スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エバニュー チタンウルトラライトクッカー1

エバニュー チタンウルトラライトクッカー1容量 600ml(200mlと400ml部分に目盛り有り)
実測 93g(蓋込み、ハンドル部分のシリコンチューブ5gを取り除いた重量)


画像奥はスノーピーク極のカップ&蓋(容量300ml、重量65g)、Backpackinglight.comのチタニウムウィングストーブ(11g)と自作ウィンドスクリーン(百均のレンジフードから自作 重量10g)との組み合わせで超軽量コンパクトなクッキングシステム(重量86g)として機能する。
フリーズドライやカップヌードル、コーヒー用の湯沸しには十分だが、普通の袋入りインスタントラーメンやエスプレッソパスタを調理するには容量が少し足りない(袋入りインスタントラーメンを2回に分けて作った経験有り)。

エバニュー チタンウルトラライトクッカー1は、Backpackinglight.comのチタニウムウィングストーブ(11g)と自作ウィンドスクリーン(百均のレンジフードから自作。重量12g)との組み合わせで袋入りインスタントラーメン等の調理もなんとかできる少し贅沢なクッキングシステム(重量116g)になる。

ピース!!(・ ・)v
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

iwasabiさん、楽しみにしています。
書を持って山に行くスタイル(やはりお酒も必須でしょうか?)、素敵だと思います。

No title

(続き)
スノピ600はウィングストーブにうまく載りますし、コンパクトで丈夫なので欲しいマグの一つなのですがまだ買えていません。
チタニウムウィングストーブはうまく使うと装備の小型軽量化には大変有効なストーブですので、試されてみる価値はあると思います。
今後ともいろいろとお気づきの点がございましたら是非お教えください。

No title

iwasabiさん、はじめまして!コメントありがとうございます。
チタニウムウィングストーブでお湯を沸かす場合、最優先は蓋よりもウィンドスクリーンだと思います。
非力な火力なので風があるとただたんに燃料を燃やすだけということになりかねません。
蓋の有無による湯沸し時間の実験は小学生の理科の時間にやって以来経験がありませんが、当時に納得のデータを見た記憶があります。
家庭内の強力なガスコンロで湯沸かしするときも体感的に(あくまで体感ですが・・)納得できるくらいの蓋の効果を感じますので、エスビット等の非力な火力の場合はより一層の効果があると思いますし、そう感じます。
データを取ったわけではありませんが、縦型よりも蒸発面積の広い横広型の鍋のほうがなおさら蓋の効果はあると思います。
湯沸し効果のためだけならば蓋は特になんでもよくアルミホイルを被せておくだけでもOKです。

No title

はじめまして、いつもロムばかりさせて頂いてます。

先日六甲デビューした帰りに某芦屋川の店でチタニウムウィングストーブを実際見てみて小さいなと感じました。
店の方は上にのせるナベはスノーピーク600mlチタンマグを奨めてましたが、蓋が無いので思案してました。
蓋の有る無しでは、やはり沸騰までの時間に大きな差がでるのでしょうか?
と気になる毎日を過ごしております(笑)

No title

nahoさん、どうもありがとうございます。
nahoさんもプランご存知だったのですね。どちらにせよ残念です。
新しいお道具もゲットされ、準備は着々と整っているようで楽しみです。

>リベンジを楽しみに
ご期待に沿えるよう頑張りまッす!

No title

(>_<。)
腰、痛めたのですね。
残念です。お大事にm(_ _)m
あたしもどこかで待ち伏せ(合流)したかったのですが、山女の友達が仕事を休めるか分からないのでまた次を楽しみにします。
ま、その前に山女から、まだまだnahoには 無理って言われました。上高地あたりで待ち伏せできるのがせいぜいかな?
その山女と山道具の店に行きました。新しい仲間(ライトとナイフ)をゲット!

リベンジを楽しみにレポート待ってます。

No title

(続き)
>お盆山行
ありがとうございます。bphiroさんにお誘い頂いていたのですが、腰を故障してしまっていけそうにありません。お盆が終わってから休みがとれればゆっくりリベンジしたいと思います。もともとお盆休みもあってないようなものだったので事務所で留守番しています(負け惜しみです)。
SGT. Mさんはお盆はどちらでしょうか?よいハイキングになりますように!

