キモちE

ハイキングはもちろん、チャリも、スノボも、ランも。

以前はモーターサイクルでずーっとそう思ってたけど、最近乗らないなぁ。


Peace!!(・ ・)v
スポンサーサイト

LA SPORTIVA Trango S EVO GTX

LA SPORTIVA Trango S EVO GTX

size 45 1/2
weight 1685g/pair (846g/left 839g/right)

カタログ値1250g/pairはよくある事だが恐らくだいぶん小さいサイズ。メーカーには、靴に限らず衣類でも寝袋でもあらゆるギアにサイズ毎の重量表記を望む。

今年に入ってからの2回の雪山ハイキング()はコンチネンタルディバイドGTXでいったけど、雪の中では少々面倒なこともある(ピッタリフィットのゲイターの着脱が毎回面倒くさいと感じる)ので、軽量タイプの防水性のあるブーツの方が少々重くてもお手軽かなと今回試してみた。結果は想像の通り。ゲイターと組み合わせて雪の侵入に対する安心感は高まるし、足首回りの保温性はトレランシューズよりも高い。けれども、やっぱりトレランシューズに比して重いし、足首が自由に動かせないし、厳寒状況から外れると足首回りからの放熱性が低く蒸れる。一長一短。全く万能でない。自分の好みでは、使い分けが必要。

トレランシューズやジョギングシューズで荷を背負った状態で山道を歩いたり走ったりして、今までに幾度もグキるような体勢になったことはあっても一度もグキッたことがなかったが、今回はグキるような体勢になって軽くグキッてしまった。幸いしばらくおとなしくしてるとなんともなくなる程度のグキり具合だったが、結構ショック。これは足首が結構固定されてる靴で歩く場合のデメリット。足首をホールドすることにはメリットもあればデメリットもあることをもっと意識すべきだと思う。逆に足首がフリーな靴のメリットもデメリットももっと意識すべきだろう。状況に応じて好みで選べばよいと思う。好みっていうのは、ファッション的な好みももちろん有り。厳冬期にトレランシューズベースのシステムも有りだし、夏場の荷物が軽量なシーズンでも、短パンにハイカットってのも有りだと思う。安全で快適にハイキングを楽しめるならそれでいい。エンジョイ!


Peace!!(・ ・)v
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。