コメント

非公開コメント

No title

SGT. Mさん、
>米Amazonでご本人が$34の値を付け出品していたのを(新品)購入しました
いいなぁ!新品でしかもご本人出品で$34とは、お安く買えたのではないでしょうか!
以前に同じくamazon.comで程度そこそこの中古を買を$70近く(+送料)出して買った記憶があります。
>該当ページ
恥ずかしながら和訳を適当にごまかしている部分の意味がいまだにわかりません。

>MHWのCanyon shirt
良さそげですね。しかも半額近いお安さでご入手とは素晴らしい。
国内からですか?私も欲しーです。
素材とエリとサイドのギミックが素敵です。

>せめてあのロゴさえ
画像ではわかりにくいですが、もしかしてお袖の横に大きく・・

No title

> Beyond Back PackingのClothingという章の
ありがとうございます。
本日該当ページを確認いたしました。
今さらながら入手いたしました。
改訂版を執筆中ということですがいつになることやら。
お陰で米Amazonでご本人が$34の値を付け出品していたのを(新品)購入しました。(今見たら値上がってる……)

こちらも今さらながら半袖のMHWのCanyon shirtの機能の良さに感心しているところです。
ベンチレーションの良さと、商品写真では見にくいのですが日焼けから首を守る為に襟にはエクステンション(カラー)が気に入りました。3,500円でした。
普段着には出来ません……せめてあのロゴさえなければ……

No title

出が紋さん、
>猛暑の時期には、ブーニーハットと襟付きのジップシャツのほうが有効ですね
そうですよね!
>ゴアテックスライナーのレインハット
蒸れがやばそうです。
>L.L.BEANのサイトで、バグネットのついた”Allagash Bug-Net Trekking Hat”
便利かも。

No title

横から失礼m(__)m。
確かに、今時分の猛暑の時期には、ブーニーハットと襟付きの
ジップシャツのほうが有効ですね。
現在、襟付きのジップシャツはこれを↓使用。
store.uniqlo.com/jp/CSaGoods/155989-64

ハットは以前、モンベルのゴアテックスライナーのレインハットを
使っていましたが、夏場は結構蒸れるので使わなくなりました。
今はキャップ派ですが、すぐなくしてしまうので安物を使っています。
変り種といえば、L.L.BEANのサイトで、バグネットのついた
”Allagash Bug-Net Trekking Hat”を発見しやした。

No title

rwalkerさん、
>日光のきつい、暑いところでは有効ですね
確かに夏場にいいですね。

各国いろいろなパターンのブーニーがあるんですねぇ。
米軍デザートタイプのを紛失してしまい、近くの店で探しましたが見つからず、現在はウッドランドを使用しています。

No title

ハットはキャップよりもクラウンが高い物が多く、頭頂部に空間ができるので、日光のきつい、暑いところでは有効ですね。
芯のある素材だと、落下物からの保護にもなります。

>ブーニーハット
つばが小さい、ノスタルジーを感じるパターンのオージーモデルも良いです。
http://www.platatac.com/www/182/1001127/displayproduct/1060679_1024557_.html

カナダ軍の前のモデルは、前部にはキャップ様の芯が入り、後ろはチロリアンのように折り返すようになっていて、内部には耳あてが折りこまれており、機能的に優れています。

No title

creepさん、床のないシェルターで地面に紙のような敷物を敷いて寸足らずのクッションに寝ころぶばかりでは知らない人には一目見てビックリされるので、服装だけでも少しは小粋に・・と考えています(笑)
っていうのは冗談で、先日ブーニーハットを試してあまりに調子いいのでハットスタイル提唱派となりました。そして首周りの日焼けに苦しみ、襟付きシャツ提唱派にもなりました。前面が開くシャツは換気がよいです。

トレイルランナーですかと質問されるような格好で歩いていると、走るのをサボっているみたいなので、堂々と歩けるスタイルを探しています(笑)

No title

(続き)
>モノは揃っているので次のお山はこのスタイルで
是非ハット&シャツスタイルで粋に決めちゃってください。SGT.Mさんならバッチリお似合いになると思います!
そしてお山にファッショナブルな風を吹かせてください。

>似合っていると自覚することが大切ですw
思い込みのみで私も挑戦してみます(笑)

No title

SGT.Mさん、ペツルの方はポロシャツですよね。ハットがあまりにカッコよかったのでつい・・。
SGT.Mさんの提唱されている春夏のお山スタイルにも近いのではないかと思います。

>ハットは下のようなアウトドア用でないほうが粋ですね。
仰る通りでございます。

Beyond Back PackingのClothingという章のGarment descriptionsという項目の中に"Polyester shirt"という記述があります。
「my hiking shirtはshort sleeve, loose fitting, and made of lightweight polyesterで、通気性がよく、驚くほど早く乾くので洗濯も容易。他のナイロン等の100%合成素材(Supplexやtaffeta)も良い。お勧めの衣類の中でもシャツはとてもシンプル。換気に前面を全て開放できるし、ボタンで閉じられる。立て襟は首の後ろを日焼けから守る。コットンを全く含んでいない点を除けばカジュアルなドレスシャツに見える。暖かい時は単独で、寒い時にはレイヤーのインナーとして着ることができる。非常に気温が高いときのハイキングの服装の選択肢としてシャツ無しもあるが、社会的には不適切である。・・・。」
てな事が書かれています(多分)。

No title

僭越ながら、sgt.m殿に続かせて頂きます。
自分もこのstyleがいいな~と思いながら、まだお山では実践出来てはおりません。

camp遊びでは、積極的に色々なストロー系のハットを被って遊んでますが、、、まーそれって普通ですねw
中折れしない方がより「粋=ジェントル」かと思います。
つい折りますがw

No title

ハットは下のようなアウトドア用でないほうが粋ですね。
ペツルのパナマ帽の方はポロシャツに見えますけど。
「ビヨンド〜」にはシャツの有効性とかの記述があるのでしょうか。

モノは揃っているので次のお山はこのスタイルでと思っております。
似合っていると自覚することが大切ですw