No title

SGT. Mさん、驚いたことにちょうど先程ここのサイトを見てビビッてたんですが、もう一度ビビリました。
オリガミポットのアイデアは衝撃です!実用できるものなのでしょうか?
このポットを購入して実験する勢いはありませんm(_ _)m
一番見入っていたのは↓のページです。サンダルマンは手作り達人ですね。
http://www.zpacks.com/about/pct_gear.shtml

見せて頂いたBPLのポットが気になっていろいろなサイトを見ているうちにBrassliteのサイトでエバニューが載っかってるのを見て手を出してしまいました。
エバニュー600も気に入っていますが、やっぱりBPLの500は絶妙なサイズですね。

>蓋がしっかり閉まるのが
同じようなフォルムでも仕上がり具合がいろいろとあるのですね。 実際に手にしてみないと解らない情報なので助かります。

>蓋が取り難いのはイラっ
わかるような気がします。

No title

ラーメンなら27gのこれで。
作れるけれど食べられないかも。
http://www.zpacks.com/accessories/origami.shtml

先日お見せしたBPLの500ですが、
蓋がしっかり閉まるのがお好みならばCaldera Ti-Trの付属
http://www.brasslite.com/OrderForms/cookwareOrder.html#600mug
こちらの方が作りが良いというかBPLが÷すぎる……質感も良いです。
人によっては注ぎ口の無いケトル形状(ex.MSR)でないのに
蓋が取り難いのはイラっとするそうです。
確かに言われてみれば小さいクッカーだと……

お盆山行お気を付けて。

No title

ターボーさん、ターボーさんのお眼鏡にもかなうお鍋なら安心です。

>噴きこぼれても知らんふり
必殺技ですね(笑)

>ギリギリの物は、工夫次第
まさに達人ならではのお言葉です。
使い手に工夫を要求してくるぐらいのモノの方が愛着が持てるかもしれません。

No title

当方もこれは大好きなチタン製品です。
当方はこれで煮るタイプのラーメンも作っています。(噴きこぼれても知らんふり)

ギリギリの物は、工夫次第と思いとても大好きです。

No title

出が紋さん、スノピのチタン製マグは丈夫でよいですね。
ピッタリのフタをお持ちとはうらやましい。
600マグに極のフタが合わないものかずっと気になったまま、まだ試せていません。

>軽さと耐久性の兼ね合いは、難しいものです。
仰る通りでございます。

No title


あっしは、SPのチタントレイルマグの600(78g)に、
昔買ったモリタ(会社は廃業)のアルマイトケトルのフタ(25g)を
あわせて使っています。これがかなり使い良い。
アルミ箔で蓋も作りましたが、どうもうまくない。
で、古いケトルのフタを合わせると、重いですがうまく合ったので。
軽さと耐久性の兼ね合いは、難しいものです。

No title

nahoさん、自分のスタイルにあわせてじっくりとお気に入りを見つけてくださいね。
もし少しでも参考になることがあれば幸いです。
私も修行の身ゆえ、今後ともいろいろとお教えくださいませ。

No title

これから、お山の道具を少しずつそろえるのが楽しみです。
いろいろ参考にします。

No title

rwalkerさん、
>良い形の蓋
そういえば、どちらも裏返して水平に置け、フチが立ち上がっています。
中央が盛り上がった皿になってしまいますが、確かに使えます。

>BPLの550は良いサイズで
ソロにはほんと良さそうですよね。容量と重量のバランスもGOODですね。

>油揚げ麺なら、保温性の容器があれば保温調理で充分です
燃料節約の保温調理用にコジー(またまたサンシェード素材ですが)を準備中です。

No title

どちらも良い形の蓋ですね。
取っ手部分が凹んでいるので、ひっくり返して皿としても使えそうです。

BPLの550は良いサイズで、ここしばらくコレしか使ってませんが、作りはエバニューの方が上だと思います。
蓋も皿には使えません。

>袋ラーメン

油揚げ麺なら、保温性の容器があれば保温調理で充分です。
寒い時はちょっと芯が残りますが。

No title

bphiroさん、袋ラーメンは細かく砕いてから少し少なめの水でなら十分調理できました。
エスプレッソパスタも余裕だと思います。
簡単な煮炊きが出来る鍋としては小型軽量の方だと思います。
縦長型よりも横広型の方が安定性も良いですし、食事も掃除もし易く、火を受ける面積が広いので燃焼効率も良いような気がしています。

http://www.backpackinglight.com/cgi-bin/backpackinglight/firelite_550_titanium_cookpot.html
↑も欲しいのですが、なぜか敷居が高く手が出ません。

No title

河童さん、そういえば、これが当たり前のことのように思い込んでいましたが、当たり前のように細部まできれいに仕上がっています。
自分で作ると想像すると(作れるはずもないですが・・)こんなわけにはいきません。
すごいことですね。

No title

Newセットですね(^_^)v
600CCだったら、袋ラーメンは厳しいけど、エスプレッソパスタ(水量300cc)作れませんかね!?
固形燃料で作るなら、どっちみち温度調節で取っ手を持ちながら、火に近づけたり遠ざけたりしながらの調理になるからカップギリギリになっても出来るような気がしますが、どうでしょう?
テストお願いします<(_ _)>

僕の使ってるエバニューのソロクッカーのカップ450ccとA&Fカップの組合せ(チタンウィングストーブ使用時)の時にエスプレッソパスタ
を作る時は水を少し少なめ目にして作ると大丈夫でした!
少し味は濃くなりますが・・・

このセットも最軽量の部類ですね!!!

No title

日本人が作る鍋って、どうしてこんなに美しいのだろう・・・。
未だに「モリタ」を愛用する私は、廃業した同社に続くエバニューを応援しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。