2 Layers Quilt

自作キルトを改造のため分解中。

通常キルトの構造は、表地-インサレーション(断熱保温材)-裏地の3層(3レイヤー)構造、中綿を生地でサンドイッチしてあるだけ。
表地を撥水生地や防水透湿生地にしたり、裏地を通気性の良い生地にしたりとバリエーションはいろいろあるが・・。
本キルトは、Ray-Way Quilt-Kitを使って作った。表地と裏地は1.1oz/yd2のシルナイロン、インサレーション(断熱保温材)はクライマシールドXPのロフト0.9inの一層のみ(RayWayのサイトによるとtwo layers(2層)0.9"で28°F対応)構造。
キルト周囲にシルナイロン生地を一層タラリと垂れ下がる様に縫い付けて、就寝姿勢時に生地のドレープで床面との隙間を塞いで隙間風を防ぐ機構はあえて作らずに本体を少しゆったりサイズで仕上げている。
夏場の使用にはこのままで問題ないが、春先からの使用には首や頭中心にもっと全体的に包まれたいのでタープ泊の場合はBivyとキルトを併用することになる。

Bivyとキルトを併用した場合、体から外側へ向かって順番にキルトの裏地-中綿-表地-Bivyと素材が並ぶことになってキルトの表地とBivyの生地が生地-生地の二重構造でなんとなく余分な生地がダブっている気がする。
そこで、キルトの表地を省いて、裏地+中綿のみ(中綿の片面は剥き出し)の2レイヤー構造に改造してみる。
Bivyとの併用が前提の改造なので、キルトのサイズも一回り小さくする予定。
これで、キルトの表地分とサイズを絞る分の重量が軽くできる。

2 Layers Quiltのメリット(予想)としては、
・表地が無い分軽い
・通気性がいいので乾燥が速い
・中綿剥き出しなので、水濡れしてもパックタオルで押さえると吸水できる
・中綿の追加が簡単(もう一層中綿を用意して重ねるだけ)なので、キルトのロフトが調節できる(夏は薄く、春秋は厚く、・・)
・BIVY内で、結露で濡れても凍りつく前の露の状態で概ねの水分を拭き取り(吸い取り)可能か?
・その他、不明

2 Layers Quiltのデメリット(予想)としては、
・中綿に汚れ、ホコリ、ダメージがダイレクト
・外側に暖かい空気をトラップする生地がないのでBivyが不可欠
・結露を凍りつかせてしまったらどうしよう?!?!
・その他、不明

とりあえずあまりサイズをトリミングしすぎない程度に作ってみる(トリミングしすぎて小さくしすぎるとどうにもならないので・・)。 具合が悪ければ、また作り直せばいいし・・。


この化繊キルトとは別に、これからの3シーズン用保温ギアとして下記2点も欲しい。
・超軽量インサレーションベスト
なんらかのジャケットと併用するので首周りのスタンドカラーが不要、ポケットやフルレングスのファスナーも不要。
・超軽量で保温性がいいインサレーションパンツ
patagoniaのマイクロパフパンツは機能的だが、ブーツを履いたまま着脱できるようにフルレングスのファスナーが両サイドについていたりして多機能過ぎて保温用途以外の装備が重い。 モンベルのサーマラップパンツは軽くて使いやすく重宝するがもう少し保温力が欲しい時がある。サイドの裾からポケット位置までの長いファスナーもなくても良い。

そこで、例えば、・・
・ウィンドシャツの上にインサレーション素材のみで出来たベスト被って、その上にレインシェル着れば、インサレーションベストの表地も裏地もいらないのでは・・・
・ウィンドパンツの上にインサレーション素材のみで出来たパンツ履いて、そのにレインパンツ履けば、インサレーションパンツの表地も裏地もいらないのでは・・

その場合、
メリット(予想)
・軽量
・水没しても保水しない中綿だけの構造なので搾って振って水滴落とせば即着用可能

デメリット(予想)
・単体では恐らく機能しない
・衣服の構造としての着脱時の滑りをよくする為の裏地がないので着脱に不便がありそう
・耐久性

って訳で、インサレーションだけ(表地も裏地も無しの中綿剥き出し構造)のベストとパンツも製作予定リスト入り。



Autumn/Winter08/09シーズンで化繊の良さも羽毛の良さも改めて実感体感。
Spring/Summer09に向けて主力装備を整備開始!!

