スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hydrapak softflask

Hydrapak softflask ハイドラパック ソフトフラスク 8floz/237ml
重量 22g

先日北アの帰りに立ち寄った信州トレイルマウンテンにて奥野氏に勧めていただいた。

長所として、
・ソフトタイプなのでジェルを最後まで搾り出しやすい。
・他のフラスクと比べてバルブからのジェルの漏れが少ない。
・ソフトタイプなので、満タン時でもパックのウェストポケットなどの形状に沿うので嵩張らず携帯するストレスが小さい。
・丈夫、ハイドラパッククォリティ


走りまくってる奥野氏のアドバイスは実践的でなにかと参考になる。 氏の泊まりでのラントリップ用の装備は超ミニマムでライトウェイト指向。
奥野氏がラントリップ用に改造したエマージェンシーソロシェルターも見せてもらって改造のポイントを説明していただいた。 非常にクールな仕上がり。






Peace!!(・ ・)v
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

横から失礼さん、岳人の奥野氏の装備かなり究極ですね。
自分的には一番気になる改造シェルターの詳細を現物にて説明していただけて大変有意義な訪問となりました。

No title

奥野氏のシステムは最新号の岳人・テン泊特集に載ってます。
ULっていうよりも完全なアドベンチャーレース仕様のようです。

No title

cossycossyさん、どちらのシェルターもかなり小さいですね。
選択肢があるのは良いことかなと・・。

上記補足に書いております「そのまま伸びて前後の張り綱に」はまさに仰っておられる構造のガイラインです。
いいアイデアですよね。

No title

僕的には、アライテントのシングルツエルトはベースに考えたいです。
http://www.arai-tent.co.jp/lineup/shelter/shelter2.html#b
用途、目的によっても違ってくるとは思いますが、やっぱり、ヘリテイジは床面積が小さすぎる気がします。でも、この程度の床面積の違いで100gも違うんですね。100gの憂鬱・・。
ダイニーマ通しの補強は、机上だけで考えてもメリット多そうですね。いっそのこと両端を1、2m延ばしたままにして、ガイライン一体型にしてしまうとか。どうせ持っていくんだし・・・。

No title

JSBさん、補足しますと、構造材として通すダイニーマコードはツエルトの両端にて一旦縫製固定された後、
そのコードがそのまま伸びて前後の張り綱になっていました。
コードをステッチ間に通す小道具は安全ピンです。
確かRay-Wayの自作スタッフサックの紐も安全ピンで通せと指示書にありました。
洋の東西を問わず、実践主義者は身近なモノの利用法に長けているようです。
ちなみに、氏はテントメーカーでテントの縫製も経験されていたようで、改造ツエルトの仕上がり具合もピカッとしていました。

No title

お店のマスター:サイトのコンテンツから読み取ると
かなりの実践主義なお方のようですね。
優れたTipsも、数多くあると想像しています

>長辺シームダブルステッチ内側x3にダイニーマコードを通してテンションを掛けて設営できるようにしてありました。

この手法は、今後、流行りそうな気配ですね
早速、手持ちのツェルト、φ2mmコードを通してみます
やるきっかけを待っていた、JSBです (笑)

☆底縫い付け+フルシームテープ=早い話が、チューブテント!
                        でしょう?
     一味違う!ダイニーマの肝入り お吸い物(爆)

片方だけ、持ち上げて設営するやり方で、ヘネシーハンモックでも
実験しているひとがいるんですよ、海外だけど、、、、、
 セロファンシートは、使っていないようです、がはははは

No title

JSBさん、きちんと比べてませんが一回りくらい大きめかと・・。

>ラントリップ用
待ってました!(笑)
半底割れを縫い付け、縫い目はフルシームテープ、長辺シームダブルステッチ内側x3にダイニーマコードを通してテンションを掛けて設営できるようにしてありました。アクリルコーティングの超撥水加工はなかなか強力らしいです。
ポールはタープ用ポール改のストックx2本。 登り用のレングス短め仕上げ。 シェルターの前後から2本で釣ってテンションかけて設営できるだけでなく、エマージェンシーソロシェルターの入り口の三角形部分内側にAフレーム構造でガッチリとインサートすることができるようになっていました。長辺方向x3のダイニーマコードとの組み合わせでかなり風にも強く設営できるようです。
ポールx2でAフレーム+ダイニーマコードでテンションというアイデアはシンプルで素晴らしいと思います。

No title

これって、チューブ入りのバター よりも大きそうです

ナルゲンの、お尻が巻き取り式のチューブ容器にも 近い形です

ラントリップ用、巻き込み幅を少し残して
床の中央部をバッサリと、切り取っちゃう オオワザ かな(笑)
専用ポールは、、、、持たずに  現地調達?
ガイラインだけあれば、、、
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。