎない。衣類、装備、シェルター、ビヴィー、スリーピングパッド、バックカントリーの仲間、体脂肪、そして栄養までもが役割をはたす。これらの利点を使って、衣類は全て着てから寝る、トルソーレングスのパッドを使ってバックパックは脚の下に敷く、プラスティック製ウォーターボトルを枕にして、スタッフサックは手や足に配置、マルチパーソンキルトで仲間の体温はシェア、とりわけ寒い旅の前には太っておく。

2.シェルターよりもスリーピングバッグに重量を割く。なぜならスリーピングバッグの重量はシェルターの重量よりも更なる暖かさを提供してくれるから。

3.すきま風を減らして暖かさを増し、湿気をスリーピングシステムの外へと逃がすような、防水ナイロン製ボトムと通気性ナイロン製トップのビヴィーを使う。

4.インフレータブルスリーピングバッドよりもクローズドセルフォームパッドのモノを使う。 フォームパッドは重量に比して暖かく、体型に合わせてカタチを修正しやすく、フレームのないバックパックのフレームにもなる。

5.地面への伝導による熱損失を防ぐ為に、硬くて濡れた場所を避け、松の葉や丈の長い草や砂でできた柔らかい床の上にシェルターを建てる。

6.スリーピングバッグ(他の保温性衣料も)のロフト性能を常に最大限に発揮できるように、定期的に乾燥させる。気温が低くて湿度が高い環境では、夜間に人体から放出される蒸気が空気中に発散されにくく保温材の中に溜まってしまうので、特に重要である。保温材の中の湿気は、化繊よりもダウンの場合に著しくロフトに悪影響を与えて暖かさを減らしてしまう。

7.眠る直前に暖かい食事を摂る。暖かい食事は体を温め、そして眠った後に長時間に渡って代謝による発熱のエネルギー源となる。

8.眠る前ギリギリまでハイキングをする。行動停止後もしばらくは代謝による発熱は強いので、夜間の最初の間は暖かいまま過ごせる。眠る前にキャンプサイトで数時間座ったままでいると代謝が通常の状態になり、活動直後の代謝熱による暖かさはなくなる。起床から眠る直前までハイキングし続けることを好まないのなら、ディナー休憩をたっぷり取った後でキャンプサイトを見つけるまでにもう数マイルのハイキングをしたほうがよいかもしれない。

9.寒い状態のままスリーピングバッグに入ってはいけない。その前に、軽くジョギングしたりジャンピングジャックをしたりして代謝熱を発生させよう。少し体を暖めてからスリーピングバッグに入ったほうが早く暖まるし、深い眠りにつくことが出来る。

10.ディナー後に余分にお湯を沸かし、そのお湯を水筒に入れてスリーピングバッグ内で湯たんぽとして使おう。更に素早くスリーピングバッグ内が暖かくなるはすだ。夜間に重大な事故が起きないようにフタはしっかりと閉めておく事。


「暖かく日中を過ごす」

日中を暖かく過ごすことは夜間よりは簡単 - 気温は高く、冷えた地面に熱を奪われることもなく、太陽光はある、(最も重要なのは)アクティブに行動しているので体が大量の熱を発生している。 しかし、日中の効力によって暖かくいられるという保障はどこにもない - 気温は下がりやすく、風も吹く、雨は叩きつけるし、雲は太陽をふさいでしまう。 こういった状況での解りやすい解決法のひとつは、重くて分厚い衣服を着ること。 もうひとつの解決法は軽量な装備を使って以下の3つのtipsに従うこと。

1.対流と伝導による熱損失を避けるために正しくレイヤリングする。空気対流による熱損失を避けるために防風レイヤー。水分への伝導による熱損失を避けてドライでいるために、良好な湿度管理で発汗を避け、防水もしくは防滴レイヤーを通して外部へと湿気を透湿させる。(詳しくはレイヤーの項を参照)

