Night Trail Session 20100724

Sky High Mountain Worksのナイトトレランセッション
詳細はこことかこことか



Peace!!(・ ・)v


















スポンサーサイト

Seam Sealing シームシーリング

シームシーリングは、縫い目の目止め。シリコン剤を使っての防水処理。
EPIC製や、シルナイロン製等の工場出荷時に通常の防水テープで仕上げてしていない(できない)テントやタープ等の縫い目からの浸水を防ぐためにシリコン系のシール剤を縫い目に塗って防水処理する。

Black Diamondのテント等は専用の注射器がついていて、それで塗布する様にアドバイスが入っているが、注射器で塗布していくと、塗るというよりも、シーリング剤原液を細長い麺状に生地の上に載っけていく状態になりやすいので、乾燥に時間が掛かるし、生地に塗り込む様に縫っていくのが難しいので、時間が経つと生地とシール剤が分離しやすいように思う。

Tarptentのシームシーリングの説明によると、シーリング剤を2倍から3倍くらいにシンナー(ホームセンターで売ってるラッカーうすめ液)で薄めて、刷毛ではなくスポンジ(台所用でOK)を細く切り取って作った自家製のスポンジ刷毛でうすく縫い目に塗りこんでいく方法を推奨している。

うまくやると、縫い目沿いに極薄テープを貼った様に仕上がる。
薄いので重ね塗りも簡単。

この方法だと、注射器での方法よりも
・うすく塗布できるので、使用するシール剤が少量ですみ、軽量に仕上げることが出来る
・塗膜が薄いので乾燥が速い
・シンナーで薄めて塗るので、縫い目に浸透しやすく、防水効果が高まる
・剥れにくいいし、縫い目の補強にもなる

というわけで、シームシーリングはシンナーで薄めてスポンジで塗る派である。
(有機溶剤を使用するので、作業は屋外が安全。屋内で作業する場合は換気に注意。)

現在、数張りで試しているが、シーリングの結果もその後の経過も良好。
Integral Designs Siltarp2 8x10ft
Tarptent Contrail
GossamerGear Spinnshelter

BlackdiamondのFistliteとOneshot持ってるけど、今のところ冬場専用なんでシームシーリングしてない。
シームシーリングすれば夏場も使えるなぁ




Peace!!(・ ・)v














64oz Klean Kanteen® Wide

L→R
350ml beer can for size reference
800ml Kleen Kanteen 27oz wine karafe 195g ワイン、テキーラ等1本丸ごとOK
1892ml 64oz Klean Kanteen wide 339g 一升瓶丸ごとOK

どちらもガラス瓶と比べると劇的に軽い。しかも丈夫で破損の心配無し。
やむを得ず大量のお酒を担がねばならない時に・・
64oz版の登場で危険な一升瓶バックパッキングからの解放





Peace!!(・ ・)v










SealSkinz WALKING SOCKS

sealskinz waterproof breathable windproof walking socks with merino woolfibre content
1.inner socks 41%merino wool, 44% acrylic, 14% nylon, 1% elastane
2.membren waterproof breathable hydrophillic
3.outer sock 91% nylon, 9% elastane

107g/pair (size L)

内側がウール素材の防水透湿ソックス。


防水透湿膜の入っていない軽量トレランシューズやランニングシューズ等の、通気性と排水性は良いが防水及び防風性能の低いシューズとの組み合わせで、システムとして防水・保温性能を獲得。
軽量シューズでの高山の縦走時など、濡れて吹かれると危険な場合の保温システム。
・防水登山靴と比較して、トータルの重量が圧倒的に軽い
 靴とソックスの組み合わせでも500~600g/pair程度
・防水登山靴と比較して、豪雨での濡れや水没後でも、濡れからのリカバリー性がシステムとして高い
 内側まで濡れたゴアブーツを乾燥させるよりも、殆どメッシュの軽量シューズと単体のソックスを別々に乾燥される方がはるかに容易


幸い(?)なことに実戦での使用はまだだが、試しに履いてみた感じはインナーの肌触りもよくて暖かい。 寝るとき用のソックスと兼用で担いでもいい感じ。
購入した三鷹の店によると、残雪期のズックでの山歩きでの使用で、防水性も防寒性も合格とのレポートだった。





Peace!!(・ ・)v








七夕 てんから 20100707

pandamanたちと吉野川源流域曇りから雨。同行のTERUちゃんがヒット雨がひどくなってきたので撤退予想外の低気温で1日寒かった。気温17-18℃
雨&岩で滑って胸まで水濡れとかでかなり冷えた。
いくら化繊製のシャツとパンツとはいえある程度保水はするので寒くてしょうがない。一旦全てを脱ぎさって、全裸の上にレインウェアの上下を着た。これ大正解。
休憩時はレインウェアのインナーに万が一に備えて持参していたR2ジャケットを着て暖かく過ごせた。R2をリュックに入れておいたのも大正解。
あと、サバイバルブランケットも持ってたけど・・。(日帰りだけどなんかあってもやっぱ生き残りたいのココロ)

