スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MSR WINDPRO

MSR WINDPRO
パタゴニアの「スティーブ・ハウスがヴィンス・アンダーソンをパートナーに2005年9月にナンガ・パルバットのルパール壁をアルパインスタイルで初登を達成した際に持参したギア」というビデオの中でスティーブがcanisterをupsidedownでも使えて・・と説明しているのを見てこりゃカッコいいと仕込んでいたwindproを雪山で実験。
MSR WINDPROの逆さ液出し燃焼についてはulgさんが詳しくレポされている。

結果、very good!!
ガスなので取り扱いは楽だし、火力も強い。湯沸しの時間を計測してはいないが雪を溶かしてお湯にしている間に大してストレスを感じることはなかった。湯量を揃えて比べた訳ではないのであまり参考にならないが、隣でお湯を沸かしていたジェットボイルよりも早かったんじゃないだろうか。ウィンドスクリーンを使用していると少々の風でも燃焼状態は安定しているし、断熱性の高い木製の台等を工夫すればテント内でも十分使えそうだ。

本体重量 193g
windscreen and heat reflector 63g本体+windscreen and heat reflector 255g


windpro本体はスノピのチタントレック900に十分収まる。ウィンドスクリーンとリフレクターは無理やり入れれば入らないこともなかったがシャベルと一緒にパッキングした。

今回1泊2日の行程でキャンプを楽しむ時間が十分にあったので調理以外に雪を溶かす実験遊びをしたり、はたまた翌日は氷点下のままの時間が長かったので、スノーペグ代わりに根元まで突き刺していて氷結して抜けなくなったピッケルのレスキュー用にお湯をわかしたりと大活躍だった。使用後の重量 241g
出発前に計測して缶側面にメモった重量はキャップ込みで372gだったので、今回のガス使用量は約130g。

今回、雪を溶かして作った水の量は余裕で2L(重量換算2kg)は越えている。ってことは雪山へは水を担いで上がるよりも、燃料を担いで上がる方が、重量的には効率が良い。しかも相当に効率が良いということが自分でも実証できた。

スティーブとお揃のMSR WINDPRO、雪山にはとても良いッ!!


ピース!!(・ ・)v




関連記事

コメント

非公開コメント

No title

jsbさん、バーナーヘッド換装、バッチリの完成度ですねぇ!素敵ッ!!

ところでジェットボイルの塗装もすごいですねぇー!炎のあたる表面の色で熱の吸収率が変わるっていう理論もすごいし実践されてるのもすごいと思います。(http://ikaros.air-nifty.com/ikaros/
私も今、ジェットボイルを改造してまして・・、是非この塗装もやってみたいと思います。黒色耐熱スプレー買いにいきまーす。

新緑ウェルカムフェアー中にいろいろ勉強させて頂きます(笑)

No title

http://homepage1.nifty.com/jsb/stovecorner/konro4.files/NEC_0032B.jpg
バーナーヘッドの換装といっても、全自作に比べれば、チョロイです(笑)

JETBOILに黒い耐熱塗料を吹き付けたらドーンと 沸騰時間が短縮。
アルミ缶に、簡単なリブ加工法が見つかりました!
マジックバーナーver3は、10g 風防の外から吸気出来るので
酸欠になり難い、そして 30mmの低いゴトクで充分
などなど
JSBサイトは、新緑ウェルカムフェアーの真っ最中
ぜひいちど、お越し下さいませ (笑)

No title

ulgoodsさん、記事読みました。以前にも読ませて頂いたことがあったと思うのですが、読み返してみてもあらためて気付く点が多く参考になりました。
MSRのストーブ台持ってないのでわかりませんが、ulgoodsさんが自作しておられた折り畳み固定台のようなモノがテント内で使う時の熱対策的にも具合よさそうな気がします。

HyperFlow、届きますかッ!うらやましいです。私は先週backcountrygear.comに問い合わせたらもうすぐ入荷という返事でした。他ではもうin stockになっているお店多いので、backcountorygearはちょっと遅いかもです。REIのメンバーシップ割り引きいいですね、私も会員になろうかな。

No title

jsbさん、バーナーヘッドの換装って、スゴイ改造ですね。さすがッ!

Windproたしかに倒立時のバランスには気を使いました。メッシュホースが剛性強くてひっくり返しそうでした。ロータリージョイントならクルリと上下逆さに出来て便利そう。

No title

アイシングはJSBさんに教えて貰ったんですが..
2006/11/1の記事の最後に経験したことを書いてあります。参考になれば幸いです。
あと、JSBさんもご指摘ですが、ホースを捻るので、ストーブに力が掛かりますね。鍋を外した瞬間に横向き噴射しないように気を付けないと。テント内で怖いので、足が固定できる折り畳み板を使っていました。WindproもMSRのストーブ台に固定できますかね?

そーいえば、別の以前の記事ですが、MSRの浄水器が週末辺り到着予定。20%OFFクーポンがあったのでREIからです。

No title

うーん、くやちい(笑) ulgoodsさんに全部書かれてしまった
JSBは、バーナーヘッドの換装を行っています(爆)
ZIPPOのものに。

Windproの難点のひとつは、ロータリージョイントになっていないこと
設計が古いためか、倒立ボンベにすると、燃料配管の処理が悪く
ちょっと扱いにくくなってしまう

No title

ulgoodsさん、こんにちは!
御意! 冬期の「ガス液出し燃焼」非常に有効だと思います。もっと広く理論&方法論が述べられてもよいのに・・、危険性を理解して自己責任で行うメリットは十二分にありと感じました。
>このストーブはバナーの径が大きいのがちょと困っています。もう少し小さければ。
小型が出るとヤバいですねぇ。欲しくなりそうです。
>Jetboilも
液出し??夏場のアイシング対策??勉強不足で御免なさい。よろしければまたご教授くださいm(._.)m

No title

こんにちは。やってますね!
寒い時はガスの液出しが吉と信じています。
安いガスでも良く燃えます。火力調整が難で煮込みはアレだけど、一点だけスイートスポットがあります。鍋サイズにも依りますが、うまく探り当てれば煮込みも出来ます。
ブタンはガソリンより分子量が小さいから、単位重量当たりの熱量が大きいのも魅力です。雪山に複数で行く時はデカイ500缶持てば安心だし。再充填が利かない点を除いてはガソリンを持つ理由はあまりないですね。ただ、このストーブはバナーの径が大きいのがちょと困っています。もう少し小さければ。廃盤のRapidFireなんて丁度良い感じかなと思っています。

Jetboilも液出し出るけど、鍋が専用になるのでイマイチ惹かれなくて困っています。夏場のアイシング対策は出来ているんだろうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。