2.暖まりたければ、坂を登ったりジョギングしたりして、出来る限り体温を発熱する為に動き続ける。休憩するときは陽があたって、風を避けれる場所を選ぶ。

3.十分な分量の保温材が入った衣類を着用する。(寝袋の保温材は夜間にしか利用できないが)衣類の保温材は日中だけでなく夜間も利用することができる。 そして暖かい衣類は日中に際立って役に立つ時がある;寝袋から朝の冷えきった空気中に出るときや、疲れて眠る前のキャンプサイトの冷え込み、標高が高くて冷たい風や雨に晒される場所など・・




だいたいこんな感じと思う。
ピース!!(・ ・)v





-----
How to Stay Warm with a Minimum of Gear

Being cold is one of the more unpleasant experiences in the outdoors. But perhaps equally unpleasant is carrying a heavy pack. Thankfully, with lite-weight gear and technique, and some common sense, you can avoid both scenarios by learning how to stay warm with a minimum of gear.

Staying warm at night

Staying warm at night is a common problem, especially for women. When we sleep our muscles are less active and therefore generate less heat than when we are active. And the warmth that we do create can be easily lost through conduction (via the ground), convection (via the atmosphere), respiration (via the warming and humidification of inhaled air), and evaporation (via insensible perspiration).

With all of these sources of heat loss, the challenge of staying warm at night can be a difficult one, especially if you are trying to do it with a minimum of gear. Here are a number of tips that can help:

1.Realize that your sleeping bag is just one thing that you can use to keep warm. Your clothing, equipment, shelter, bivy sack, ground pad, backcountry companion(s), body fat, and nourishment can also play a role. Use these factors to your advantage, like by wearing all your clothes to bed, placing your pack under your feet (and using just a torso-length pad), using your soft-sided plastic water bottles as pillows, placing stuff sacks over your hands and feet, sharing your body heat with your companion(s) under a multi-person quilt, and fattening up before a particularly cold trip.

2.Invest more weight in your sleeping bag than your shelter, because a heavier sleeping bag (per ounce) will provide more warmth than a heavier shelter.

3.Use a bivy sack that has a waterproof nylon bottom and breathable nylon top in order to reduce drafts, add warmth, and encourage moisture transfer out of your sleep system.

4.Use a closed-cell foam pad instead of an inflatable one. Foam pads are warmer for their weight, can be easily modified to contour your body, and double as a "virtual frame" for frameless packs.

5.Pitch your shelter over a soft bed of dry pine needles, tall grass, or sand. Avoid hard-packed and wet areas, as these campsites will lead to great conductive heat loss.

6.Dry your sleeping bag (and other insulated clothing) regularly so that it always is at its maximum loft potential. This is especially important in cooler and more humid environments, when the air is less capable of absorbing the perspiration your body gives off at night, leaving some of it trapped in your insulation. Moisture build-up in insulation, of course, has notable adverse affects on its loft (and, therefore, its warmth), more so with down insulation than with synthetic.

7.Eat a hot dinner not long before going to bed. The food’s warmth will heat up your body, and it will provide fuel to be metabolized (which produces heat) for many hours after you fall asleep.

8.Stop hiking just shortly before you go to bed. Your metabolism will remain strong for a while after you stop, helping you to stay warm at least during the early portion of the evening. By sitting around camp for hours before going to bed, you allow your metabolism to return to normal, so it will not generate above-average warmth. If you prefer not to hike from the time you wake up to the time you bed down, you may want to consider taking a long break around dinner-time, then hiking a few more miles before finding a campsite.

9.Do not climb into a sleeping bag if you are cold. Try generating some body heat before climbing into the bag by running in place or doing jumping jacks. The added warmth emitted by your body when you first climb into the bag will help your bag feel warmer faster and enable you to maximize your sleep.

10.Consider boiling extra water after you have made dinner. Put this hot water into your water bottle/bladder and then place the bottle/bladder into your sleeping bag. This added warmth will enable you to warm up quickly in your bag. Be sure to secure the lid tightly to avoid having a major accident in the middle of the night!

