patagonia das parka パタゴニア ダスパーカ

patagonia das parka パタゴニア ダスパーカ size M 重量758g
濡れた手袋を入れて乾かすこともできるという内側のメッシュポケット。実際実用レベルに役立った。

ちょっと重いし、嵩張る(夏用シュラフ並みかな?)が、結構な保温力あるし、フードの形状が絶妙。化繊なんで湿気や濡れに対して神経質にならずお気楽に使えるので、なかなかに良いジャケット。
なんといってもスティーブ・ハウスとお揃いでカッコいい。(完全にパタゴニアの商業戦略の犠牲者となっている感あるが・・、スティーブ・ハウスがかっこいいからまぁええヮ。)

デイハイクでのまさかのビバーク用装備として持ち歩くと妄想する、
・シェルター:Golite Utopia1 (約960g)
・ウェア:ダスパーカ+マイクロパフパンツ(758+414=1172g)
・スリーピングバッグ:マウンテンハードウェア ファントム0(1291g)
三択なら汎用性でダスパーカ+マイクロパフパンツかッ?! 重ッ


パタゴニアのバーゲンより、パタゴニアアウトレットよりアマゾンの方が安い。(20080215現在)

ピース!!(・ ・)v

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

河童さんのFFヘリオスジャケットでのチベット-30度ビバーク(http://beyondx.exblog.jp/7519882)もすごいですが、八田さんのダスパーカで-25度での撮影もやはりすごいです!
>インナーは、普通のアンダーと中間着です。
ダスパーカの能力も高いのでしょうが、きっと八田さんの能力はもっと高そうです(笑)

No title

インナーは、普通のアンダーと中間着です。
ひょっとしたら写真に熱中する彼の自律神経がおかしいかも(爆

No title

河童さん、単純に重量だけを見て今まで敬遠していましたが、とても実用的なジャケットで驚いて(よい驚き)います。山岳写真撮影の厳しい現場でも役立っている装備だというのは非常に心強いです。
>-25度で居眠りしそうなほど快適
これはすごい!インナーウェアのレイヤーもきっとすごい技をお持ちなのではッ?!

No title

山岳写真家の八田さんが、長く愛用しています。
彼は特に夜明けを狙うため、厳冬の北穂頂上などに、三脚と共に数時間座りますが、このダスパーカーのお陰で快適だと言ってます。なんでも-25度で居眠りしそうなほど快適だったといいますよ(笑)