スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンベル ブリーズドライテックU.L.スリーピングバッグカバー ワイド&ロング

モンベル ブリーズドライテックU.L.スリーピングバッグカバー ワイド&ロング今回の使用では結露もほとんど無かった。
上の画像はナルゲン32ozボトル(フェザーフレンズのロゴ入り、芦屋でゲットしたお気に入り)とちょうど同じくらいの直径にまるめてる。(普通にたたんでまとめただけ。輪ゴムによるシワからもわかる通りまだまだキツく巻く余裕有り。)
実測重量 232g

このコンパクトな装備、あるとないとでは大違い。 雨風を防ぐシェルター代わりに使える。
防水性のテストはしていないが、そこは防水性については信頼のおけそうな日本のメーカー、モンベルが「寝袋用の防水カバー」、「高い防水性」と謳っているので恐らく大丈夫だろう。 防風性も高いし、どうやら通気性も高いようだ。
ってことはBivy用途に適していると思って使ってみたら今回は調子良かった。
保温さえしっかしとしていれば開口部以外は一応雨風からは守ってくれるので十分眠れる。
雨対策に、軽量なタープやツェルトと組み合わせれば、全天候型シェルターとしても機能するかも。
今回は雨の中での着替え等を考慮して、設営せずともそのまま上から被って使うのに適したツェルト(ファイントラック ツェルトⅠ)とのコンビでの装備とした。(結局ツェルトの出番はなかったが・・)

2レイヤー(表地ナイロン、裏側はブリーズドライテックの膜がむき出し)なのでガンガン使うには内側の膜を傷付けそうで耐久性が少し心配。しかし3レイヤー(ブリーズドライテックサイドジップスリーピングバッグカバー ワイド&ロング)になると、なぜかサイドにハーフ丈くらいの止水ジッパーがついて重量はいっきに530g。それならいっそ、2レイヤーのままモンベルのシルクシーツ(180g)やウォームアップシーツ(250g)との組み合わせの方が軽い。3レイヤー、ジッパー無しで十分なのに・・。でも少し気になる。

Hiker's depotでもラインナップされている。
「スリーピングバッグ」カテゴリーではなく「シェルター&テント」カテゴリーにラインナップされており、MSRのE-Wingとの組み合わせで提案されているあたりが実践的なこだわりを感じる。
creepさんがGolite Shangri-La 1に絡んで紹介されていたので、覗いてみて発見。他のシェルターラインナップや解説も非常に興味深い。)

-----
製品説明
重量わずか180g(レギュラーサイズ)と、寝袋用の防水カバーとして世界最高レベルの軽量性を実現しています。縫い目にはフルシームシーリングを施して高い防水性を確保しつつ、通気性に優れ蒸れを大幅に軽減します。2レイヤーのため単体での使用はできません。スタッフバッグつき。

仕様
【素材】●構成:ブリーズドライテック™2レイヤー ●表地:バリスティック® エアライト(ナイロン)
【重量】235g
【カラー】バルサム(BASM)
【サイズ】最大長250×最大幅94cm
【収納サイズ】9×5.5×20.5cm
-----

ピース!!(・ ・)v
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

歩き屋出が紋さん、「小型タープ&ビビィ」という提案は
http://hikersdepot.jp/modules/ultralightgears/index.php?page=article&storyid=76&storypage=1
でもまとめられており、参考になりますね。

>CICERONE社のBivvy(なぜかこの表記)の本
ご紹介頂いたこの本、私も楽しみです!

>山に早く潜りたいものです
次回は街道歩きではなくお山系なのですね。

No title

ようやく酒が呑めるようになったw出がらしです。
あっしは同社のゴア2レイヤーですが、10年前に購入した旧製品の上に、サイドジップ付きなので、460gと重いです(泣。
しかし、欧米でBivyと称した製品の中には、バグネットの無いシュラフカバーのまんまの製品が多々あり、あちらではシュラフカバーのことをBivyと言うのだろうか、と考えてしまいますwww。
CICERONE社のBivvy(なぜかこの表記)の本、楽しみ。
このBivy&手持ちのツェルト(ファイントラック・Ⅰ)orタープ(E-WING)でも重量は700g前後です。軽いです。
こいつら連れて山に早く潜りたいものです。

No title

kajiさん、一緒のやつですか??
サイズに余裕があったとしても、下へ下へといって足裏部分とか押し付けちゃうと当然ロフト失くしてヤラレそうですね(寒)

No title

creepさん、ミニマム版は180gと軽量でいいですねぇ。
大きいほうが便利だし、でも重くなるし・・、でいつも頭を悩ませられます。

No title

なにげに俺も持ってます。俺の場合、シュラフカバーでシュラフのロフトが圧迫されたかなんかで寒かったです。

しかしモンベル、好きっすね~

No title

beyondxさん>
とても良く機能する一品かと僕も思ってます。
なので、イコール「暖」を得られる印象があります。
自分は冬季にこの上にもう一層、軽いbivyを噛ませたいと思い、
一番ミニマムなものにしておきました。
が!
ワイド&ロングでも非常にコンパクトで良さ気ですね!(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。