スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

How to Stay Warm with a Minimum of Gear

How to Stay Warm with a Minimum of Gear - GoliteウェブページHow to Go Liteの項目より

「最低限の装備でいかにして暖かく過ごすか」

冷え切って寒いということはアウトドアでの最も不愉快な経験のひとつである、しかし恐らく、重い荷物を担ぐということも同じように最も不愉快な経験のひとつであろう。 ありがたいことに、軽量な装備とテクニック、そしていくらかの常識があれば、最低限の装備でいかにして暖かく過ごすかを学ぶことによって、両方の不愉快なシナリオを避けることが出来る。


「暖かく夜を過ごす」

暖かく夜を過ごすということは特に女性には共通の問題である。眠っているときは筋肉の活動は活発でなくなり、活発な時よりも筋肉が発生する熱量が減る。 発熱による暖かさは、地面への伝導熱、空気中への対流、呼気の熱や湿気、そして不感蒸泄によって簡単に失われていく。

こういった熱損失の要因があるので、ミニマムな装備で暖かく夜を過ごすことは難しくなっている。ここにtipsをいくつか紹介する。

1.スリーピングバッグは暖かさを保つ為の道具のひとつにすぎない。衣類、装備、シェルター、ビヴィー、スリーピングパッド、バックカントリーの仲間、体脂肪、そして栄養までもが役割をはたす。これらの利点を使って、衣類は全て着てから寝る、トルソーレングスのパッドを使ってバックパックは脚の下に敷く、プラスティック製ウォーターボトルを枕にして、スタッフサックは手や足に配置、マルチパーソンキルトで仲間の体温はシェア、とりわけ寒い旅の前には太っておく。

2.シェルターよりもスリーピングバッグに重量を割く。なぜならスリーピングバッグの重量はシェルターの重量よりも更なる暖かさを提供してくれるから。

3.すきま風を減らして暖かさを増し、湿気をスリーピングシステムの外へと逃がすような、防水ナイロン製ボトムと通気性ナイロン製トップのビヴィーを使う。

4.インフレータブルスリーピングバッドよりもクローズドセルフォームパッドのモノを使う。 フォームパッドは重量に比して暖かく、体型に合わせてカタチを修正しやすく、フレームのないバックパックのフレームにもなる。

5.地面への伝導による熱損失を防ぐ為に、硬くて濡れた場所を避け、松の葉や丈の長い草や砂でできた柔らかい床の上にシェルターを建てる。

6.スリーピングバッグ(他の保温性衣料も)のロフト性能を常に最大限に発揮できるように、定期的に乾燥させる。気温が低くて湿度が高い環境では、夜間に人体から放出される蒸気が空気中に発散されにくく保温材の中に溜まってしまうので、特に重要である。保温材の中の湿気は、化繊よりもダウンの場合に著しくロフトに悪影響を与えて暖かさを減らしてしまう。

7.眠る直前に暖かい食事を摂る。暖かい食事は体を温め、そして眠った後に長時間に渡って代謝による発熱のエネルギー源となる。

8.眠る前ギリギリまでハイキングをする。行動停止後もしばらくは代謝による発熱は強いので、夜間の最初の間は暖かいまま過ごせる。眠る前にキャンプサイトで数時間座ったままでいると代謝が通常の状態になり、活動直後の代謝熱による暖かさはなくなる。起床から眠る直前までハイキングし続けることを好まないのなら、ディナー休憩をたっぷり取った後でキャンプサイトを見つけるまでにもう数マイルのハイキングをしたほうがよいかもしれない。

9.寒い状態のままスリーピングバッグに入ってはいけない。その前に、軽くジョギングしたりジャンピングジャックをしたりして代謝熱を発生させよう。少し体を暖めてからスリーピングバッグに入ったほうが早く暖まるし、深い眠りにつくことが出来る。