ピース!!(・ ・)v
スポンサーサイト

氷ノ山 20090222

稜線で悪天候前の雪煙に吹かれるpandaman早朝晴れ、午前中曇り、午後雨
朝4時半に大阪を出発。
氷ノ山わかさスキー場からリフト2本を乗り継ぎハイク開始。
稜線強風。
三の丸避難小屋で昼食休憩後。さらなる強風&雨雲接近故スキー場へピストン。
w/tawamureyama,pandaman

雪の状態は重いスポンジ状。
やせた尾根を登ったあとの稜線は広くて眺めがよかった。お天気のよい日にゆっくりと歩くと気持ち良さそうなところ。




帰って装備を点検したらピッケル(ULAのHelix Potty Trowel)が無い!
わかさスキー場下側の無料駐車場で雨に打たれながらの撤収時に、車の脇の雪の土手にサクッと突き刺したまま積み忘れた可能性が高い。
他の装備は全て積み込んだというのに・・。 Helix Potty Trowel、ごめんョ。
どなたか、お見かけになられたらご連絡下さいませm(_ _)m
ezyhyker@gmail.com

ピース!!(・ ・)v

Feathered Friends Online Store

Feathered FriendsのOnline Storeがオープン。
肝心のFeathered Friends製品はWILL BE AVAILABLE SHORTLY!でまだnot on line。



そういえば、08モデルのHooded Heliosはやけにダウンの突き抜けが気になると聞く。
ダウンとフェザーの混合率に変化でもあったのかな・・。

そして近頃、Western Mountaineering製ジャケットの良い評判をよく聞く。


ピース!!(・ ・)v

留寿都 20090211-15

2月11日~15日と出張でルスツへ。
往路の機内エコノミー席からの北アルプス。


ピース!!(・ ・)v

明神平ハイキング 20090207+08

翌日の土曜日午後からなんとか事務所を脱出し、近場の明神平へ雪上キャンプに行ってやろうと残業に勤しんでいた金曜日の午後10時半。 戯山からメール。 土日の計画を聞かれたので答えると、同じ所へ行く計画だとの事。 翌日迎えに来てくれる事になった。 こうなったら絶対行くぞと、夜中まで掛かったがなんとか脱出の手はずは整えた。


200902071846 宵の口から夜半までは月が明るかった。 金星と・・。戯山hilleberg Nallo2と今回のお宿 blackdiamond firstlight
寝床はExped Downmat pump 7 short
袋はmountainhardwear Phantom0
就寝時の服装は
保温着はDASパーカ+マイクロパフパンツ
着衣上:base-pata wool3 mid-pata cap4
着衣下:pata cap3, pata alpine guide pants
足:mont-bellフリースソックス、bigagnes Mountain Booties
手:mont-bell シャミースインナーグローブ
頭:pata フリース帽
枕:bigagnes Air Core Pillow

当初は満腹食べた後、全部着たままで寝てしまったが、さすがに暑過ぎていろいろ脱いだり着たり試した結果、下はマイクロパフパンツもブーティー+ソックスも脱ぎ、上はDASパーカは着たままで、袋には足だけ突っ込んで上半身はファスナー全開でキルトの様にふんわり掛け布団状態に落ち着いた。超快適でぐっすりと眠れたが、ちょっと重装備過ぎた。
まぁ今回はテントとマットの試運転をしながら、コンパクトデジカメ(GRDⅡ)で夜景撮って遊びたかったのでちょうど良い。
ってか、とにかく山を歩いて、山で寝たかった。

200902071641 明神平に到着。 雪が少ない。1750 テント前を掘り下げての土間兼キッチンでウィンドスクリーン要らず。1813 日没後はろうそくで足元照明1825 手前が赤いのは自分のヘッデン光18511943 明神平の中央部からテントサイト。 先月来た時より随分と雪が減っている。2239 ヘッデン要らずの月明かりの下、手ぶらで雪上散歩。 雪はよく締まっていて歩き安かった。 L:tawamureyama R:me200902080829 夜中からはずーっと強風と濃いガス。 陽が出ても視界は悪い。まったり過ごす雪上キャンプでは容量が大きくとても便利なテルモス山専800。付属のシリコンカバーやリングは重いし、パックのサイドポケットへの出し入れに引っ掛って不便なので取り外して滑りどめはゴムバンドに変更。
後ろに刺さっているのは、ライフリンク ピットボス。800gとちょいと重量はあるが、携帯用としてはハンドルも十分に長く、シャベルに足を掛けても使えるくらいガッチリしているので、現場での作業性能はバッチリ。ガスの中での下山だったが、空気はスッキリと気持ちよく、1時間程で降りれてしまうのでなんだか名残惜しかった。
雪の量は少なかったが、歩いて登ってキャンプして、半分凍った滝を見たり、テントの中でパチパチと雹にたたかれながら強風に吹かれたり、寒かったり暑かったり、今回のハイキングも終始楽しかった。 とにかく気持ちイイ! やっぱハイキングは超最高!



