Flat Quilt

自作したRay way Quilt、Bivyとの組み合わせで使うことが多いので、キルトの外皮分の重量削減のために、2 Layersに改造してみようかとフラットに広げたまんまで放置していた。

肌寒い季節の部屋の中で、フラットになったキルトはひざ掛けになったり、チョイ寝の掛け布団になったりと、軽くて暖かいので本来の目的以外にもいろいろと汎用性が高かった。
特筆すべきは、スッポリと体ごと包まった時の暖かさ!
立っていても座っていてもスッポリとくるまってしまえばかなりの保温性でとても暖かい。
頭から被っちゃうことも出来るしねッ!
ジッパー全開の寝袋やキルトだと、フットボックスがじゃまでイマイチしっくりこない、うまく体を包みこめないという
手袋よりもミトンの方が暖かいのと同じ理屈で保温性がいいんだろう。

この汎用性はきっとフィールドでも活用できるハズッってことで、今まで0.9”シングル(夏用)だった中綿を0.9”x2に増量し、春~秋シーズン対応型のフラットタイプのキルトに仕上げてみた(フットボックスを作らなかっただけ・・)。

現状で重量は852g
中綿シングルの時の重量が552gだったので中綿量ちょうど300gアップ
(ってことはシェルの重量は252g)

手持ちの300g程度の保温衣類というと、
モンベル サーマラップパーカ size L 324g
モンベル サーマラップパンツ size L 320g
パタゴニア ダウンセーター size S 329g
パタゴニア R2ジャケット size M 382g
パタゴニア R1フーディ2007 size M 319g
パタゴニア R1フーディ2008 size M 377g
パタゴニア R1パンツ size M 244g
パタゴニア CAP4 Zip-Neck size S 219g
辺りとなる。

(ちなみに、R1フーディの07モデルと08モデルは年式違いの同モデル同サイズMなのだが、重量だけでなく、実際のサイズも1サイズくらい違うかも。 パタゴニアはシーズンによって同モデル・同サイズでも平気で大きさを変えてくる。 R1フーディだけじゃなく他のモデルでもよくあるみたい。 要注意!!)

上記のそれぞれで保温性も用途も違うので一概に重量だけでは比較できないが・・。
トータルでの保温性能から考えると、フラットキルトでの中綿300g増量はかなり効率がいいかもしれない。
余分なシェル生地及び中綿や、ジッパー、ポケット、ドローコード、ゴム、トリミング、ネームタグ等がないからだろう。
ジッパーのみならず、袖も、フードも何もないので当然か・・。

(全身をカバーする化繊のロフト高2cmちょい分を追加して300g。なんやかんやと衣類を増やすよりは効率的。ダウンならもっと少量で補えるだろう。就寝時の保温性のみを考えるなら他の衣料を減らしてでも分厚いダウンの寝袋を一発もって行くほうが効率はいい。)

Flat Trapezoidal Construction 852g (w/o sack)
Head Width 130cm
Foot Width 110cm
Length 205cm

Shell Fabric:1.1oz/yd2 nylon
Lining Fabric:1.1oz/yd2 nylon
Insulation:two layers 0.9" Climashield

簡単に言うと、化繊綿・化繊シェルの台形型おフトン。

このフラットキルト、デザインは究極に近いシンプルさだし、汎用性も高く(?)、道具としては非常にクールな姿となった。
追い求め続けているシンプルなスタイルにはピッタリかもしれない。


軍用毛布を担いでスルーハイクしていたGrandma Emmaも、毛布を寝るときだけでなく被ったり纏ったりして使っていたんだろうなぁ・・とか想像が膨らむ。

ただ単なる軽量化だけでなく、スタイルをシンプルに突き詰めていく先に何か探しているモノがあるような気がする。

もともとロング気味のサイズに仕上げてあるので、Bivy内で使うときの足元の保温は、足裏に余分にたくし込んでおけば特に問題なかった。
広めのBivyとの組み合わせだと、内部でいろいろな動きがしやすくて自由度が高い。

眠るとき以外は、立っている時も頭からスッポリとも被れるし、マントの様に羽織っていると上半身の保温性はとてもよい。
座っている姿勢の時も、腰の後ろも含めて全身すっぽりと覆われるのでとても温かい。
毛布やら布団をかぶっているのと同じことなので当然だが、着衣としての固定方法さえなんとか工夫すれば結構便利に使える。

化繊なので嵩張るのが難点といえば難点。
ダウン製のフラットキルトも欲しくなってきた。
nunatakのBack Country Blanketもいいかも。
それとも、どこかで作ってもらってもいいかな。


Peace!!(・ ・)v


Durability (Ray-Way Quilt kits Page10より抜粋)
properly cared for, your quilt should last decades. unlike goose down which eventually goes flat, climasheld does not. however, climasheld will temporarily lose its loft if over-compressed for a long period of time. for example, suppose you set of on a journey and every morning jam your quilt or sleeping bag into a small stuff sack. depending on how small, the sleeping bag will spring back a little less eachy time you pull it out. and about a moth into your trip, the sleeping bag will be too thin for comfort. but take it home and let it sit foro several month
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

OBPさん、例のRayのですよね。楽しみにしています!
先月20日の明神平は氷点下だったんですね。雨降ってませんでしたっけ?
キルト、タープ、スタッフサックにバックパックも縫製可能?

No title

ulgoodsさん、縫うのはたしかに面倒くさいのですが、キルトの小改造ならまだなんとかッ(笑)
フットボックス周辺はまだもう少し考えてみます。

>自転車
はい。ulgさんもお気をつけください。
彼の早期復活を願っています。

No title

まいど.ご無沙汰していま.零の隷のやつ来週にいけそうです.先月20日明神で.HEXとタイベック封筒&RAY2Pで一晩すごしました.100KINサンシェ-ドマットで.
表に出ていた水がパンパンになってました.
縫い物はお任せあれ.新規物でしたら材料は二人分手間賃も.お渡しは
一人分.その他お困りの方.後始末人。

No title

縫うのがめんどくさかった、とは言わないですよね(笑
レイヤードは良いけれど生地の重なる部分が無駄ですから、良い着眼と思います。

自転車、コケないでね!

No title

kajiやん、その通りッ!特徴は足元にかけてtaperしたTrapezoidal(台形)構造のみッ
作るのも簡単。

また見てチョ!

No title

よーするに化繊の布団をナイロンシェルで作ったって事っすね。

薄いダウンの布団、興味深いっす。軽くて寝心地良さげっすね、考えただけでも眠くなってきましたよ…

帰ったら顔出すんで見せてください!