肝心の釣果はあたりすらなし。また次回。




七夕の夜は晴れた。



全身ズブ濡れで寒い思いをして色々と思ったこと・・
・カラダが濡れてると寒い
・保温には、カラダを乾かして、風を防ぐ(皮膚表面の水分の気化を止めて、空気の対流をストップ)。おっ、VBLじゃん!
・レインウェア(e-ventジャケット(インテグラルデザイン)、ゴアテックスパンツ(モンベルストームクルーザー))のような保水しない生地は濡れても染み込まないし、拭き取れるし、濡れた衣類を乾かせない状況でもドライな環境を作り安い。
・R2ジャケットはあたたかい。(重くて嵩張るけど・・)
・濡れながら欲しいと思ったモノ: 屋根と壁(おっ、シェルターじゃん!)、暖かい食べ物、焚き火、太陽の光、乾いたソックス、釣果、・・・
・タープ持ってると雨天時の昼食休憩とかに便利かも




Peace!!(・ ・)v










AMK Adventure Medical Kits Survival Blanket & Emergency Bivy + COCOON TRAVEL SHEET

AMK Adventure Medical Kits Survival Blanket & Emergency Bivy + COCOON TRAVEL SHEET(L→R)
・Adventure Medical Kits Survival Blanket SMALL
79g(w/sack) size 84"213cmx56"142cm
どれか1つだけ携帯するならコイツ。バックパックに入れておくと、ちょっと昼寝程度の時の防風や保温にも便利。破れやすいけどグラウンドシートにもなるし、テント内のシートとしても具合いいみたいだし・・。汎用性の高い非常用装備。

・Adventure Medical Kits Survival Blanket LARGE
95g(w/sack) size 96"244cmx60"152cm
2人用サバイバルシート。未使用

・Adventure Medical Kits Emergency Bivy
107g(w/sack) size 84"x36"
VBLの実験で数度使用。  
一部が裂けたり穴あいたりしてるが、テープで補修しながら使用中。まだまだ使えそう。袋状になっているので出入りは不便だが、保温というよりも外気との遮断効果は高い(通気性ゼロだから当然か・・)。しっかりと蒸れる。


エマージェンシーブランケット系はカラダからの放射熱は反射するが、保温材ではないので、例えば素肌に密着させて氷を押し付けるとそのまま冷たさを感じる。しかし、防風効果と防水効果で屋外での非常時に体温を保つためには大いに役に立つ。ただし、透湿性は全くないので蒸れる。蒸れることによるVBL効果もあるが、湿気を旨くコントロールできないと最終的に濡れて冷える状態になる可能性もあるので注意が必要。

TJAR出場のこの方は、「シュラフもシュラフカバーもなし。完全防水のエマージェンシービィビィに自分で縫い合わせたレスキューシートを二重で使用する。2レイヤーのシュラフカバーと同じ重量で倍の暖かさはあるはずだ」。
防水透湿素材の透湿性は条件次第では全く当てにならない場合も多いので、割り切って透湿性を捨ててのこういったアプローチも有りだと思う。濡れにも強いしね。



・COCOON TRAVEL SHEET
153g
100%シルクで封筒型の寝袋形状。枕を入れるスペースもある。
肌触りが極めて良い。寝袋のインナーとしても使えるし、安宿泊まりの時のシーツとしても良い。飛行機、列車、事務所、友人宅、その他どこでも持ち運べて重宝。薄くて軽量のシルクなのでちょっとした保温性しかないが、結構暖かい。上記エマージェンシーブランケット系と併用すると緊急の一夜を過ごす時の強い味方となりそう。
旅行やら出張やらによく持ち出してるが、やはりあると安心。仮眠室みたいなところで寝るときも清潔なマイシーツを持ってると落ち着くしリラックス出来、短時間でもぐっすり眠れる。部屋寝の時などのほんの少し寒くて寝れないときや、夏場にエアコンのよく効いた部屋でもコイツがあるとバッチリ快眠。




Peace!!(・ ・)v









Sky High Mountain Works Trail Session 20100704

Sky High Mountain Worksのトレイルセッションに参加
先週日曜のロングセッションと金曜夜のロードトレーニング@芦屋浜で足がグダグダ状態だったので、今まで何回試してみても効果が実感できなかったcw-xのテストにちょうどいいかもと思ってはいてみた。結果としては、膝まわりやふくらはぎに効果のようなモノを少し感じた。しかし、確信はない。ま、不快感はなかったし、恐らくいいんじゃないのかな、これ。効果のあるなしは同じ日に同じコンディションで比較しない限りはっきり解らないと思う。でも、山の中での行動中に脱いだり履いたりする気になるようなパンツじゃないし・・。
シューズはニューバランスのMT100YR。沢登りと雨後のぬかるみ状態のトレイルでのテストとなった。やはり軽量で全般的には調子良好。水没状態からの排水性は抜群。ソールのグリップは特に良くはない、イノベイトのタロンと比べるとやや悪いが、滑るところでは素直に滑るという程度で山道に慣れていれば問題ない、面として張りのあるソールの固さは凸凹の突き上げを足裏の一部分で受け止めなくてよいので具合がいい。
ゲイターをつけてくるのを忘れた。


Video Courtesy of Nobu




Peace!!(・ ・)v









_




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。