スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Headlamp for one-day-hiking

泊まり装備で出掛ける時には、基本的に夜間行動はしないので、ヘッドランプは絶対的な明るさよりも軽量コンパクトさ優先の方がいい。
ところが、デイハイクで夜間行動が見込まれるときに装備するヘッドランプは夜間行動時の安全性が要求されるので、少々重量があってもガッツリと明るい方がいい場合もある。
デイハイクのエマージェンシー対策はルートや気候によってビバーク装備に重点を置くか、安全圏への脱出装備に重点を置くかの判断は必要だが、泊まり装備にくらべて極端に装備重量が軽いのでヘッドランプくらいは少々重くても強力なほうが心理的にも安心かも。

どちらの場合も最悪の事態にそなえてバックアップ用の超軽量ライトが一つあるとさらに安心。

先日、少し借りて使ったPETZL MYO RXPは歩きやすかった。 かなり明るいし、スポットと拡散光の切り替えも使いやすくてよく出来ている。 値段がちょっと高いけど、デイハイク用にはいいかも。 安全には代えられない。
さらに強力なUltraシリーズとかも気になる。



PETZL MYO RXP  ¥13,125(税込価格)
● ハイアウトプットLED 1灯
● 3つの照射レベル、点滅モード
● 最大照射距離: 97m(ブーストモード)
● 最長照射時間: 95時間 (照射レベル1) ● 単3アルカリ電池 3本使用 (付属)
● リチウム電池使用可能
● 重量: 175 g (電池含む)
● 全天候型 IPX4



L→R
PHOTON Freedom micro 12g(w/2xCR2016)
PETZL e+LITE 26g(w/2xCR2032) ・・・ 2009モデルはヘッドバンド調節用パーツがホイッスル付きに
PETZL TACTIKKA 99g(w/3xeneloop AAA)



Peace!!(・ ・)v
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

ulgoodsさん、戦闘用ロボット整列ッ!ではありませんがそういわれると確かにロボッぽいですね(笑)

ヘッドランプではありませんが、この夏のお帽子はサンバイザーかなと、フォトンマイクロタイプのLEDをサンバイザーのつばに2つくらい縫い付けてやろうかなと考えています。

No title

写真右から
ドム
ザク
バトルドロイド
最初の写真はガンダムやね!

No title

8848さん、先日(4月半ば)に少し借用しました。
かない強力な印象です。
六甲全縦路ではタクティカを使用。4時間半ほどのほぼ真っ暗な樹林帯歩きでは少し光量不足を感じました。

No title

こんにちわ。
縦走お疲れさまでした。
このpetzl newモデルは昨日使用されたのですか?
私など、暗いと不安で不安で。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。