Staying warm during the day

It should be easier to stay warm during the day ? the ambient air temperature is higher, the ground is not stealing warmth through conductive heat loss, the sun may be warming you, and (perhaps most importantly) you are active and are therefore able to generate abundant body heat. However, there is no guarantee that you will stay warm during the day by virtue of it just being daytime ? the air can be cold, the wind can be blustery, the rain can be dumping, and thick clouds can block the sun. One obvious solution to these types of days is to wear a lot of heavy clothing. The other solution to use lite-weight equipment and to follow these 3 tips:

1.Layer correctly in order to prevent convective and conductive heat loss. Reduce convective heat loss by donning a wind-blocking layer; and reduce conductive heat loss by staying dry, avoiding perspiration build-up (through good moisture management) and external moisture penetration (through a water-proof or water-resistant layer). For more information about layering, please read <<"How to Layer">>. // link to the How to Layer article

2.Stay moving so that you generate as much body heat as possible. Increase the intensity of your effort (like by cranking up a hill or by jogging) if you really need to warm-up. When you take a break, take it in a sunny area and/or in a location that is protected from the wind.

3.Have a good portion of your insulation as clothing, because you can use this insulation at night and during the day (in comparison, a sleeping bag can only be worn at night). This is especially helpful during a few particular moments in the day: in the morning, when you are at risk of losing significant body heat after emerging from your bag and stepping into the cold morning air; in the evening, when the air begins to cool, when your body is tired, and when you have camp chores to perform before retiring for the night; and if your route takes you to high exposed places, which are usually windier and colder than lower-elevation and protected areas.
-----

running down the highway of desire

PETZL e+LITE ペツル イーライト今さらながらペツルe+lite、basegear.comにていろいろとお買い物があったので、ついでに購入。

PETZL e+LITE、
その特徴は、
・emergency headlamp
・always ready to use(電池装着状態で10年保管可能)
・小型軽量27g(リチウム電池2ケ込み)
・+60℃から-30℃まで対応
・1m防水


電池寿命はMaximum点灯で35時間、Economy点灯で45時間
5モード点灯(白色エコノミー点灯、白色マキシマム点灯、白色点滅、赤色点滅、赤色点灯)
メーカー希望小売価格 3,833円(税込)

basegear.comはクリックするだけのクーポンで殆どの商品(.以下の価格表示が.88表示のモノは全て20%off、.95表示のモノは20%off対象外だが概ね既に割引き価格になっている)が20%off。ペツルeライトは$29.88の20%offで$23.90だったのでこの際だからと思い切って購入しておいた。

コードロック付きエラスティックバンドでヘッドランプとしてだけでなく、首から提げたり、手首に巻きつけたり、しかも、赤い台座部分にクリップ機能があり、帽子のつばに付けたり、バックパックのストラップやウェストベルトにつけたりと多様な装着方法をとることができる。
そして、スイッチには意図せずにスイッチがonになるのを防ぐロック機能もある。

重量は電池込みで27g。 長時間点灯が可能だが、充電式電池ではないので毎回おnewの電池を入れていかない限り、バッテリー満タンでは出かけられない。 しかし、予備のリチウム電池2ケを持ったとしても重量はほんの+5g。

今まではペツルのタクティカXPをハイキング(日帰りも泊まりも)の標準装備として愛用していたが、その主な理由は
・1wの照射能力
・照射時間:最大120時間
・単四型電池3本使用なので、エネループを使うと毎回満充電の状態で出動できる。
・赤色フィルターの使用が可能、夜間テント内で利用するとき等に眼への刺激が低い
・重量100g(単四エネループ3本込み)と機能の割りに結構軽い

タクティカXPで感じていた問題点は
・テント内使用には明るすぎる(赤色フィルター使用時は問題ないが、必要以上に明るすぎるのはバッテリーがもったいない)
・重量100gは少し重いし、少し嵩張る。
・スイッチの誤作動(時々ギアボックス内で勝手にスイッチONになっていた)

今までe+liteを避けていた理由は
・バッテリーが充電タイプでない
・照射能力がタクティカに比して低い

ヘッドランプはハイキングに出掛ける度に毎度毎度必要な装備であるし、また緊急時には命綱の一つでもあるので、予備のバッテリーまではもたなくともせめて電池容量は満タンの状態で出掛けたいという気持ちと、ライトは強力であればあるほどいいはずだという思い込みが重なって、ヘッドランプという装備を冷静に分析できていなかった。