ダウンマットは素晴らしい。暖かくて快適。重量約690g。全長120cm。贅沢品ョ。

ファーストライトは見たまんまのちゃんとしたテント。天井が高いのでダウンマットの上に座っても頭が天井に当たらない。余裕の天井高。 後ろの通気孔とドア(フルメッシュ付き)で通気も確保できる。
全長が208cmしかない(Oneshotは216cm)のでまっすぐに寝ると傾斜した壁に頭と足先のインサレーションが接触するが、たいした問題じゃない。
ポールが2本(Oneshotは2.5本)なので設営時のストレスがすくない。
今回夜はずーっと霧氷交じりの強風が吹いていたので全周囲が囲まれているテントの恩恵をたっぷりと味わえて快適な宿だった。
重量 1,277g(body w/sack + poles w/sack)
ちょいと重量あるけど、このテントすごく良いゎ。 カーボンポールが欲しいかも。



下山後、高知県から発射された長距離誘導ミサイルが見事に命中!馬路村農業協同組合製はちみつ柚子ソーダ(スーパーごっくん)を1本被弾。スッキリとおいしかった!ごちそうさまでした。


Thanks saru, tawamureyama and SGT.M!
ピース!!(・ ・)v

アルコールストーブ

部屋を片付けていたら去年作って遊んでいたアルコールストーブが出てきた。Skurkaさんのフルコピーしたかったが手頃なキャットフードの空き缶がなかったので、ウコンの力の空き缶を利用。本人以外にはゴミにしか見えないような仕上がり。
重量5g。予備を1つ余分に持ってツーバーナー体制でも10g。
径が小さいので大きいカップには向かない、不安定。300ccくらいのカップならなんとか使える感じ、それでもやはり不安定。
風に弱いので風防は必須。使った道具は台所ハサミ(百均)と1穴パンチ(ホムセンで300円位、百均にもあるみたい)。
高さは45mmでカット。穴の位置は目分量。
この1穴パンチは足が短くあまり遠くまで届かない。上画像の下列の穴が限界。ウコンの力(アルミ缶)ではうまく燃焼していたが、こちらのスチール缶では燃焼が変だった。失敗作。不完全な燃焼の原因は素材か、径や高さ、穴の位置や大きさのバランスか、・・・、単純な道具だけに奥が深い。


性能、美しさとも完成形はこれ
ほれぼれするくらい素晴らしい出来栄え。



ピース!!(・ ・)v

Patagonia DAS Parka パタゴニアダスパーカ 2008

Patagonia DAS Parka パタゴニダスパーカ 2008 COL.Black
重量 776g(size M w/sack)、sack 15g
08モデルのコイツがあまりにも調子良かったので・・。
07のDASに比べて08のMicro Puffは中綿のロフト感がやけに良く、非常に暖かく感じた。 しばらく使用してからのドレープ感というか着心地も気に入っているし、洗濯機で丸洗いした後のフンワリ感の戻りがやけに早い。
07のポーラガード3Dに比べて、08のクライマシールド(Dasはクライマシールド・プリズム、MicroPuffはクライマシールド・グリーン)が調子イイのかも。 09はまた素材変わるみたい。
パーカの構造的にはマイクロパフフーデッドJKTよりもDasの方が保温能力の高いデザインなのでクライマシールド中綿のDasの性能は楽しみだった。
08ダスパーカ 40%off(さかいやのバーゲン)で¥24,570



ピース!!(・ ・)v

-----

DASバーカ 2008

DAS Parka ¥40,950 製品番号 84099
パタゴニアの化繊ハイロフト・プロテクション製品の中で最も温かいパーカ。高山での厳しいコンディションに対応

