スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20090814-16_2

14日天狗山荘でも15日五竜山荘でもシェルターは夕方~夜までの荷物置き場として利用しただけ。
就寝時には撤収してパックの中。 天候状態よければ特にシェルターの必要性を感じない。
14日夜は超快晴でずーっと満天の星空&流星ショーを眺めることが出来た。気温は10℃。
15日夜は少し曇って気温も高くて暑かった。夜半から湿度も上昇。翌朝Bivanorak内はひどい結露。Bivyは換気が悪い。
寝袋はRock Wren
シェルターはSpinnShelter

そういえば、07年の白馬大池でも星を見ながらで寝てたなぁ。

晴天の北アの星空は超最高☆






Peace!!(・ ・)v
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

yaslerさん、保温材だけは足りないとどうしようもなくなる可能性があるので「備えあれば憂いなし」が吉かと。
自分も有事に備えて化繊の衣類系にウェイトを置く傾向にあります。
行動着としても使えますしね!

No title

なるほど分かりやすい説明ありがとうございます。
でもこの寝具の組み合わせというのは、体質なんかもあるから自分でベストを模索するしかないんでしょうね。

インサレーション衣類を厚手にする理由に、シュラフを水没させた事がまだないのでそれを恐れているというのもあります。

No title

はじめまして!
美紀といいます。
この度ブログを始めたので挨拶で
コメントさせて頂きました。

私のブログは競艇やギャンブルが主になっちゃうと
思いますが日常の事もいろいろ書いていくので
よかったらコメントください☆

No title

yaslerさん、どもッ!今回は荷物の点数を減らしてみたかったので、1stレイヤー+フーディニの上に厚めの寝袋とBivyにしましたが、
自分的な好みではやはり1stレイヤー+しっかりインサレーション衣類+薄め寝袋(もしくは寝袋無し)+Bivyです。
シェルター使う場合は、↑のタイベック素材と使ってキルト形状のカバー作っておくと、Bivyよりも温度湿度調整しやすくて便利かもしれません。
Totalの重量的な効率ではゴツめの寝袋単発の方が就寝時の保温性のみでは優れていると思いますが、
設営から撤収まで寝ている時間ばかりではないですし、濡らしたり破いたりというトラブルにも寝袋単発だと不安度が高いので、インサレーション衣類しっかり系+寝袋派です。

お天気はラッキーでした!

No title

JSBさん、布団干し袋のタイベックの方がBivanorakの生地より透湿性良さそうです。
以前にJSBさんがご紹介されていたときから欲しかったんですよねー!
近々に入手してみます。

No title

bphiroさん、お帰りなさい。ご無事でなによりです
今回の北アはお天気最高でラッキーでした。
久しぶりの人とも会えて楽しかったです。

No title

どうもです。
写真見たところ就寝時はシャツだけ着て、ブリブリのシュラフにくるまるという感じでしょうか?

ボクはどうしてもビビって厚めのインサレーションを着込んで、逆に薄いシュラフにくるまりがちなんですが、これってやはり効率が悪いんでしょうか?

しかし天気が良くてうらやましいです。
ボクは遠征するとほぼ雨なので・・・。

No title

>翌朝Bivanorak内はひどい結露。Bivyは換気が悪い。
そこで、提案!です
tyvek製の布団干し袋:これが結構使えるんですよ、370gです(笑)
小物入れには、枕干し用の10LぐらいのTyvek袋も、最近登場!
もちろん、シームシーリングは施されていませんが、安い!

No title

白馬も久し振りに行きたいな~皆で合流して楽しそうで良かったですね!
画像も最高ですし、恒例のゴリラポッドでの自分撮りもナイス(^_-)
後ろで追いかけて走ってる奴も(^_-)-☆
パックの写真はメーカーのカタログ表紙に使えますよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。