スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FeatheredFriendsフェザーフレンズ RockWren

FeatheredFriendsフェザーフレンズ RockWren Long Epic Red 35°F/1.7℃お気に入りのダウンガーメントシリーズ、フェザーフレンズのフーデッドヘリオスヘリオスパンツダウンブーティーとも組み合わせることが出来るspecialityカテゴリーのスリーピングバッグ。

バッグの底部(足元)はドローストリングで開閉可能。センタージップ形式でメインジッパーは余裕で股下部分まで開閉可能。両サイドに腕用のジッパー式開口部有り。(丈の長~いフード付きベストって感じ)
スリーピングバッグ着用状態で両腕&両足を出して歩行可能。
重量 カタログ値 Long 1lb13oz(約820g) 実測値950g(スタッフサック込み) カタログ値よりも130gも重い。 (Fillが多めに入っていて重いのならまだ納得いくが・・。800gクラスのスリーピングバッグを探していたので少しショック。)

センタージッパーと両腕用開口部

バッグ底部の足用開口部


全体的な質感やダウンの感触はさすがFeatheredFriendsフェザーフレンズって感じでかなりgood!着たまま歩くことが出来る寝袋っていうアイデアも面白いし、まじめに実用化しているメーカーの姿勢も評価できると思う。見て、持って、触って、イイ感じのスリーピングバッグ!!
ただし構造としての疑問点も在る。
メインジッパーにはバッフルが付いているが、ArmOpeningのジッパー部分にはバッフルがない。スリーピングバッグ全体の作りとしては基本的にBaffled Construction隔壁構造なのだが、前面パネルと後面パネルのつなぎ目(両サイドの縫い合わせ部分)はSewnThrough Constructionつぶし縫い構造になっている。同社のlightweight garmentシリーズの名作Helios Jacketも同じくSewnThrough Constructionでジッパー部にバッフル無しなのでアイデアとしてはジャケットを縦に伸ばして寝袋化したビバーク用軽量化路線モノなのかもしれないので無理矢理納得しておく。

実際に使用してみての第一印象としては、開口部の大きいセンタージッパーの寝袋はかなり快適だと気付いた。バッグ内の暖かい空気が逃げやすいということで敬遠されている(と思う)センタージッパーだが、開閉作業やバッグへの出入りが非常にやり易い!バッグ内に入ってからもジッパーの開閉によっての温度調整がとても機能的に行える。サイドジッパーだと暑くなってジッパーを少し開けたとしても腕の横が冷たくなるだけだが、センタージッパーの場合はまさに掛け布団をずらしたりパタパタやったりするくらい効果的に喚起が行える。ジッパーを見つけるのもサイドと違って超楽チン、体を捻ることなく簡単に見つけることが出来る。自分的にはセンタージッパーのデメリットと比較しても十分にメリットが大きいと思う。センタージップファンとなった。

これはデザイン上意図して作られた訳ではないと思うが、バッグ着用状態で両手両足が一応フリーなので、ヘネシーハンモックでの使用時に普通の寝袋の様にハンモック内でもんどりうちながら着用せずともハンモック外部から着たまま入れて具合がよい。RockWrenを着たままハンモックに入ってパッドとかの位置調整を済ませてから両手両足を引っ込めればいいだけなので超楽チン。両手部分のジッパーくらいはすぐに閉めれるし、足元部分もスリーピングバッグの丈が(Longサイズということもあって)十分あるし、ブーティー履くので引っ込めるだけで大丈夫。
イージーハイカースタイル


センタージッパーがあまりにも調子いいので、ほかに良さそげなスリーピングバッグがないか探してみたが・・
Goliteのはセンタージッパーだが、軽量化優先でジッパーが短い。
LuxuryLiteの"V" Bagはイイ感じ!

