スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JETBOIL SHORTY ジェットボイルショーティー

JETBOIL SHORTYとJETBOIL
バーナーは内部に納まる。
ジェットボイルショーティー 123g (カップとコジーのみ重量)
ノーマルジェットボイル 204g (カップとコジーのみ重量)
カップとコジー(コジーのハンドルも)をチョップして約80gの軽量化。
本体体積は随分コンパクトになった。ガス缶は内蔵できなくなったが、本体とガス缶を別個にパッキングできるので収納性は良好。
ショーティーのカップ容積は摺り切りで500cc+。 300ccは余裕で沸かせるのでカップヌードルには問題無し。
jsbさんのJetboilカップ(So beautiful!!)を参考に穴あけ加工とブラック塗装(穴あけ加工はスーパーランダム、耐熱塗料は間に合わせだったのでなぜかツヤ有、しかも乾燥する前にイジクッて悲惨な仕上がり。)
カップのリップ部の折り返しがなくなった分、コジーをギリギリまで伸ばしているが、フタの閉まり具合は随分とゆるくなっており、注ぎ口からお湯を注ごうとすると注ぎ口以外からもお湯が出る。

<追記1>
今回カットしたラインはMAX SAFE FILLって刻印の上端ライン

<追記2>
こうして見ると結構ヨコの窓は広い

<追記3>



ピース!!(・ ・)v
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

JSBさん、追従だなんでとんでもない!もともとはJSBさんにinspireされての行動です。
少し大きめにカットされたのですね。
盛大にお湯が沸くと吹き零れが飛び跳ねて近付けなくなりますから大きめの方が実用的だと思います。

>蓋はatrixのハンドクリームの蓋がピタリサイズ
誰かの使用済みを虎視眈々狙ってみます。

>約40mm切り取っただけで
少しの違いですが、軽量コンパクト化のメリットは図り知れないものですね。
筒状容器が短くなってカップ形状に近付くので余計使いやすくなるのかもです。

No title

そろそろ追従させてもらおうと(許してネ)
思い立ってJETBOILの高さ133mmで、カットオフしました
500mlまで気軽に沸かせます。600mlだと、そばに
着いていないと、吹き零れそう(笑)
蓋はatrixのハンドクリームの蓋がピタリサイズ
チューブ巻きつけの込み込みで 140gです

約40mm切り取っただけで、逆に使いやすく感じて驚きました!
もっと早く実行すれば、良かったなぁ(反省猿 JSB!)

No title

JSBさん、BPLサイトにまでご発表とはッ!worldwide突き刺すストーブ同好会、火出ずる国からさらに熱き炎をッ

No title

>お詫び
だなんてとんでもないですよ。こちらこそ仮実験まで依頼してしまいました。あの成果にもとても勇気付けられました。ありがとございます!

せっかくの実験成果なのでBPLサイトの自作コーナーにUPしました。
飛び抜けた仕組みや改造などは、認識されるまでに時間が掛かります
すぐに反響があるとは期待していませんが、地道に進めて行きます。
ps。分解写真で、混合管内径と長さ、吸気面積などまでも算出出来ました。心から感謝しています

No title

JSBさん、稚拙な実験&レポのお詫びにバーナー部分解写真をアップ!
4ヶの吸気孔が結構頑張っていたのかもしれません(素人の想像)

No title

http://pds.exblog.jp/pds/1/200805/02/74/c0134174_1443042.jpg
詳細説明しておきますと、この写真のようなバーナー機能があれば
混合ガスを横方向から導いて来ても、まともに燃焼できるという意味になります。
そのプレートの下面で擦り切りして完全に締め切ってもOK!?
という話です(もちろん保証外)
JSB 俄然やる気になりましたよ!

No title

了解です、ありがとう!吸気がダメになるのを期待していたのですが
さすがに100余年の歴史は伊達ではなかった(苦笑)凄いことです

真下からの吸気を完全に締め切っても見た目だけでは
ほとんど変化は見当たらないようですね
(短時間で、しかも保証されたわけではありませんが)

プリムスのMMF?だっけ、細かい網目模様のバーナーヘッドの効果が
効いているのかも知れないなぁ。純正品でここまでOKならば
JSBの密造品も、これを目標にしてチャレンジしてみる価値は大です

あちこち変化させながら、肉薄します! 佳作でも(爆)

No title

JSBさん、<追記2>の画像ご参照ください。
アルミテープを持ち合わせていませんでしたので、アルミホイルで塞いでみました。 折り畳んで吸気窓の上に置くだけ、密閉できないので全穴塞ぎで。
カップをセットした状態でも結構ヨコからの給排気状態がよいのか、お湯を沸かすくらいの時間では、見てわかるような不完全燃焼状態は確認できませんでした。何度かやってみましたが・・。
こんな実験でよかったでしょうか?

No title

JSBさん、早速実験してみますので、少しお時間ください。

テント内一酸化炭素中毒(怖)

No title

2番目の写真、真下からの吸気窓、半分ぐらいをアルミフォイルで塞ぐと
かなり不完全燃焼になるのでしょうか?

