スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Patagonia Micro Puff Hooded Jack パタゴニア マイクロパフフーデッドジャケット

Patagonia Micro Puff Hooded Jacket パタゴニア マイクロパフフーデッドジャケットdas parka ダスパーカマイクロパフパンツ と モンベルU.L.サーマラップパーカ+パンツ の中間版として導入。
普段着にも十分出来る。 普段着としては、寒い時期に超ヘビローである同じくパタゴニアのダウンセーターの化繊版として便利に使えそう。
重量 582g(size S w/sack)、sack 18g

夜の屋外で寒かった乗鞍のBanff Mountain Film Festivalでも、インナーにR1フーディーを組み合わせて快適に過ごせた。

ピース!!(・ ・)v

-----

Patagonia Men's Micro Puff Hooded Jacket
パタゴニア メンズ・マイクロ・パフ・フーデッド・ジャケット
¥29,400
製品番号 83973
耐風性と耐水性を備え、軽量でコンパクトに収納可能なハイロフト・インサレーション。環境への影響に配慮した素材を使用

メンズ・マイクロ・パフ・フーデッド・ジャケット
高い頂での猛吹雪から深い谷での氷雨まで変わりやすい秋の天候には、濡れても温かさを保つ効果的なハイロフトのインサレーションが欠かせません。マイクロ・パフはトップレベルの化繊のインサレーションを使用し、耐風性と撥水性のある丈夫なシェル素材で包みました(両素材ともリサイクル・ポリエステルを40~100%採用)。2つの調節ポイントを備えたフードはヘルメットの上にもぴったりとフィットし、フロントジッパーはDWR(耐久性撥水)加工済み。チェストポケットが1つとハンドウォーマーポケットが2つ付き、内側の2つのメッシュポケットは濡れた手袋を乾かすのに便利です。裾はドローコード付きで、付属のスタッフ・サックに本体を収納可能。詳細
軽量ながら丈夫なリサイクル・ポリエステルを使用し、耐久性、耐風性、耐水性を備えたシェル素材
3オンスのリサイクル・ポリエステルのインサレーションの連続フィラメントは、驚くほど温かく濡れても保温性を維持。内側で片寄ったり分かれたりせずにバランスよく保温
2つの調節ポイントを備えたフード
内側にメッシュポケットが2つ。外側に隠しジッパー式ハンドウォーマーポケットが2つと左胸にポケットが1つ
立体形状の肘
DWR(耐久性撥水)加工を施したフルレングスのフロントジッパーは裏側にひっかかりにくいウインドフラップ付き
裾はドローコードで調節可能。本体を収納できるスタッフ・サック付き
シェル(無地のカラー):1.3オンス・22デニール・ダブルリップストップ・ポリエステル(リサイクル・ポリエステル90%)。シェル(ヘザー):2.3オンス・50デニール・バリアブルリップストップ・ポリエステル・フェイド。両素材ともデリュージ® DWR(耐久性撥水)加工済み 裏地:1.4オンス・22デニール・ポリエステル(リサイクル・ポリエステル100%)。デリュージDWR加工済み。インサレーション:3オンス・クライマシールド® グリーン・連続フィラメント・ポリエステル(リサイクル・ポリエステル40%)
598 g (21.1 oz)
タイ製

最適な用途
アイス/ミックス/アルパイン・クライミング
登山
バックパッキング
ビレイやビバークに
バックカントリースキー

素材
リサイクルされた/リサイクル可能なポリエステル
この製品は、消費者から回収されたペットボトル、製品に使用できない二級品の素材、着古した衣類などを再生したポリエステルを使用しています。 テクノロジー
デリュージ® DWR
パタゴニアが独自に開発したデリュージDWR(耐久性撥水)加工は、一般のDWR(耐久性撥水)加工に比べて効果の持続力が高く、デリュージDWR加工が施されたウェアは、長年使用しても新品の時と同じ撥水の機能を発揮します。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

おはようございます。

あの子のブログをのぞいたら、どこかでみたような…

こちらでしたね。笑

素敵なお召し物で素敵なポートレート。
次回も期待してよー♪

No title

rwalkerさん、そういえば私もファスナー無しの軽さに惹かれて購入した数年前モデルのプルオーバータイプのベストを持っています。
サイズが小さい方が軽いと思い最小サイズで入手しましたがピチピチで着れません。 反省です。

>ナルゲンの1lLボトルに詰めて展示
ツボをついたうまい見せ方ですね。 そういうのには弱いです。

No title

kajiやん、あの男というのはもしかして・・・。
人違いだったらごめんなさい。

No title

フード付はいいですね。
フルジップも使いやすそうです。
中綿はクライマシールドとは、さすがパタゴニア。

私は2006年のマイクロパフプルオーバー(生地が薄いので軽い)と、初代のパフボールベストを二つ使ってます。
パフボールベストは、登場した年にナルゲンの1lLボトルに詰めて展示してあるのを見て(これもバンフです)、そのインパクトの強さで買ってしまいました。

No title

ほんま笑ってしもたんですが。ごめんなさい。

そしてあの男を許してやってください。

No title

creepさん、保温着や寝袋系はどうしても温度帯や環境に合わせていろいろと増えてしまいますよねー。

自分的にはなるべく普段着にも出来るようなデザインが好ましいです。

No title

bphiroさん、寒がりのフード好きなんでコイツにしました。
ビレイ&ビバーク用という事でやっと当局の許可が下りました。

アークの化繊ジャケットが気になります(値段が高い)。

No title

河童さん、コメントありがとうございます。
10年アイテムになり得るジャケットだと思うと愛着が沸きます。
ガンガン使ってみまーす!

No title

かっちょいいですね!(^_^)
サーマラップパーカの出番が減りそうな一品!

と言いますか、自分が意外と使えていない・・・と言うだけか。

No title

ベストを愛用してますが、濡れに対して気にならないのは良いですね!普段でもちょっと引っ掛けるのに軽くてよいから使ってます。
このフード付きの方は、厳冬期以外には十分使えそうですね(^_^)v

No title

パフボール初版をまだ現役で愛用しています。
だから10年越えたかなぁ~?
冬山ではちょっときついですが、無雪期や沢登りの時の防寒着に使っています。
今のはデザインが良くなって、タウンでも違和感無いようですが、初版はダブダブでちょっと・・・・  ^^;
でも洗濯機でガンガン洗えるし、結構タフな良いアイテムだと思いますよ。
一票投じますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。