ここんチのセンタージップはフルレングス!ウェブページにはアツくFull-length Chest Zipper(←同社ではそう呼ぶ)の利点が述べられている。裏返してキルトとしても使用できるし、実際に使用者としての感覚でセンタージップ論が展開されていて同意できる点多数!Great!
また、LuxuryLite社のダウンフィルパワーに関する考察も大変興味深い。

余談だが、GoliteのUltra 20°っていうダウンキルトはNUNATAKよりもやけにプライスがお安いッ!大資本量産メーカーの戦略商品かッ!(プライス競争になるとガレージメーカー的企業はきっと苦しいョ。) ユーザーとしては、商品の選択肢が増えるのはいいことだが・・。


化繊のキルトもっとたくさん出て来ーい!

=追記=
nunatak alpinistも軽量でいい感じ!


ピース!!(・ ・)v


-----

The LuxuryLite® "V" Bag is an ultralight down sleeping bag with one major improvement over other sleeping bags... a full-length zipper over your chest, not down the side. This style of zipper delivers a much wider temperature range so you need only one sleeping bag for all your 3-season camping. When totally un-zipped it makes a great quilt with a warm footbox and the hood in the middle for your head. To keep the weight under 2 lbs, the 天・bag shifts down from the torso into the leg/foot section because, in cold weather, most hikers carry a warm jacket for day use and plan to use it inside their sleeping bag at night. This will make the torso plenty warm, but reduces important heat convection currents to the legs and feet, making them feet feel cold and waking you up. The relatively more down in the lower section of the 天・Bag will compensate and keep your legs and feet warm when you wear a down jacket. The included 2.5 ounce LuxuryLite PillowPad fits just right inside the hood.

The Benefits of the Full-length Chest Zipper:
1 - Wide temperature range from 20F to 60F because you can easily control heat leakage.
2 - For a little cooling - keep zipped and push the zipper baffle aside.
3 - For more cooling - unzip a few feet and fold out one side.
4 - For warm weather - unzip several feet and fold out both sides of the zipper.
5 - No cold zipper draft at your side and shoulder from a zipper at ground level
6 - The fiberfill zipper baffle does not get crushed so you stay warmer.
7 - Zipper never gets wet/dirty/jammed from laying at ground level.
8 - The zipper tab is always easy to find in the middle of the night, no arm twisting.
9 - When unzipped, the bag flaps stay on top of you for both side and back sleeping.
10 - Zipper has a thick webbing along both sides so no midnight zipper jams.
11 - The hood is in the middle when totally unzipped to make a quilt.
12 - The LuxuryLite PillowPad (not included) fits easily inside the roomy hood..

Why such bright colors? The bright colors won't compromise stealth camping, because the bag is inside your shelter. The yellow stripes show up easily in the darkest tent so you know the bag is right-side up and the zipper is centered. The red color makes a huge emergency flag that a rescue team or aircraft can see from far away.


-----


Why Fill Power Rating is Not Too Useful

Why don't we list the Fill Power (600, 750, 800, 900, etc) for the LuxuryLite "V" Bag? Well, bottom line, I don't know the fill power of the down in our bag. When I designed and specified this sleeping bag for the manufacturer in China I specified the length and width, and the full-length chest zipper; and I specified only three performance specs: [1] it must be down filled, [2] It must weigh less than 2 lbs and [3] it must have a minimum loft of 8 cm.

If I would have specified a 'Temperature Rating' or a 'Fill Power' I would have no way to argue with the manufacturer. Even with the language barrier, we can both weigh a bag and we can both measure the thickness. I have slept in this bag at 33 degrees on the LuxuryLite UltraLite Cot with Cool Mat inside a backpackers tent and was very warm.

The super-duper (950!) down now being promoted is certainly amazing stuff. But not the best for a sleeping bag that gets compressed into a pack all day long. Let me quote this honest European web site:

http://www.warmpeace.cz/en/index.php?sec=27 "The quality of down is measured by its content (90/10, 80/20, 70/30 = the ratio of down plumules and feathers), and its fill power, ie. the ability of 1oz of down filling up as much space as possible. The best quality goose down (100/0), would have the fill power (FP) of 950-1000 (1oz of down fills up 950-1000 cubicinches of space). Such a super high FP is impractical because it takes a long time to reach its maximum loft. For sleeping bags, where frequent rolling compresses the down fill, a mixture of down plumules and larger, more resilient down parts is desirable. This assures an optimal loft and durability."