可能でしたら。純正バーナーを持っていない、JSBの替わりに
お時間あるときに、炎の様子などをチェックしてみてくださいませんか

真下からの吸気の重要性
以前、タイメイさんが、スノピの地ストーブと純正ウインドスクリーンと
JETBOILのデカいポットなどを組み合わせてテントの中で燃焼させたら
風に左右されず一見良かったそうです。調子に乗ってやっていたら
突然、頭が痛くなり、ストーブを止めようとした。すぐ目の前のストーブまでなかなか身体が動けず、死ぬ寸前だったと写真入りでレポくれました
ゾンビみたいな目付きでした(恐)

No title

bphiroさん、
好奇心には勝てませんでした。 が、チョップしてみると結構かわいくて良い感じですョ。
タテにもヨコにも掴めます。

No title

aaaaaあ~チョップしちゃったのね~
チャレンジャーですな!兄さんは(^_^)v

No title

了解です。完成品ではありません。基本キットみたいなものです(笑)
マトモに使えるか分かりませんが  発送の準備します

jetの前後位置の調整、改善、その他、自責でやっつけて見てください

ではgmailのアドレスへ送り先知らせてください

No title

jsbさん、
ガイドラインがなかったので、300cc沸かせてオリジナルのバーナーと蓋をセットできる容量とてみしました。

>Tzstoveさんのblogにある、コレ
あッ、この蓋ステキ!

>JSBのを
是非お願いしたいですッ。 昨年同様使いこなせないとは思いますが、このバーナー、なにやらすごい可能性を感じます。 stove同好会のレベル向上に技術的なお役に立てるとは思えませんが、興味と志は熱く持っております。 火遊美志隊。

No title

SOULFULL ARTS
静観していました(笑) やはりこのぐらいの容量が適切な印象ですね
フタについては
Tzstoveさんのblogにある、コレなどいかがでしょうか?
http://alcanstove.exblog.jp/7325270/

自立に拘っている
   JSBのを使って頂けるようでしたら、似た物を送りましょうか
何かの参考ぐらいになれば、、、、
 stove同好会の レベル向上にご協力を(爆)
http://ikaros.air-nifty.com/./photos/uncategorized/2008/04/24/ssimg_3017.jpg

No title

タクさん、お待たせしておりましたッ!やっとエビちゃんとこに行く時間できたので試作品上がりました。Tent Sessionで見てやって下さい。

オリジナル寝袋企画進んでるんですねッ! 楽しみやなぁ。

No title

ついにでたー!やりましたなー。さすがエビテック職人魂!
こんどのテントセッションで見れるのが楽しみですー。
噂のオリジナル寝袋企画も順調に進んでおりますでー。
ヴァージョンアップしながら、ヤバイのができそうな感じです。
来月中にはできるかもしれません!完成お楽しみに!!!

No title

ツォンさん、バーナー換装モノ、きれいな仕上がりですね。私的にはジェットボイルは、フル装備で自立、カップだけでも自立、ガス缶なしでも自立、と自立にこだわりたい所です。

ストーミーストーブ、売っている所は知りませんが、メカっぽくて面白いですね。ツォンさんお好きそうです。

No title

kaji(風邪)さん、イジッってみてあらためてオリジナルの完成度の高さにリスペクトって感じです。オールインワンパッケージだし、扱いやすいしホントいい道具だと思います。ちょっと重いしちょっと大きいですけど・・。全体的に小さくなればいいんですけどネ。

No title

おお、こういった改造ですか。バーナー部を改造すると63g程軽くなるらしいよ(悪魔のささやき)
参考サイト
http://mountain-equipment.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_accb.html
オイラは挑戦しましたが、挫折中。

ストーミーストーブ(かつては日本でも販売されていたらしい)だと液出しが可能のよう。簡単に買える海外サイトがありましたら宜しくお願いします(笑)
上記サイトの別記事
http://mountain-equipment.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/jetboil_f99f.html

No title

昨日、タクさんとまさしくこの話をしてました。

ビックリした~

たしかにデカすぎますもんね。純正。

No title

夜明けのランブラーさん、
jsbさんのサイトだったかコメントで存在は知っていたのですが、短くした画像を発見できなかったので手探りでやってみました。おもちゃっぽい仕上がりですが、実用できそうです。
蓋の加工なにかお知恵ございますれば拝借させて下さいm(._.)m

No title

エロカチョウさん、
チョップト by エビテック。 でも理想の仕上がりはhttp://ikaros.air-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2008/04/24/ssimg_3013.jpg

No title

河童さん、
やっちゃいました。 少しもったいないかも・・。

No title

おお、こんな手があったとは!
久々に感動するカスタマイズを見ました。
蓋側に何か手を加えるとピッタリいきそうですね。

No title

わっ!ホントにやっちゃったんですね!!
ブラック仕様激シブですね。

No title

おぉ。。。来ましたね!
これは買いですなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。