装備として考えて、必要最低限の機能を満たしていれば、重量は軽い方が良い(当たり前だョ)。
必要最低限の機能の判断をどうするかだが、夜間にはできるだけ強力なライトあるほうが安心→→→ないと不安、という今までに刷り込まれている恐怖心や思い込みを捨て、「ゼロから発想」で考え直した場合、夜間行動を積極的にする予定ではなく通常のハイキングが前提だと、
「そこそこの明るさのライトで十分じゃないの」
「そういわれてみれば野営するときに照らすのは殆どが手元だけだし、デイハイクで行程をミスッてライトが必要になったとしても長時間のことではないし・・、それよりもなによりもalways ready to useなemergency headlampとして持ち運びも楽な軽量コンパクトなランプの方がやっぱいいんでは!」
「あら、そうね。」
と、いとも簡単にカタがついた。

ナイトハイキングやらナイトランの場合には、結局もっと強力なライトを持ったり、サブライトを使ったりするんで、通常ハイキングのデフォルト装備としてのヘッドライトはペツル イーライトで十分という結論となった。
一気に約70gの軽量化とコンパクト化、そしてスイッチの誤作動の恐怖からも解放されて気持ちも軽くなった。

タクティカXPもとてもよいヘッドライトで気に入っている。 状況に応じて使い分けたり、併用したりしていきたい。

中途半端な思い込みで、万能性を求めると結局中途半端な装備となってしまう。
目的にあわせて、冷静に考えて、必要最低限の最適なセレクトが必要。
結局は、当たり前のことを当たり前に考えて、行動できるかどうか。
不必要な恐怖心や必要以上の欲望が判断力を鈍らせる。
考え方も装備もシンプルに。


ピース!!(・ ・)v

Andy Skurka

荷を背負った歩き姿

絶妙なストックワーク
ダウンJKT姿がやたらカッコいい!

7:45-7:53 クールなBivy&Tarp Shelter Style

Skurkaさんは、ストック派
----- <氏のサイトより>
その利点は、
・膝にかかるストレスを約25%軽減
・スリッピーな場所でのトラクションと悪路での安定性の向上
・テントポールとして利用できる
・攻撃的な犬・豚・牛の追っ払い用として使える

伸縮式でなく、アンチショックでない石突き付きのスキーポールみたいなのが好み。
アンチショック伸縮式に比して固定式の利点は、
・より強い
・より軽い
・より安価
・より静か(稼動部が無い為)
・よりシンプル(ジョイントや締め具の構造物がない)

バスケットもストラップも取り外す。
バスケットを取り外すのはポールスウィング時の重量的効果のため。
ポールの先の重量が0.5oz減るだけでもスウィングするときの労力の軽減は多大。
ストラップを取り外すその利点は、
・よりシンプル
・より軽い
・よりグローブやミトンと相性が良い
・先端が突き刺さったときにすぐに手放すことができる(移動の勢いで相当前方へ移動してしまうので、ポール先端が釘付けになった場合にポールを破壊してしまうリスクが減る)
-----


自分のハイキング用ストック(伸縮式だが・・)、バスケットは以前から取り外していたので、ストラップを取り外してみた(分解出来なかったのでカットオフ)。
もともとストラップに手首を通して使用することがは殆どなかったが、カットオフすることに無意識に抵抗を感じていたのか、今まで殆ど使わないストラップをストックにぶら下げたまま過ごしていた。(当たり前に付いているモノだと思い込んでいた。 バックパックの各種ベルト調整用ストラップの余分もパックによってカットオフしていたり、していなかったり・・)

ストックを自作した場合を考えると、自分の場合わざわざストラップは取り付けないだろうし・・ → =不要。
雪山ではあった方が便利かも・・
量産メーカー既製品による思い込みの概念を捨て、「ゼロから発想」で、自分に必要なモノだけを持たないと・・


GOSSAMERGEAR Lightrek™ 3 Trekking Polesカーボン製固定式ストックは125cmで1本71g
現在セールで$130→$85

GOSSAMERGEAR Lightrek™ 4 Trekking Polesはカーボン製伸縮式(90-140cm)1本96.4g
現在セールで$150→$140