What he is saying is that if you owned a super-duper sleeping bag made from 1000fp down, that bag would not fluff up for hours, if ever. (A little dirt, dust, or body oils will keep the plumules stuck together.) The feathers in the down make it fluff up much faster. That is why the LuxuryLite "V" bag uses 90/10 down with 10% feathers to make it fluff up fast.

Bruce A. Warren, P.E.
LuxuryLite Gear


-----


Layering Systems
--------------------------------------------------------------------------------
Layering is widely accepted as an effective way to increase comfort in a wide range of conditions by combining clothes rather than having a separate single garment for different situations. Layering also works well with sleeping systems, but receives far less recognition. Feathered Friends introduced layering systems with liners, liner bags, half bags and over bags in the early 1970s. In 1988 we introduced the Rock Wren, a highly versatile sleeping bag you can wear while walking around, cooking, or reading in camp. If imitation is the sincerest form of flattery, the number of other manufacturers emulating our Wrens speaks volumes. A more recent addition to our nest is the Vireo, a full-sized bag that weighs only one pound. By combining this bag with a down jacket, you can decrease the weight and increase the efficiency of your sleeping system. You can also combine a light and a moderate weight bag to achieve the insulation of the coldest weather bags, an option you should consider if you need a sub-zero bag only infrequently.
--------------------------------------------------------------------------------
Vireo
45°F/7.2°C
Specification:
Girth: 64/48/38
Loft: 3" to 5"
Fill Weight: 8.8 oz
Average Weight: 17 (oz)
This really is the lightest sleeping bag system available. We designed the Vireo with alpine climbers in mind. For those of you who know the importance of having the lightest products available, you will appreciate a one-pound bag. Used alone, the Vireo is a compact summer bag. Used in conjunction with one of our down jackets, it transforms into a robust, versatile bag for chillier conditions. For the maximum amount of warmth we suggest ordering the bag to fit over your shoulders. For the heavier parkas such as the Frontpoint and Icefall, we recommend fitting the parka over the Vireo. Last but not least save 15% when purchasing a jacket and Vireo together. We stock the Vireo in Flite and Epic by Nextec, and can make it in other configurations on a custom basis. All custom work, including color choice, adds to the price and production time. Please call for complete details.

Winter Wren
25°F/-3.9°C
Specification:
Girth: 60/56/50
Loft: 4.5"
Fill Weight: 18.4 oz
Average Weight: 35 (oz)
This is our latest design in the Wren series bags. Identical to the Rock Wren but 10° warmer. We reccommend the Winter Wren for alpine climbing, big wall climbing, three season backpacking or combine the Winter Wren with a down jacket and down booties to extend the temperature rating for winter use. We stock the Winter Wren in Epic by Nextec and can make it in other configurations on a custom basis. All custom work, including color choice, adds to the price and production time. Please call for complete details.

Rock Wren
35°F/1.7°C
Specification:
Girth: 60/56/50
Loft: 4"
Fill Weight: 11.8 oz
Average Weight: 27 (oz)
The Rock Wren was a revolutionary bag when we introduced it, and its functionality is still just as useful today. If imitation is the sincerest form of flattery, the number of knock-offs trying to copy this bag speaks volumes. A two way zipper comes halfway down the front of the bag and zippered arm openings let you wear the bag while cooking or reading. The drawstring closure at the bottom allows you to pull the bag up and walk around, still surrounded by warmth. You will appreciate this when nature calls at midnight, or when packing your bicycle panniers on a frosty morning. We stock the Rock Wren in Epic by Nextec and can make it in other configurations on a custom basis. All custom work, including color choice, adds to the price and production time. Please call for complete details.

