スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐久性が有ろうが有るまいが軽いことが花なんだ!

Loss Blackさんの記事
mont-bell(モンベル)U.L.ドームシェルターのカーボンポール化による軽量化

U.L.ドームシェルター 1型 ( 品番 #1122376 )
価格¥33,800(税込)

製品説明
本体、ポール、スタッフバッグを含めても総重量わずか780g。
3シーズン(春~秋)対応のシングルウォール構造で、自立式ドーム型ツェルトとしては世界最高レベルの軽量コンパクト性を誇ります。軽量性と設営の容易さを両立するインナーポール方式を採用。
床面と主要縫製箇所にはシームシーリング処理を施しており、耐水性を高めています。

仕様
【素材】■テント本体:バリスティック® エアライト[15デニール・ナイロン・リップストップ〈ウレタン・コーティング〉]■グラウンドシート:30デニール・ナイロン・リップストップ[ウレタン・コーティング]■フレーム・本体ポール:フェザーライトポールNSLφ8.5mmショックコードつき
【本体重量】760g(780g)※( )内はスタッフバッグを含む総重量です。
【カラー】スプリンググリーン(SPGN)
【サイズ】■サイズ:床面100cm×200cm 高さ95cm ■収容人数:1〜2人 ■収納サイズ 本体:φ10cm×25cm ポールバック:φ6×43cm
【構成】シェルター本体1、ポール2本
カーボンポール 193g
オリジナルポール 309g
ってことは自立ドーム型シェルターで約650gすか! Cool!
詳細はこちらから



respect!
Peace!!(・ ・)v
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

JSBさん、液体エスビットの進行状況に目が釘付けです!
http://ikaros.air-nifty.com/ikaros/

こんな軒先でよろしければいつでもお使いくださいませッ!

No title

カーボン、でこんなにも盛り上がるなんて(笑) 人徳ですね

理事長さん、足の怪我、えらいことでしたが
復活のご様子、安心しました

JSB、雷は怖いが、カーボンフェルトの魅力に捕りつかれていまして
徹底的に、各種の実験中です!
  中でも、交互燃焼方式アルストが一番、面白そうです
    そして、   CF・ソフトシェル・バーナー

微四度さん、軒先をお借りいたしました。ありがとう!

No title

コッシーさん、自分もすごく勉強になりました。

Peace!!(・ ・)v

No title

Tamaさん、元ネタの元ネタはまさにそちらのようです。

No title

死んでしまおうなんて
悩んだりしたわ
バラもコスモスたちも
枯れておしまいと

(注:荒らしじゃないです。雷ネタ勉強になりました。)

No title

花が咲こうと咲くまいと生きていることが花なんだ

No title

河童さん、コメントありがとうございます。
今回タイトルもパクリですww
「花の命は短くて苦しきことのみ多かりき」

No title

理事長さん、はじめまして。 コメントありがとうございます。
カーボンの件、落雷の件、また雑誌の事情、非常に参考になりました。
雷雲に遭遇した場合の対処法、胸に刻み込みます。

No title

Martinさん、That is mont-bell U.L. DOME SHELTER (Weight760g)
http://en.montbell.jp/products/goods/list.php?category=206000

The carbon poles are Fibraplex for BlackDiamond Firstlight (length modified).

No title

さめじまさん、貴重な体験談ありがとうございます。
やっぱり何度聞いても(読んでも)ビビリます。

P.S.次回のロープクライミング楽しみにしています!

No title

JSBさん、目立ぬようにはしゃがぬように・・。「時代おくれ」の男のココロで耐えるべきなのでしょうが、絶対安全な場所がわからないのは恐怖です。
雷雲がアクティヴなのは30分程度と聞いた記憶があるのですが、雨に降られようとも危険な時間は雷を避けることに注力した方がいいですね。

>東京電力の群馬県辺りにある落雷の研究所
すごい実験に参加されてますね。楽しそう!!

