スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ヶ岳 20081231+20090101+02

bphiro(0,1,2)さん、ムーちゃんと3泊4日予定での八ヶ岳ハイキング。カチョウは無念の病欠。
creepさんともお会い出来たり、お久しぶりのイッチー(with his friends)とも再会できたりと賑やかなスタートだった。

1日目 20081231、快晴。 美濃戸Pから行者小屋までのんびりとスノーハイキング。
行者小屋にてテント泊、よく冷えた。
200812312148200901010114200901010654寝具、衣類とも保温材は化繊のみ。
MLD XP QUILT 7.5oz insulation, Titanium Goat Ptarmigan Bivy '07, Thermarest Ridgerest2日目 220090101、快晴。 赤岳ピストン。
赤岳下山後、行者小屋から赤岳鉱泉へ移動してテント泊。

3日目 20090102、ガスで曇り、視界不良。
赤岩の頭から硫黄岳経由でオーレン小屋を目指すが、稜線上は強風。ガスも濃くなり視界も悪化してきたので硫黄岳手前で撤退。とりあえず赤岳鉱泉まで引き返す。逃げ足は超早い。
その後、赤岳鉱泉小屋にて天候の情報を得たが、回復の見込みなく翌日(20090103)は下山のみの予定となってしまったのでテンション下げ下げにて一気に美濃戸Pまで下山。予定より一日早い行動終了となった。
下山後、赤岳山荘のお母さんに教えて頂いたもみの湯(天然温泉、露天風呂あり、夕方以降入浴料金300円)で疲れを癒して帰途についた。


きれいな雪の八ヶ岳で素晴らしいハイキングをすることが出来た。
Thanks for everybody!!


-20℃超環境での雪上移動生活演習。厳冬期用装備とテクニックの有意義なテストが出来た。
装備の検証レポは次回。
ピース!!(・ ・)v
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

sugi_giさん、あけましておめでとうございます。

まさに浮世離れするくらいに美しく、そして寒いところでした。

本年もよろしくお願いいたします。

No title

あけましておめでとうございます。
お宿の景色と温度計の表示にリアリティを感じません。
もはや何も言えません、といったところですね。
よい子では有りませんがうっかりマネしないように気をつけないと。
装備の検証レポ、お待ちしてます。

No title

kappaさん、新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

「猿休み」に入られる前のブログを拝見しておりましたので、もしやと思いましたが、見事に入れ違いだったようですッ(笑)
今年は是非ともお会いしたいと思います。
ピース!!(・ ・)v

No title

 明けましておめでとうございます。
 我々と入れ違いだった様ですね。
次回はコラボしませんか?
我が大宴会場テントで野宴など如何か(笑)

 本年もよろしくお願いします。

No title

creepさん、ピース!!(・ ・)v

No title

Thank you very much!
peace&reespect

No title

出が紋さん、本年もよろしくお願い致します。
結構な冷え具合のなか、厳冬期装備についてあれこれ考えを巡らせる事が出来、良い経験になりました。
低温環境は細かいミスを見逃してくれません。装備の再編成を進めていきたいと思います。

No title

コッシーさん、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

>やっぱり底なし系
BD Oneshotにしようと思っていたのですが、もともと3泊の予定でしかも稜線泊まりは無しの予定でしたので、シェルター内での炊事による水蒸気や睡眠中の呼気による湿気のスリーピングシステムへの影響を考えて風通しの良い底なしシェルターにしました。Bivyは使用しております。

No title

JSBさん、コメントありがとうございます。
ステッキの先にはゴリラポッドで取り付けてみました。なのでカタカタと揺れています(笑)

お帽子は、R1フーディーのフードを被った状態で、内蔵されている耳当てを引き出して帽子を被ると、フィット感もよく少々の風では飛ばされず実用的です!

No title

ulgoodsさん、その節はお世話になりました。infoありがとうございました。
もしもの場合に備えて栓抜きは携えたまま登っておりました。

>かなりストイックな寝泊まり姿
雪の上なので、泥汚れの心配がないと思いグラウンドシートを省略したのでやけに質素なお宿となってしまいました。

>JetBoilは
ご想像通り非Jet的な動きとなりました。缶が冷えて気化がすすまかったようで点火装置も役に立たず・・。失敗装備です。Windproを持って行くべきでした。

>丸い所に完全に引っ込んだ温度計
今回の体験で、更なる低温に対応するための装備を、リアルに想像出来るようになりました。万全の構えの時に見てみたいですね。

No title

kkさん、初めまして。 コメントありがとうございます。
こんな調子ですが、今後ともどうぞよろしくお願いします。

No title

パンダマン、結構冷え込みました。 是非一緒に分析して欲しかったですね。
是非次回!
本年もよろしくお願いいたします。

No title

本年も宜しくお願い致しやすm(__)m。
マイナス25℃、厳寒の北海道内陸部なみですね~
beyondさんの帽子がまた、粋でにくい。
昨シーズン、今シーズンと、残雪の低山ハイクになりそうですが、
着々と道具も買い揃えています。既に例のマイクロスパイク、
注文しやしたぜ。
来年こそは!という気にさせられる映像です。

No title

あけましておめでとうございます。
今年も色々と勉強させていただきます。

しっかし、-20度以下でも、やっぱり底なし系なんですね・・・。恐れ入ります。

No title

シェルターでの写真も、キマッテいますね(笑)
ステッキにつける、例の小道具!
流行り出したら、、、便利過ぎて、困るよなぁ(爆)
この時期に、赤岳。しかも、あの帽子とは、クレージーの極み!

さぶい!と感じたときは今後、この写真を思い起こしませう(爆)

No title

おつかれさまでした。
Odd Job Hatで冬の赤岳を踏んだのは史上初ではないかと(笑
栓抜きを被り上げたのでしょうか?

かなりストイックな寝泊まり姿ですね...JetBoilは働きましたでしょうか?缶が冷えてガスが出なかったのではと思うのですが?

丸い所に完全に引っ込んだ温度計を見てみたかったかも!

No title

初めまして、いつも楽しみにブログ拝見させていただいてます。 

No title

-25℃ですか・・・
参加したかったような、しなくて良かったような・・
今年もよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。