スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Patagonia DAS Parka パタゴニアダスパーカ 2008

Patagonia DAS Parka パタゴニダスパーカ 2008 COL.Black
重量 776g(size M w/sack)、sack 15g
08モデルのコイツがあまりにも調子良かったので・・。
07のDASに比べて08のMicro Puffは中綿のロフト感がやけに良く、非常に暖かく感じた。 しばらく使用してからのドレープ感というか着心地も気に入っているし、洗濯機で丸洗いした後のフンワリ感の戻りがやけに早い。
07のポーラガード3Dに比べて、08のクライマシールド(Dasはクライマシールド・プリズム、MicroPuffはクライマシールド・グリーン)が調子イイのかも。 09はまた素材変わるみたい。
パーカの構造的にはマイクロパフフーデッドJKTよりもDasの方が保温能力の高いデザインなのでクライマシールド中綿のDasの性能は楽しみだった。
08ダスパーカ 40%off(さかいやのバーゲン)で¥24,570



ピース!!(・ ・)v

-----

DASバーカ 2008

DAS Parka ¥40,950 製品番号 84099
パタゴニアの化繊ハイロフト・プロテクション製品の中で最も温かいパーカ。高山での厳しいコンディションに対応

寒くて湿っぽく、しかも恐ろしい状況にわざわざ出向いていくのはアルピニストぐらいでしょうが、そんなときでもDASパーカは強い見方です。濡れても保温性を維持する中空繊維のハイロフト・インサレーションに、デリュージ® DWR(耐久性撥水)加工を施したシェルには耐久性に非常に優れた軽量なクアッド・リップストップ・ポリエステルを使用し、雪を弾いて風も遮断するのでビレイに最適です。肩、肘、ヒップにはパネルを施してさらに丈夫に補強しました。調節可能なフードはヘルメットの上にもフィットし、顔をしっかりとおおって温めるハイカラーのデザイン。ジッパー式チェストポケット、インサレーション入りハンドウォーマーポケットを備え、内側のメッシュポケットには濡れた手袋を入れれば体温で乾かすこともできます。フロントジッパーはビレイ用ギア着用時もアクセスしやすいツーウェイ式で、本体を収納できるスタッフ・サック付き。

詳細
耐水性と耐風性、速乾性を備えた丈夫なシェル素材
保温性に非常に優れた中空繊維クライマシールド® プリズムのインサレーションを採用し、胴部には保温性を向上するように密度の高いもの、袖には動きを妨げないように軽量なものを使用。濡れても保温性とロフトを維持
裏地の素材はしなやかで軽量
肩、肘、ヒップ部分のパネルは補強済み
2つの調節ポイントを備えたフードはヘルメットの着用に対応
裏側にウインドフラップを備えたDWR加工済みのツーウェイ・フロントジッパーは、上部の折り返されたジッパーガレージによりあごへのあたりも快適。インサレーション入りハンドウォーマーポケットが2つと大型チェストポケットが1つ。いずれもDWR加工済みのジッパー付き。内側に2つの大型メッシュ製ポケット付き。立体形状の袖。ドローコード付きの裾。伸縮性の袖口
レイヤリングの余裕を残したゆったりとしたフィット
シェル:1.7オンス・30デニール・クアッドリップストップ・ポリエステル。デリュージDWR(耐久性撥水)加工済み。補強部分:2オンス・50デニール・ドビー織りポリエステル。デリュージDWR加工済み。裏地:1オンス・20デニール・ミニリップストップ・ナイロン。デリュージDWR加工済み。インサレーション:クライマシールド・プリズム(胴部分には5.3オンス、袖には4オンスを使用)
780 g (27.5 oz)
タイ製

最適な用途
アイス/アルパイン・クライミング
ビレイ・パーカとして
ビバークに
夜明け前の出発に
バックカントリースキー

テクノロジー
デリュージ® DWR
パタゴニアが独自に開発したデリュージDWR(耐久性撥水)加工は、一般のDWR(耐久性撥水)加工に比べて効果の持続力が高く、デリュージDWR加工が施されたウェアは、長年使用しても新品の時と同じ撥水の機能を発揮します。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

kappaさん、超撥水で殆ど保水しないタイプの中綿のヤツですよね!いいなぁ。
ニューテクノロジーが生み出す新素材を上手に使って、シーンに合わせた最適な衣類を纏う技術をうまくアップデートできると、アクティビティーを快適にできますよね。
kappaさん遊山スタイルを支えている着衣の技術にも非常に興味があります。
機会ありましたらご伝授頂けますれば幸いです。