不要物を取り去ったストックは、
よりシンプルでクールなルックスを得た。
ピース!!(・ ・)v

Fancy Feast cat food can Alcohol Stove

by Andrew Skurka


超シンプルで軽量
カッコいいアルコールストーブ



How to make a Fancy Feast Backpacking Alcohol Stove







Andy Skurka 氏は
GOLITE Ultra-Lite Poncho 10 oz. | 280 g | $50.00
の説明文にも登場しているお方


This roomy, ultra-lite poncho can be converted to an emergency shelter using built-in, tie down loops. So lite and small you can take it anywhere, it is ideal for emergency kits and for ultra-lite backpackers dedicated to shaving every last ounce from their packs. A favorite of Team GoLite fast-packers Andy Skurka and Demetri Coupounas, the Poncho/Tarp utilizes SilLite™ fabric for ultra-lite, waterproof durability, and features additional coverage in the back for protecting a backpack (snaps allow for folding up excess fabric when not in use).




ピース!!(・ ・)v

Darling you got to let me know

Tarptent Scarp1Highly versatile, roomy, double walled, and stormworthy at 2 3/4 lbs, the Patent Pending Scarp 1 offers four season protection. The Scarp 1 sets up staked for light 4-season or free-standing with crossing poles for heavy 4-season conditions.



Tarptent Sublite SilExtremely light at just 21.5 ounces, the Sublite Sil enhances the water protection, venting, and views of the Sublite.



どっちもカッコいい!

ピース!!(・ ・)v

今後の装備強化リスト

-----
知識と経験:  重量0g
技術と体力:  重量0g
折れない心と好奇心:  重量0g
-----

もっと「身軽に気軽にハイキング!」
装備の軽量化だけでなく、
ハイキングのスタイルそのものを、
シンプルにすればするほど、
自然をより近くに感じることができる。

シンプルなスタイルのハイキングほど楽しいと感じる。
もっとシンプルに、
もっと身軽に、
もっと気軽に、
ハイキングを楽しみたい。
イージーハイカースタイルでシンプルさを突き詰めていきたい。

装備も、考え方も、行動も、
シンプルにすればするほど、
本当に大切なモノが見えてくる。

シンプルなスタイルでハイキングを楽しもう。

そのためにも、必要な装備は強化しよう。




今のところ強化リストで不安がないのは好奇心くらいかな。
ピース!!(・ ・)v

弥山・双門・八経ヶ岳 20081102+03

熊渡から弥山川に入ったところ。 天候は快晴。 木漏れ日が美しい。 山と高原地図では破線のコース。落石の凄まじい破壊力。アドベンチャー系アトラクションかと思うくらいの破壊ッぷり。 早めに通り過ぎるに限る。いろんなところが崩壊している。岩のトンネル鉄棒の足場水の透明度が半端ない。狼平非難小屋前で水を補給するカチョウ。 やけに楽しそう。きっとこんなイメージで水汲みしているに違いない。夜のキッチン(シャングリラ1の前室)。 外の強い風から守られて平和な環境で調理できた。カチョウが東京で学んで作ってきてくれた乾物系ディナー。 結構旨かった!寒風吹き荒ぶなかオープンキッチンのカチョウ。 寒いはずなのにやけに楽しそう。きっとこんなイメージで調理しているに違いない。完全に定員オーバーのゴーライト シャングリラ1。finetrackツェルトⅡとカチョウ。 強風の中、しばらくオープンエアーで眠っていたようだ。翌朝のテントサイト。 断続的な雨、のちに曇り。 どのシェルターも夜半の強風によく耐えた。
手前からkajiヒルバーグアクト、pandamanBDファーストライト、my shangri-la1、erokachouファイントラックツェルトⅡツェルト内で朝食を調理するカチョウ。 風にも慣れたようだ。横風にしなるシャングリラ1。 風上側の長辺中央もペグダウン。 思いのほか強風に強い。ガスで幻想的な森を行くガスが晴れると森が黄金に輝くbphiroさんの定番コースである弥山-双門-狼平ルートは非常に美しく、とても楽しいハイキングが出来た。 けれども結構タフなコース。 ここをホームコースとしているhiroさんの骨太ハイカーぶりをヒシヒシを感じた。
狼平からは弥山へと上り、八方睨にて幕営、翌日は八経ヶ岳に登り、栃尾辻、経由で坪内へと抜け、天ノ川温泉へと下り、露天風呂にゴールした。
このエリアは大峰山系の魅力のほんの一部ではあると思うが本当に素晴らしい。 とても深い自然の中にいる感覚を味わえる(実際にすごい山奥である)。 交通の便は非常に悪いし、日本アルプスのようにルートの整備も行き届いておらず、携帯電話の通じる場所も非常に少ない。 標高の問題ではなく、都市からの距離の問題でもなく、大峰山系は文明からの距離が非常に遠い。

