スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウンスリーピングバッグ 20081022

ダウンのスリーピングバッグが気持ちいい季節。
お家の中でもいろいろと手持ちの寝袋を広げてみたり、しまったり、試しに中に入ってそのまま寝てみたり。
冷え込む夜には窓を全開にした室内での体感的な耐用温度チェックはやっぱり好例で・・。
ダウンの寝袋と、ダウンの衣料や化繊の衣料との組み合わせ、そしてそのそれぞれとシェルターとの組み合わせ、さらにはバックパックにパッキングしたときのヴォリュームや重量などなど、いろいろな行き先に合わせてイメージが出来上がったり、否定されたり・・・。
ダウンには濡れや湿気に弱いという弱点もあるけれど、保温力に比して圧倒的な軽さと収納時のコンパクトさ、そして今や登山用品のなかでは稀有といっていい天然素材という素材としての存在がひときわ魅力を放っている。

んで、なんてったって、ダウンの寝袋は暖かいだけでなく、羽の様に軽くて(羽だけど・・)吸湿性があるから寝心地が超最高ッ!!
初めてダウンの寝袋に寝たときはホントにもう気持ちよくって、寝心地良くって、その軽さ、暖かさに感動したもんだ。
今や寝袋じゃなくてベッドで普通に使ってるお布団も羽毛布団以外は考えられないもんなぁ。
アウトドアの気に入った場所で、お気に入りの超寝心地のいいダウンスリーピングバッグにくるまって星空の下で眠る、想像しただけでエキサイティング!ワクワクしてしまう。

ダウンの寝袋のこの感動的な暖かさ、軽さ、コンパクトさは、どこへ出掛けていっても、「これさえあればどこででも眠れる」と自分には「旅」や「自由」を連想させるのに十分なパワーがある。
んなわけで、やっぱりダウンの寝袋が大好きで、(状況&目的に合わせての使い分けが重要なのは理解しているので)ありもしないのに究極のダウンスリーピングバッグは・・・と終わりのない妄想を今も続けてしまっている。
ダウンの寝袋も好きだが、ダウンの寝袋の事を考えるのもきっと好きなのだ。

Western Mountaineering(ウエスタンマウンテニアリング)やFeathered Friends(フェザーフレンズ)、nunatakも当然気になるんだけど、ここんところNANGA(ナンガ)が気になってしょうがない。 最近ヘビーに巡回中。素材に対するこだわり(「NANGAのこだわり」参照)や自信は説得力があるし、メンテ法まできちんと公開している姿勢は高く評価できると思う。
ナンガ製品のハイライトはスーパーデラックスのハンドピックダウンを使用したラインだろう。
「通常の羽毛はバリカンを使って刈り取られますが、スーパーデラックスはハンドピックという直接手で摘み取る作業のため、羽毛の中心の「羽毛核」が傷ついていないため、羽枝が抜け落ちにくく、長持ちします。」
ウェブページのデザインがイマイチ洗練されていないところもかえってイイ感じ。
ダウンオタクで寝袋オタクなメーカーの匂いがする。

カッコいい!!




ダウンが恋しい季節。
ダウンバッグを使いたいから出掛けるってゆうハイキングもきっとある。
ダウンバッグを持ってるだけでふくらむ夢もきっとある。
ピース!!(・ ・)v
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

Vagabund -バカブンドさん、はじめまして!コメントありがとうございます。
いつも楽しみにブログを拝見しています。

>ナンガのマットマン300
ユニークな寝袋ですね。前面だけでダウン量300gならかなり暖かそう。

>サーマレストのNeoAIR
なんだかコンパクトで期待できそうですねー。楽しみです。

No title

kappaさん、ダウンってすごいですね!こういうお話を聞くと少々お高くともクォリティーの良いダウンが欲しくなります。

>ナンガダウンの特筆すべきポイント
ナンガって筋金入りの方々の評価が高いんですね。

>化繊も濡れに対して強い
用途に応じての使い分け。納得です。

No title

はじめまして バカブンドです 以前から何度か読ませていただいています 今回は ナンガの製品の記事で引っかかってカキコしましたm(__)m   当方ナンガのマットマン300使いです。
これからの季節 どうも自作じゃつらいんで ナンガにお世話になっちゃいます。。
やっぱ あったかいの一番 早くサーマレストのNeoAIR欲しいっす