No title

creepさん
 こちらこそm(__)m
beyondxさん
 私は15年来、冬期の防寒着は、フェザーのヘリオス一本でしたが、今冬からARC'TERYXのSolo Jacketを持ち込み、保温力こそ劣るものの、より前衛的に使える事を実感しています。
 そして保温については下着でカバーするとして、これからは化繊中綿にシフトしていきそうな予感がしています。

No title

kajiやん、彼はハイキング・スカイウォーカーがどうとかこうとか、暗黒卿ダースパーカーがどうとかこうとか、言ってたダス。

No title

kappaさん、creepさん、化繊中綿はテクノロジーの進歩とともにどんどん新しくなっていきますね。
DASパーカなどはコレクターになってしまえば楽しいアイテムかもしれません。

その点、羽毛は天然素材故にevergreen!かと思いきや、化繊のシェルが軽くなったり水を弾いたり・・

ゆっくりと休ましてはくれません。まさに オーマーガァ  ToT (笑)

No title

あぁ、あっちエロい人のはDASバーカ……………

今気ぃつきました。

危ない危ない。

No title

kappaさん
はじめまして、beyondxの追っかけをしておりますcreepと申しますw
>保温力が10%位向上し、
>タウンユースにも違和感ないスマートなものに
みたいですね。
温かくてカッコイイpuff、、、
dasとの兼ね合い(携行の際)で葛藤しそうです。

猿板いつも愛読させて頂いております!
今後お見知り置き頂けたら幸いです。

>beyoさん
お邪魔しました~

No title

creepさん
 来期のパフは、保温力が10%位向上し、タウンユースにも違和感ないスマートなものになるようです。
 私は、昨年更新したのに・・・ オーマーガァ  ToT

No title

creepさん、反応されるポイントとタイミングが絶妙です。

そしてここにもDASバーカ発見!
http://blog.goo.ne.jp/erokachou/e/8475d05cf043ececa5a0165fbf3122a6

No title

kappaさん、DASのそういったストーリーを聞くとちょっと重くても、ちょっと嵩張っても、なんだか愛着が沸いてくるんですよねー!
実際に使ってみても、重くて嵩張りますが、戦闘能力は高いジャケットですし・・。
首から上、すなわちフードのデザインが秀逸です。まさにパーカ。
フード着用状態がデフォのデザインかと・・。

羽毛も大好きなので、優劣はつけられません(笑)
そして、来期モノも気になりますww

No title

出が紋さん、patagoniaの09SPRINGの商品を見ていると、
Houdiniの価格、日¥23,100、米$125.00 。
現状のレートでは半額以下です。
内外価格差100%以上。
もちろん送料は掛かりますが・・。
春物は販売開始から米価格ではバーゲン状態です。

No title

bphiroさん、もう立春なのに冬物を買ってしまいました。しかもこんなに重くて嵩張るモノを・・。寒い所に行かないといけません。

09モデルの詳細は・・・。

No title

上記kappaさんのコメントに反応しちゃいました。
私も来期パフが楽しみです。

No title

 私は羽毛派ですが、友人の山岳カメラマン八田さんはずっとDASを愛用者しています。
 明け方の長い時間厳冬のピークで、その瞬間を待つ彼を護る防寒着は、その長い経験から、これがベターだと気に入っているようです。
 ちなみに来期は、パフがスマートにパワーアップする様ですね。

No title

DASパーカ、是非欲しいですね~
江坂でダウンパーカを見つけたときは思わず食指が動きましたが、ダウンは洗濯がおいそれと出来ないので、普段着にすることも考えて、化繊のDASにしやした。
これは09年モデルを楽しみにしている一品ですが、こんなに安くなるとは・・・う~ん悩む。

No title

ブラック、いっちゃったんですね^_^;
僕はまだ悩み中です・・・・・
09モデルが気になりますね~(*^^)v
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。