10.ディナー後に余分にお湯を沸かし、そのお湯を水筒に入れてスリーピングバッグ内で湯たんぽとして使おう。更に素早くスリーピングバッグ内が暖かくなるはすだ。夜間に重大な事故が起きないようにフタはしっかりと閉めておく事。


「暖かく日中を過ごす」

日中を暖かく過ごすことは夜間よりは簡単 - 気温は高く、冷えた地面に熱を奪われることもなく、太陽光はある、(最も重要なのは)アクティブに行動しているので体が大量の熱を発生している。 しかし、日中の効力によって暖かくいられるという保障はどこにもない - 気温は下がりやすく、風も吹く、雨は叩きつけるし、雲は太陽をふさいでしまう。 こういった状況での解りやすい解決法のひとつは、重くて分厚い衣服を着ること。 もうひとつの解決法は軽量な装備を使って以下の3つのtipsに従うこと。

1.対流と伝導による熱損失を避けるために正しくレイヤリングする。空気対流による熱損失を避けるために防風レイヤー。水分への伝導による熱損失を避けてドライでいるために、良好な湿度管理で発汗を避け、防水もしくは防滴レイヤーを通して外部へと湿気を透湿させる。(詳しくはレイヤーの項を参照)

2.暖まりたければ、坂を登ったりジョギングしたりして、出来る限り体温を発熱する為に動き続ける。休憩するときは陽があたって、風を避けれる場所を選ぶ。

3.十分な分量の保温材が入った衣類を着用する。(寝袋の保温材は夜間にしか利用できないが)衣類の保温材は日中だけでなく夜間も利用することができる。 そして暖かい衣類は日中に際立って役に立つ時がある;寝袋から朝の冷えきった空気中に出るときや、疲れて眠る前のキャンプサイトの冷え込み、標高が高くて冷たい風や雨に晒される場所など・・




だいたいこんな感じと思う。
ピース!!(・ ・)v





-----
How to Stay Warm with a Minimum of Gear

Being cold is one of the more unpleasant experiences in the outdoors. But perhaps equally unpleasant is carrying a heavy pack. Thankfully, with lite-weight gear and technique, and some common sense, you can avoid both scenarios by learning how to stay warm with a minimum of gear.

Staying warm at night

Staying warm at night is a common problem, especially for women. When we sleep our muscles are less active and therefore generate less heat than when we are active. And the warmth that we do create can be easily lost through conduction (via the ground), convection (via the atmosphere), respiration (via the warming and humidification of inhaled air), and evaporation (via insensible perspiration).

With all of these sources of heat loss, the challenge of staying warm at night can be a difficult one, especially if you are trying to do it with a minimum of gear. Here are a number of tips that can help:

1.Realize that your sleeping bag is just one thing that you can use to keep warm. Your clothing, equipment, shelter, bivy sack, ground pad, backcountry companion(s), body fat, and nourishment can also play a role. Use these factors to your advantage, like by wearing all your clothes to bed, placing your pack under your feet (and using just a torso-length pad), using your soft-sided plastic water bottles as pillows, placing stuff sacks over your hands and feet, sharing your body heat with your companion(s) under a multi-person quilt, and fattening up before a particularly cold trip.

2.Invest more weight in your sleeping bag than your shelter, because a heavier sleeping bag (per ounce) will provide more warmth than a heavier shelter.

3.Use a bivy sack that has a waterproof nylon bottom and breathable nylon top in order to reduce drafts, add warmth, and encourage moisture transfer out of your sleep system.

4.Use a closed-cell foam pad instead of an inflatable one. Foam pads are warmer for their weight, can be easily modified to contour your body, and double as a "virtual frame" for frameless packs.

5.Pitch your shelter over a soft bed of dry pine needles, tall grass, or sand. Avoid hard-packed and wet areas, as these campsites will lead to great conductive heat loss.