寒くて湿っぽく、しかも恐ろしい状況にわざわざ出向いていくのはアルピニストぐらいでしょうが、そんなときでもDASパーカは強い見方です。濡れても保温性を維持する中空繊維のハイロフト・インサレーションに、デリュージ® DWR(耐久性撥水)加工を施したシェルには耐久性に非常に優れた軽量なクアッド・リップストップ・ポリエステルを使用し、雪を弾いて風も遮断するのでビレイに最適です。肩、肘、ヒップにはパネルを施してさらに丈夫に補強しました。調節可能なフードはヘルメットの上にもフィットし、顔をしっかりとおおって温めるハイカラーのデザイン。ジッパー式チェストポケット、インサレーション入りハンドウォーマーポケットを備え、内側のメッシュポケットには濡れた手袋を入れれば体温で乾かすこともできます。フロントジッパーはビレイ用ギア着用時もアクセスしやすいツーウェイ式で、本体を収納できるスタッフ・サック付き。

詳細
耐水性と耐風性、速乾性を備えた丈夫なシェル素材
保温性に非常に優れた中空繊維クライマシールド® プリズムのインサレーションを採用し、胴部には保温性を向上するように密度の高いもの、袖には動きを妨げないように軽量なものを使用。濡れても保温性とロフトを維持
裏地の素材はしなやかで軽量
肩、肘、ヒップ部分のパネルは補強済み
2つの調節ポイントを備えたフードはヘルメットの着用に対応
裏側にウインドフラップを備えたDWR加工済みのツーウェイ・フロントジッパーは、上部の折り返されたジッパーガレージによりあごへのあたりも快適。インサレーション入りハンドウォーマーポケットが2つと大型チェストポケットが1つ。いずれもDWR加工済みのジッパー付き。内側に2つの大型メッシュ製ポケット付き。立体形状の袖。ドローコード付きの裾。伸縮性の袖口
レイヤリングの余裕を残したゆったりとしたフィット
シェル:1.7オンス・30デニール・クアッドリップストップ・ポリエステル。デリュージDWR(耐久性撥水)加工済み。補強部分:2オンス・50デニール・ドビー織りポリエステル。デリュージDWR加工済み。裏地:1オンス・20デニール・ミニリップストップ・ナイロン。デリュージDWR加工済み。インサレーション:クライマシールド・プリズム(胴部分には5.3オンス、袖には4オンスを使用)
780 g (27.5 oz)
タイ製

最適な用途
アイス/アルパイン・クライミング
ビレイ・パーカとして
ビバークに
夜明け前の出発に
バックカントリースキー

テクノロジー
デリュージ® DWR
パタゴニアが独自に開発したデリュージDWR(耐久性撥水)加工は、一般のDWR(耐久性撥水)加工に比べて効果の持続力が高く、デリュージDWR加工が施されたウェアは、長年使用しても新品の時と同じ撥水の機能を発揮します。

REI PEAK UL CF TREK POLES

REI PEAK UL CF TREK POLES
REIの伸縮式カーボンポールの長い方。 短い方(REI Peak UL Carbon Compact Trekking Poles)はさらに1oz軽量。
実測重量 360g(ペア、バスケット無し)
       374g(ペア、バスケット有り)
REIで、$139.00→$54.83(60%off)+送料$33.00=$87.83
手元のコイツには135cm~140cmのポールが要る。
オプションのfront pole(easton製、5oz、140cm)も持ってるけど、やっぱトレッキングポールで兼用したいからね。


Thanks for INTEGRIERTE PUMPE!
ピース!!(・ ・)v


-----
Specification Description
Weight (pair) 12.5 ounces
Shaft material Carbon fiber
Maximum length 55 inches
Minimum length 27 inches
Shock absorbing No
Grip material EVA foam

The REI Peak UL line™the lightest, strongest trekking poles out there! Made for minimalist backpackers and adventure racers.
Small-diameter carbon fiber creates ultralight poles that damp vibration and retain strength over a wide temperature range
Extra-strong DuoLocks™ provide a big boost in performance
DuoLocks internal locking mechanisms apply a wide area of pressure against pole walls to lock in length adjustment
DuoLocks showed 50% more holding power than other locking mechanisms during REI lab tests
DuoLock's reliability enhances stability, eases length adjustments and offers a compelling reason to upgrade to Peak UL poles
Three-section telescoping poles extend to a maximum length of 55'' and compact to 27'' for easy storage and transport
Red ''stop'' ring indicates the maximum point to which poles should be extended
Ultralight EVA foam grips with an ergonomic, contoured shape and adjustable padded neoprene wrist straps provide miles of comfort
Fitted with vario trekking disks and extra-durable tungsten-carbide tips; rubber tip protectors included
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。