スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CAMP CORSA + MIZO チタンスコップ


mizo チタンスコップ 284g
ゴムシート(滑り止め) 15g
CAMP0 CORSA 210g


ULA-EQUIPMENTのHelix Potty Trowel(150g)というカーボンシャフトの超軽量ピッケルとLife-LinkライフリンクのPit Boss(800g)というシャベルを雪山用に使っていた。ピットボスは本格的なシャベルで雪山でとても使いやすく、頼りになる最強の携帯用シャベルだが、やや重い。ピッケルとシャベルの両方では950gと結構な重量と嵩になっていた。
で、Mizoのチタンスコップに変更。スコップのシャフトをピッケルで兼用するのに、カーボンピッケルだとスコップとの接合部が強度的に不安なので、金属ピッケルでは恐らく最軽量のCAMP CORSAと組み合わせ。接合部にゴムシートをはさむと結構しっかりと取り付けできる。
チタンスコップ(実測重量 284g)+CAMP CORSA(実測重量210g)+ゴムシート(実測重量 15g)でTotal 509g
システムで差し引き441gの軽量化と大幅なコンパクト化に成功。
スコップの使い勝手は最強シャベルに比すると少しは犠牲になっているが必要最低限の実用性は確保できている(Mizoスコップはbphiroさんが実地テスト済み)。

今シーズン最後の雪山ツアーに行きそびれたのでデビューは来シーズンに持ち越し。


ピース!!(・ ・)v

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

rwalkerさん、ワンタッチで結構しっかりと締まります。ピッケルのシャフト固定にはゴムシートで実用強度得れていそうですが、改良の余地はありそうです。

No title

このMIZOのスコップは、昔BDから出ていた物とほぼ同じ形ですね。
オリジナルは土も掘れる強度があり、頑丈で軽くコンパクトだったのですが、ブレードが小さく雪を掘るには効率が悪いせいか廃盤となってしまいました。
シャフトへの固定は、WW1時の独軍スコップと同様、金属リングをスライドさせるものだったので、操作性はイマイチ、固く締めすぎると外すのに一苦労です。
その点、こちらはストラップなので楽そうですね。

No title

河童さん、フルチタンでご愛用ですかッ!チタンピッケル魅力的ですが重量が少しあるので見送っています。(ほんとはプライスすごくて手が出ません。)
チタンシャベルを河童さんがご愛用となると私的には安心感が高まります。
カーボンモノですが、ULAのウェブ見てみますと、ずっとout of stockだった最軽量55cm4.5oz(約127g)がin stockになっています。チェックです!

No title

ミゾーのチタンピッケルとシャベルは長年愛用しています。
>カーボンシャフト
これは知らなかった・・・・。チェックですね!

No title

bphiroさん、BCツアーって必要な装備がホントに多いですね。
しかもどの装備も手を抜くと命にかかわりそうな感じやし。
BC悪天候特攻隊長のbphiroさんが装備されるのを見て、即効でコピらせて頂きました。スコップ料理も是非ご一緒に!
ゴムシート部分はもう少し詰めてみます。

No title

うん、MIZOのシャベルは個人装備としては軽量で良いですね!
僕はオリジナルのモールを購入しましたが、やはりピッケルを代用した方が一石二鳥でいいでしょうね。
僕のピッケルはグリベルので少し重いんですよね・・・(+_+)
でも、オリジナルモールより柄が長くなるからいいかも!
やっぱりピッケルの径が小さいからゴムシートをかまさないとグラグラですもんね・・・
このゴムシート失くしそうだから予備があった方がいいですよね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。