No title

通りすがりさん、U.L.ドームシェルターxカーボンポール、そして雷の件、
大変深く考えさせられました。

ネット付ビヴィーxGatewood、戦闘能力高そうですネ。

No title

なるほど! 皆さんの博識や驚くべき経験談に納得です。
カーボンが特別落雷を誘発するものではないようですね!?
個人的には過酷な場所での使用を前提としている自立型ツェルトにカーボンボールを導入するかどうかはもう少し様子を見てからにします。

No title

>耐久性が有ろうが有るまいが軽いことが花なんだ!
 有るべき姿であると存じます。

No title

理事長様
初めてお目にかかります。さめじまと申します。
長くなったので割愛したのですが、(落雷する直前ではありませんが)テント内で先輩の金属製のマグカップに帯電?放電?したりはしていました。
それも一度だけの現象だったり、それ以外に、例えば、仰るような皮膚への違和感などは感じなかったので、皆でおぉ〜!?とか言っていたのですが…危険察知能力が低すぎだと、今思い出しても赤面ものです。
私が助かったのは、理事長様が仰る「体幹部に回路ができなかった」からで、本当に偶然だったのだと改めてわかりました。

No title

(続きです)
最近、某山の雑誌にカーボンのストックの落雷可能背について指摘した某ガイドさんの記事がありましたが、あれは完全な誤報です。
最近は山の雑誌も、記事の社外発注化が進み、編集部の段階でのチェックも不十分なのが気がかりです。
むしろ“さめじま”さんの幸運な経験などを記事にしてもらうといいですね。
しかし、稜線で雷雲の中に入るのは想像を絶する恐怖です。金属製の指導票がビリビリ音を立て、先端から刷毛状放電が起こり、皮膚に鳥肌が立ったような感覚を覚えたらじきに落雷があります。
そんな時は、即稜線を離れ窪状の地形にツエルトを被って横になってじっとしている位しか方法がありませんから・・・。
その時に金属(カーボン)製のものが身近にあった方が、体幹部に回路ができずに助かると言う逆転点現象も在り得ますので、体を低くすることを優先に考えて行動し、後は運を天に任せるしかありません。
参考にでもなれば幸いです。

No title

横からすみません。
誤解が多いようなので一言!
カーボンの釣竿に落雷・感電注意のコーションステッカーがあるのは、竿の穂先を高い位置に保持していることが多いのと、竿を担いで列車の架線下をくぐる事での感電事故が多かったためで、カーボンが落雷を誘発するということでは決してありません。
電気抵抗的にはアルミ合金の方がむしろ落雷を誘発すると言っても良いのです。
(続く)

No title

わたしが、以前、GWに白馬主稜で落雷した時は、モロに稜線上のテントの中でした。天候が悪く視界が良くなかったので、沈殿を決め込んで寝ていた時でした。
おそらく、テント入り口に刺してあったピッケルのピック=>シュラフのジッパー=>私の肩=>私の肘=>テントの外のアイゼンといった経路で抜けていったものと思われます。
このとき、テントに落ちずにピックに落ちたと思っているのは、テント自体は一部に小さな穴があいたりは見られたものの大きな損傷はなかったのに比べて、ピックは先端が少し溶けている(?)ような状態だったためです。また、シュラフのジッパーは弾け飛んだような状態でシュラフの破損もかなり見られました。
体の方は、衝撃しか感じず、落雷後しばらくは腕の感覚が全くない状態でした。ちなみに、雷の入り口は3度、出口までの間は2度の火傷でした。
わたしとちょうど反対側に寝ていた先輩は、感電したようなしびれを感じたそうです。その後何とか下山して後遺症もなく生活しておりますが、雷が胴体部分を通っていたら危なかったかもねと言われました。眼鏡をかけていたので、頭部にこなかったのも運がよかったかと。

No title

横から失礼いたします。
基本、JSBさんの仰る通り、雷は少しでも高い位置に落ちるようなので平らな位置の場合、平地にテントなら素材は関係ないかと。
あと、低い姿勢を取るのが基本の方ですがしゃがむのが良いようです。寝転がったりしていると落ちた雷が地面を伝わるといいます。
私は落雷経験がありますが、取り立てて詳しい訳でもなく、一般的に言われてているようなことしか知りませんが、わたしのときの体験をご参考まで。

No title

極端言うと、カーボンポールのドームテントの脇に
ビニール雨帽子を被って立っていたら。
間違いなく、人の帽子のツバ部分へ落雷します
そして、同じ設営高さなら、尖ったほうへ落雷します。
素材の差は、ほとんど有りませんでした。
 落雷防止には、とにかく ひれ伏せる!    格言です(苦笑)
   逃げ切れず、でも  樹の真下もダメだ、と知っている

