スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RAY WAY PRODUCTS QUILT KIT

Ray-Way Quilt Kit + Ray-Way Sewing Thread "Thread Pro"到着

over-compressingを避けるためにlarge boxで発送するってサイトに書いてあったけど、マジでデカい箱で来た。over-Alpine Upgrade
ノーマルは0.75"のtwo layersのところ0.9"のtwo layersで 28°F対応らしい。
RayさんはこのAlpine Upgradeでかなりの高所までハイキングしてるそうなので、どんなもんか体感する為に選択。ってゆうか、今回のRay-Way Quilt Kit購入自体がRayさんのBeyond Backpacking(1 2 3 4)をより具体的に理解する為って感じが強い。箱の底にはナイロン生地、説明書と糸箱の中はほぼ中綿が占めていた。これってバックパックに入るんかいな?ってぐらいデカい。ま、コンプレッションすれば入るだろう。Dual-Colors
top layer: Cloud-White、bottom layer: Black
白いスリーピングバッグをあんまり見かけないので表を白、裏は天日干しに効果的な黒にしてみた。説明書9枚もある。着後すぐに開梱してinsulationを取り出し、可能なら床に2,3日広げておいてって事だったので、取り敢えずホコリの影響少なそうな空いたクローゼットにポイ。
こうやって中綿を眺めていると、キルトやスリーピングバッグってゆうのはそんなに難しいものじゃなくて、実はすごくシンプルな保温道具で、この目の前にある中綿のようなinsulationを保護するために適当な皮で覆っただけのモノなんだなと改めて思う。
縫うの面倒臭いからこれ纏って軽量bivyかスリーピングバックカバーの中に入ってればいい様な気もしてきた。使用後に取り出して乾燥させるのも皮無しの方が超早そうだし・・。
悩み続けているスリーピングシステムに関して新たな着眼点を持てた様な気がする。
で、結局悩みはどんどん深くなっていく(多分)。

サマーシーズンの軽量ハイキング装備リストにコイツを加えられるかどうかはミシンの腕次第。マジで不安。

ピース!!(・ ・)v
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

つぉんさん、ミシンを使っての縫い物がこんなに楽しいとは思いませんでした!!
キルトも作りだすと、思いのほかすぐに出来ちゃって、次は何を作ろうかと考えているところです。
タープ作り、手間賃まで頂けるんならこちらからお願いしたいくらいです。
って言ってみたい・・。
応援ありがとうございます。
未知の領域(裁縫)に向けて、今、精神を集中しているところです。

No title

頑張って!

タープ作製時は、オイラの分も蚊帳付きでお願いします。手間賃五千円でどうだ(笑)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。