6.Dry your sleeping bag (and other insulated clothing) regularly so that it always is at its maximum loft potential. This is especially important in cooler and more humid environments, when the air is less capable of absorbing the perspiration your body gives off at night, leaving some of it trapped in your insulation. Moisture build-up in insulation, of course, has notable adverse affects on its loft (and, therefore, its warmth), more so with down insulation than with synthetic.

7.Eat a hot dinner not long before going to bed. The food’s warmth will heat up your body, and it will provide fuel to be metabolized (which produces heat) for many hours after you fall asleep.

8.Stop hiking just shortly before you go to bed. Your metabolism will remain strong for a while after you stop, helping you to stay warm at least during the early portion of the evening. By sitting around camp for hours before going to bed, you allow your metabolism to return to normal, so it will not generate above-average warmth. If you prefer not to hike from the time you wake up to the time you bed down, you may want to consider taking a long break around dinner-time, then hiking a few more miles before finding a campsite.

9.Do not climb into a sleeping bag if you are cold. Try generating some body heat before climbing into the bag by running in place or doing jumping jacks. The added warmth emitted by your body when you first climb into the bag will help your bag feel warmer faster and enable you to maximize your sleep.

10.Consider boiling extra water after you have made dinner. Put this hot water into your water bottle/bladder and then place the bottle/bladder into your sleeping bag. This added warmth will enable you to warm up quickly in your bag. Be sure to secure the lid tightly to avoid having a major accident in the middle of the night!

Staying warm during the day

It should be easier to stay warm during the day ? the ambient air temperature is higher, the ground is not stealing warmth through conductive heat loss, the sun may be warming you, and (perhaps most importantly) you are active and are therefore able to generate abundant body heat. However, there is no guarantee that you will stay warm during the day by virtue of it just being daytime ? the air can be cold, the wind can be blustery, the rain can be dumping, and thick clouds can block the sun. One obvious solution to these types of days is to wear a lot of heavy clothing. The other solution to use lite-weight equipment and to follow these 3 tips:

1.Layer correctly in order to prevent convective and conductive heat loss. Reduce convective heat loss by donning a wind-blocking layer; and reduce conductive heat loss by staying dry, avoiding perspiration build-up (through good moisture management) and external moisture penetration (through a water-proof or water-resistant layer). For more information about layering, please read <<"How to Layer">>. // link to the How to Layer article

2.Stay moving so that you generate as much body heat as possible. Increase the intensity of your effort (like by cranking up a hill or by jogging) if you really need to warm-up. When you take a break, take it in a sunny area and/or in a location that is protected from the wind.

3.Have a good portion of your insulation as clothing, because you can use this insulation at night and during the day (in comparison, a sleeping bag can only be worn at night). This is especially helpful during a few particular moments in the day: in the morning, when you are at risk of losing significant body heat after emerging from your bag and stepping into the cold morning air; in the evening, when the air begins to cool, when your body is tired, and when you have camp chores to perform before retiring for the night; and if your route takes you to high exposed places, which are usually windier and colder than lower-elevation and protected areas.
-----
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

出が紋さん、お疲れ様でした。
冬場の命を守る為には、保温材はギリギリまで削った必要最低限よりも少しだけでも余裕を持っている方がよいと思います。
乾いた下着は必須としても、装備に200g程度のダウンJKT1着をプラスするだけでも保温力は大違いでは。
最後の飛び道具として湯たんぽも是非お試しください。

No title

 落ち葉のトレイルから帰ってきました。
 この記事、テキストを保存しやした。良く読んでおきやすm(__)m。
 来月末、この続きをやるつもりですので、雪中LWバックパッキング(バックカントリーでなくトレイル歩き)の参考にしたいと思います。
 あっし的には、多少重くても多い目に持って行った使い捨てカイロが役に立ちましたね。
 一番寒さに弱いキドニー(腎臓・下腹部)を暖めておくだけでも、だいぶ違います。
 ただ「使い捨て」というのが気に入らないのですがw、荷物が軽くなる分だけ楽です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。