夜間の気温は3℃程度、しかし断続的な強風と高い湿度で体感温度はかなり低い。 寒い夜だった。 0時頃にガスが晴れてきれいな星空を見ることができたが殆どの時間は濃いガスに包まれていた。 今回も寝袋は持っていかずにFEATHERED FRIENDSのフーデッドヘリオスJKT+ヘリオスPNT+Bootyで眠った。 少し寒いときもあったが全般的には快適。
シェルターはゴーライト シャングリラ1、475g。  モンベルブリーズドライテック U.L.スリーピングバッグカバーワイド&ロング 232gとファイントラックツエルトI 240gの合計とほぼ同重量。 重量比だけで考えると、シャングリラ1の居住性の良さが際立つ。 実際、雨混じりの強風の中、快適に過ごせただけでなく、広い前室で調理も不自由なく行うことができた。 しっかり設営できていると思いのほか強風にも強い。 風上側を低めに設営していたので、突風をくらうと幕自体は大きく影響を受けるが、室内への吹き込みは殆ど無かった。 リッジラインがしなってうまく風をいなしている感じで耐風性への不安感はなかった。 窮屈ではあるが2名のお客様もなんとか収容して、寒風から守ることも出来ていたし、コンパクトなシェルターとしては非常に優秀だと思う。

今回、ツェルトの耐風性の高さにも驚いた。 ファイントラックのツェルトⅡの居住性は良いとはいえないものの一夜をしのぐくらいなら十分になんとかなりそう。 長時間しっかり降る雨には弱いだろうが、少しくらいの雨なら問題ないようだ。 うまく使うと頼りになりそう。

2日目下山ルートの最終セクションにて、カチョウはトレイルランニングスタイルで、私は下りのみラン、平地早歩き、上りは歩きというスタイル降りてタイムを計測してみると、山と高原地図で1時間30分のセクション(+αの距離)をカチョウ18分、私34分だった。


<バックパック>
グレゴリー アドベントプロ

<クッキング>
バックパッキングギアチタニウムウィングストーブ
スノーピーク極カップ+フタ
自作ウィンドスクリーン
ヴァーゴ チタニウムスポーク
エスビット

<ウォーターストレージ>
リボンシトロン500ccペットボトル
プラティパス2L

<ストック>
コーラXライト

<シューズ>
モントレイル コンチネンタルディバイド

<ウェアリング&スリーピング>
コロンビア ハンチング

パタゴニア ロングスリーブサンテックシャツ
パタゴニア フーディニ
アークテリクス パリセードパンツ(ショート)
2XU(ツータイムズユー)

パタゴニアレインシャドージャケット
モンベル ストームクルーザーパンツ

パタゴニア ライトウェイト・エンデュランス・アンクル・ソックス(行動時)
パタゴニア ミッドウェイト・ハイキング・クルー・ソックス(就寝時)

フェザーフレンズ フーデッドヘリオス
フェザーフレンズ ヘリオスパンツ
フェザーフレンズ ダウンブーティー

パタゴニア R1フーディ
パタゴニア R1パンツ
パタゴニア R1バラクラバ
パタゴニア マイクロパフミトン
モンベル シャミースインナーグローブ
ブラックダイアモンド インナーグローブ

モンベル U.L.コンフォートシステムピロー
モンベル U.L.コンフォートシステム エアパッド90
タイベックハウスラップ 100cmx210cm
モンベル ブリーズドライテック U.L.スリーピングバッグカバー ワイド&ロング(使用せず)

ゴーライト シャングリラ1


respect for 大峰, respect for 同行の皆さん
ピース!!(・ ・)v
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。