No title

なんてったてダウンは長持ちします。
私の一番古いもので20年を超したヤツがありますが、まだまだ現役で厳冬期に私を守ってくれています。
 また、ナンガダウンの特筆すべきポイント拘りの国内洗浄により、
ダウン独特の臭いが無く、その快適さに大きく貢献しています。
 ただ化繊も濡れに対して強いという一面も捨てがたく、
ワイルドに使う「沢登り」などには、化繊をお薦めします。

No title

JSBさん、外皮が超撥水だとある程度まで、寝袋ONLYでいけそうですね。
でも、いざ浸水した時のことを考えると少し怖いです。

>行き倒れ的な寝方も、天候次第では、出来そうです
まさに天候次第ですが、悪天候時の対策も同時に考慮しておかなければならないのが辛いところです。

エアーマットごと寝袋に入られている行為自体が十分に大胆だと感じます(笑)

>張り遊
この場合、寝袋もシェルターとしての役割を担う訳ですね。 既存の各装備毎の概念の再整理をも要求する大胆な試みであると思います。

No title

ナンガ、オーロラ400を使い始めたんです。やや空間が余っているので
思い切って内側に、エアーマット半分膨らませ多状態で
敷き込んで寝てみた。無駄だった空間を埋めて満足できました。
しかもオーロラ素材は、恐る恐る水を掛けてみたが、撥水能力もかなり有ると確認できた。汚れや雨浸水のためにtyvekは必要だろうけど
ときには、行き倒れ的な寝方も、天候次第では、出来そうです。
 このプロジェクト名は、団長さんの「夕張」の向こうを張って
張り遊、とする!(爆)

あっ、本気で、お外でやらないように。みにくいアヒルの子、になる

No title

creepさん、どもッ!
同様な道筋ですが、極端な右往左往で日々妄想中っす(笑)

No title

nasuminさん、こんばんは!!
既に厳寒期用でお使いでしたかッ。実際に使っている方のご意見お伺いできると非常に参考になります。

>質実剛健な造りで、中に入る時に何か「ホッ!」と
なんかかなり良さそげっすね!

>ダウン専門メーカーとしてのこだわりが
寝袋好きとしてはこういうところがツボっすねー。

No title

前回同様skhmw別注に恋い焦がれつつ、
nangaオリジナルの鳴り物入り的価格の掘り出し物を見つけては、
安易に手を打ちそうな欲求と日々格闘中w

No title

beyondxさん、こんばんは!

私も厳寒期用はナンガのオーロラを愛用しています。
ナンガ製は質実剛健な造りで、中に入る時に何か「ホッ!」とします。
国内のショップオリジナルシュラフは、殆どナンガさんが作ってる事からも品質の高さが推し量れますね。
また、シェルにナノテックスやオーロラテックス等の素材を使うなど、ダウン専門メーカーとしてのこだわりが感じられますね。

No title

kool8さん、はじめまして。
そうですね。永久保証については製品に対する自信と責任感を感じますね。
行きつけの芦屋のショップでもナンガでオリジナルを作っておりよい出来です。そういった面からも新しいデザインに対する研究心の熱さを感じています。
ブログ拝見しました。珍しいシェルターをお使いですね!
今後ともよろしくお願いします。

No title

初めまして。ちょうど私も今日ナンガさんの2008パンフを見ていて、モノ作りに対する姿勢に関して同じ事を感じてました。永久保証って、相当な自信ですよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。