No title

例のシェルター、設営地点が分かったとは凄いなぁ!
Tyvekテントを自作したバカブンドさんの解説では、あの素材は伸びないので、この形状はきちんとした設営が難しいでしょう、とのことです

カーボンポール:逆に考えると、避雷針の真下に寝ている状態が
ドームテントでの生活様式。とも言える。以前、東京電力の群馬県辺りにある落雷の研究所の実験に立ち会いましたが、平原に立っているような
設定が一番危ないです。ゴルフ、釣竿などは、最悪でしょう。
その意味では、草付きの平らな場所にテントは、金属、プラスチックの材質にほとんど関係なく、少しでも高い位置へ落雷しています
ずばり、直撃を受けたら、衝撃で飛びますが命は助かる可能性あり。

No title

長すぎて弾かれたので二度に分けます。
ところで、森林限界内幕営釣行で当方Gatewood Capeも愛用しております。
側壁内側にCape使用時の裾調整用にループが付いているのですが、これがビヴィーのネットを吊るすのにジャストです。
ネット付ビヴィーの四隅をGatewood Capeのコーナーに繋いでこのループを利用してビヴィーのネットを吊るせば、見事に最軽量のツーウォールテントが出来上がります。
結局カヤ型ネットでは隙間が出来るし、蛭、マダニ、ムカデなどの地を這うcreepy crawliesは防げないです。
ちなみにこれをするには、左ジッパーのビヴィーが出入りも考慮すると適しております。
つまらない事ですが、参考までに、、、、

No title

ULドームシェルター愛用しております。
主な用途は厳冬期冬テンとしてと夏季標高2千5百メートル以上での使用です。
今回のカーボンポールの記事非常に興味があるのですが、当方渓流釣りもやっておりますが、カーボンロッドに張られた脅迫とも思える落雷の注意書きにビビッております。
カーボンは避雷針のごときものとか?
事実避雷針はカーボンから作られているとか?
そのせいか大手メーカーは採用しないと思われていたのですが、「安全」を社名に据える某アメリカのメジャーメーカーが採用に踏み切りました。
カーボンポールと落雷の危険性の事実関係について何か情報をお持ちでしょうか?

No title

JSBさん、
あのシェルタ-、張ってる場所が分かりました!
あそこの近くにお住まいのあの方の仕業?

No title

ulgoodsさん、仰る通りですね!
カーボンポールのジョイント部の強度が心配なので奇数で組んだほうがよさそうです。ょ、ツォ・・いやLoss Blackさん(笑)

>CarbonRefrex
気にはなっていますが、見送り中です。
ツォンさんの後を追ってbivanorakを、そしてulgさんの後を追ってgatewoodを仕込み中です。
どうしても通っておかねばならぬ道のような気がしています。
あと、tyvekふとんカバーは船場で買えるようなので、自転車で買いに行く予定ですw

No title

JSBさん、素敵なシェルターです!
しかも日本製。
超軽量ではないですが、1人使用ではPALACEですネ。
次期バージョンが気になります。

No title

JSBさん、他にも色々と応用例があるんですね!
http://www.th21.jp/bbs/jsbjsb/index.html
素材の革新とともに常に進化し続けるストーブ魂に敬礼!

No title

ファーストライト用のポールから1節抜いたということですが、通常奇数本で構成し、頂部にジョイントが来ないようにするのですが...
両端を半分づつ詰めるのが吉かと。

こーなったらCarbonRefrexいってみます?

No title

BPLで見かけた、Tyvek製の円錐形テント 650g本体 だとか
えーと、、、床無しです単壁、継ぎ目無し、
日本製と聞けば、気になる存在でしょ? (笑)
もっとゴツイものを、次期バージョンにと考えているよう、でもあります

No title

カーボンフェルト
此れを、海苔巻きのように丸めて、エスビットスタンドに乗せる(数グラム)
アルコールをぶっ掛ける! 着火すると5秒で全開の青い炎の燃焼
火力も強い。包まって寝たいぐらいの、うふふの感触良いフェルト。
耐熱温度1300度、しかも安い、軽い 、etc
  ☆URLをクリックしてください。JSB作のストーブです
      18禁だが、、、(爆笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。