スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sand blast - Shot 加工

jetboil shortyと同じくスノピチタン450と900にもsand blast - Shot加工


チタンマグ450。下部のみ加工。マットな質感がいい感じ。商品名のプリントはマスキンに使ったガムテについていった。チタン900。全体にやってしまった。マットな質感が金属じゃない様な感じ。ツヤが消えてまるで石のような質感。ショットマシンとショット加工風景。画像では解らないがチタン表面は砂があたって細かい火花が飛び散っている。やはりアルミよりも相当硬い。
powered by ebi-tech
石器のようになったチタン900。水に濡らすとはじかずにしっとりと染み込む様な感じ。炎と熱も染み込むように吸収してくれる事を願う。
またまた突然ショット加工してしまったので、加工前に湯沸し燃焼試験データ取れておらず、未加工の同モデルを持ち合わせてないので比較燃焼実験が出来ない。
単体での使用感はなんとなく沸くのが早くなってるような気がする(希望的)し、加工表面がすべり止めになってゴトク上での安定感はとても良い。
なんとかして比較実験してみる。

ピース!!(・ ・)v
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

タクさん、おもろいルックスでカッコいいでしょー!900の方もせめて下4分の1ぐらいまでにしておくべきでした。
チタン相当硬いみたいでえらい時間が掛かりますゎ。
450ぐらいが適当かと。
また持って行くんで見てください!!

No title

やってる、やってる!マットな質感がミリタリーっぽくてCOOL!
あとは、実際お燃焼データに期待するのみっすねー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。