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

rwalkerさん、こんばんは。
フェザーフレンズで直にご覧になられてたとは羨ましいです。私も一度ショップ見にいってみたいです。
RockWren、1988からあるみたいで(http://www.featheredfriends.com/productlist.aspx?SubCatId=4&CatId=1&selection=4)結構息の長いモデルです。欠点もあるけど需要もあるのでしょうか?たしかに狭くて段取りの悪い場所では利点あります。

実際にオバQっていうニックネームあったとは(笑)

No title

こんばんは。
これ、昔欲しかったモデルです。
でも、フェザーフレンズで現物見たら「ジッパー部分にはバッフルがない」ので、悩んだ挙句やめてしまいました。

>これはデザイン上意図して作られた訳ではないと思うが
たしかにへネシーハンモック用ではありませんが、壁に吊るした(担架のような)ハンモックや、狭い岩棚でのビバーク用だったと思います。
寝袋に入ったまま調理などできるので、狭い場所でも楽ですし、ゴツイ登山靴を脱ぐ必要が無いので、腰掛けられる程度の幅でも使えますし。

>オバQ
昔、カグールがそうのように呼ばれていました。
私の持っている米軍のマウンテンアノラック(朝鮮動乱当時のモデル、膝丈)はリバーシブルで裏が白なので、そのまんまです。
ドイツ軍山岳猟兵用アノラックも裏が白ですが、こっちは丈が足りません。

No title

bphiroさん、結局既製品を使っている限りはあちこちの受け売りばかりになりますが、自分で使ってみないと(自分にとって)良いとも悪いとも判断できないので右往左往してしまっているだけです(笑)もし少しでも何かの参考になれば幸いです。
>LuxuryLiteのVbag
是非試してみてくださいッ!

No title

nasuminさん、RockWrenはレイヤードするジャケットを変えることでかなり幅広く使えそうです。ただもう少し軽いとさらによかったのですが・・。収納もコンパクトで気に入っています。

No title

微四度兄さんの製品への探究心にはまいりますね(^_^)
次から次へと、調査のアンテナが張り巡らされていますね!!
僕は、その結果の良いものをちょい貰いにまわろうかな>^_^<
LuxuryLiteのVbagは良さそうな感じがしますね!

No title

beyondxさん、こんにちは!
またまた面白そうなシュラフを手に入れてお使いですね。
私も数年前にSleepwalkerというシュラフを買おうとしたのですが、ちょっと重いので見送りました。
http://homepages.ihug.co.nz/~ryu.t/regular/sleepwalker.html
フェザーフレンズのは欲しいかも!

No title

河童さん、極限状態での使用には細部が甘いデザインですが、クルマの運転も着たままできるので車中泊にも便利です。
オバQは思いつきませんでした(笑)白色だったらそう呼ばれていたかもッ!

No title

これ良いね!使えそうです。「オバQシュラフ」って名前つけて、って古い?  ^^;

No title

ツォンさん、毎度ッ!
手持ちのフェザーフレンズのブーティーがEpic赤だったのでお揃いにしてみましたが、立ち上がったときのルックスは予想外でした(笑) 画像もらって貼り付けてみました。
>トラックバック
検討してみます。トラックバック機能についてあまり理解していませんでしたので、機会あれば試して勉強します。
>参考リンク
怖すぎますョ(笑)

No title

こんにちは、ツォンです。

その辛子明太子よさそうですね(笑)。 それとLuxuryLiteは他のUL系メーカーと異なるアプローチがいいです。全体的にもっと軽く、お値段お安くしてくれると購入動機が出るのですが(爆)。

それとズーと気になっているのですが、SHMWの記事等はブログを書かれている人達でトラックバックをかけ合った方が盛り上がるし、見るほうも見易いように思えます。辛子明太子の画像も大変参考になりますし(笑)。

参考リンク(RockWrenを着るとこんな感じ?)
http://www.kewpie.co.jp/tarako/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。