スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ray-Way Backpack 補修 Repair

右ショルダーストラップ下側とボディとの接合部2本のベルトのうち1本の縫いつけが取れた。信越トレイルで水・行動食込みで約6kgぐらいの荷物を入れ、トレラン用パックでもないのにラン用にストラップを極端に短くして背中に密着させる背負い方で40km弱の距離を走り回ったので付け根部分に極端なストレスが掛かり続けたのだろう。よく調べてみると、左側の同部分にはあるステッチが壊れた右側のベルトには掛かってなかった。恐らくこのステッチ1本がうまくストレスを緩和していたのかもしれない。ブリッっとステッチx2本を掛けて修理完了。 これでまた使えるよー!とても気に入っているRay-Way Backpackだが、丁寧に扱うのではなく、なるべく過酷な使い方をして強度をテスト中。今回、恐らく補強のステッチが1本掛かっていなかったためにベルト基部1/2が取れてしまっていたが、残りの1/2でもしっかりと固定されており、帰ってから点検してみるまで何の問題もなく使用できていた。そしてシンプルな構造なので修理も簡単だった。一見したところ非常に華奢な268gのバックパックだが、とても巧妙にデザインされているようで強度的にも十分丈夫に出来ている。Ray Jardineのデザインは素晴らしくよく出来ていると思う。実用的で使いやすいだけでなく強度も十分にある。長い時間を掛けてフィールドでテストを重ね、あらゆるストレスポイントを分析して補強してあるようだ。しかも最低限の重量でそれを実現しているところが素晴らしい。シンプルな道具なのに使い込むほどに納得のデザイン。




Peace!!(・ ・)v
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

ulgoodsさん、まだまだ持ち物が多すぎますね・・。
増やしたり、減らしたりしながら右往左往。
困難ながらも楽しい道です。 

No title

彼的には
All you really need is a trash bag and some duct tape.
らしい...

No title

JSBさん、CFについてはまだまだ可能性を感じています。
鍋つかみとしてしか応用できていない自分ですが、今後はコジーや風防方向でも遊んでみたいと思っています。

蚊にさされてもいつも痒くなってからしか気付かないので困っています。
刺される前にセロテープを貼っておくわけにもいきませんし・・(笑)
刺されない方向での予防希望です。

デンタルフロスと木綿針やダクトテープの携行には賛成派です。
針とダクトテープはあまり利用していませんが、フロスはよく使っています。

No title

ulgoodsさん、ゴム系の接着剤で仮止めも兼ねてみてはどうかなと思いましたが・・。
針と糸の通りを阻害する可能性も考えられますね。
まずは捨て布で試してみます。

自分はデンタルフロスファンなのでデンタルフロスと木綿針を携帯するようにしています。
話は変わりますが、最近はポイズンリムーバーもFAKに必須な感じがしています。

No title

誰だったか、デンタルフロスの糸を携行して薦めていました
感心した記憶があります

No title

接着剤の性質によると思いますが、私の感覚では接着剤だけで保つとは思えません。ここは力と繰り返しの折れ曲がりや捻れが掛かる部分ですから強度としなやかさが要求されます。
固めると素材自体が折れる心配。接着剤でガチガチに固まると針が通りませんし、粘っこいと糸がネバってミシンで縫えないし。
やってみないと分からないけど...

針と糸は携行しています。

No title

接着することで、シームシーリングも兼ねる (冗談です)

CFについては、JSBは単なる 伝道師に過ぎません
ただ
よいものをおしえてもらったので
多くの人たちに、伝えました
ストーブの立ち上がり時間の短縮などに効果ありましたね

ps  蚊に刺されたときは、すぐにセロテープを貼る!
          空気と触れないと、痒みが出ない  とか(笑)

No title

JSBさん、あっ その手がありましたね。
マチ針を打つ手間で接着しておけばよかったーッ!
縫製物なので修理も縫製でと一元的に考えていました。何事も多元的に考えないと・・。
次回から試してみたいとおもいます。

No title

JSBさん、拝見しましたッ!やっと世界がJSBさんに追いついてきた感じです。
worldwideな火遊美、楽しみにしています。
お礼だなんてとんでもないです。いつもワクワクドキドキをありがとうございます。

No title

繊維素材には、まったくの素人のJSBです、疑問なのですが
一度縫製が千切れた箇所は、修理の際に
接着剤の併用は邪道でしょうか?
要するに、応力集中があるのなら、応力変化の階段部分が無いほうが
好いような気もします。
やり過ぎは、ゴツイだけで、ショック吸収が低下するから NGかな(笑)

No title

ミニブルデザインサイト、遂に カーボンフェルトの気化の良さに脱帽!

このたびのCFキャンペーンには、ビヨンドさん、monちゃん、多くの皆さんのご協力を仰ぐこと出来ました。お礼申し上げます
良いものを広く世界へも(笑)
知らせることが出来たと、感じています!
 共有できることに、感謝しています!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。