スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nunatak Ark Alpinist

楽しみにしていたダウンキルトが届いた。nunatakのArc Alpinist size L、生地は表裏とも最軽量の0.8 oz Pertex Quantumでダウン2oz増量足元にいくにしたがって高くなっていくロフトと秀逸なフットボックス胸元のロフト、350ml缶より少し高いくらいステッカー3色セットnunatak Ark Alpinist
SIZE LONG, OUTER SHELL 0.8OZ PURPLE, INNER LINING 0.8OZ BLACK, 2OZ OVERFILL
重量 600g

全体的にバランスが良く、素晴らしい出来!!
まじで気に入った!!
コイツを見た後は、GoliteのUltra20がオモチャに見えた。手元のUltra20のLサイズは偶然にも同じ重量。 で、この中味のつまり具合のとロフトの差はなんなんだ。
Ultra20は悪くない、nunatakが良すぎるだけ。

生地が軽いのでダウンが生地の重さに押さえつけられてないみたいでロフト感がよい。
フットボックスの作りは超秀逸でマニア泣かせ。

ダウンのオーバーフィルはTomさんに相談したらベストは2ozってことだったんで、おまかせでやってもらった。
足元にいくほどにだんだんとロフトが上がっていくような仕上がりでよい感じ。

nunatakは注文後に生産に入るので通常の納期は6週間。
今回は8月にたまたまclearanceのページでダウンをまだ詰めてないシェルだけのを見つけたので比較的早く入手できた。

nunatakのウェブページだとArk AlpinistのLARGEはfill weight 12ozでtotal weight,quantum 22oz。
ってことは1ozクランタムのシェルだけ重量は10oz、0.8ozのquantumに生地を変更してるのでシェル重量10ozx0.8で2oz減、にダウンの2oz増量でトータル重量は差し引きゼロの22oz(約622g)がカタログ値からの予想重量。nunatakはカタログ値よりも重く上がってることが多いみたいなので650~700gの間で上がってくることを予想してたが、軽い方向に裏切られた。ちゃんとダウンのoverfillしてあるの?とも思うが、キルトとしてのバランスは超イイ感じだし、invoiceにはちゃんと2OZ Overfillと記載してあるのでよしとしておく。

600gのダウンキルトでこのロフトってことは、あのシェルターと組み合わせると、保温能力はあれくらいになるだろうから、衣類はあれとあれでいくとするとトータル重量あんだけであれくらいの温度域まで対応できるシステムが組めるなぁ・・と想像が膨らんでいく。 お泊まりハイキングのいい相棒を得た。 これからちょうど活躍できるシーズンだ。 寒くなるのを楽しみにさせる一品。


nunatakのダウンJKTやらPNTやらも欲しいな。




Peace!!(・ ・)v
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

河童さん、ありがとうございます。
nunatakというガレージメーカー、よい仕事をするようです。

No title

Martinさん、Thanks! It is my 1st nunatak.
I like the balance of 0.8oz Quantum fabric and 2oz overfill. They make good loft.

I stay tuned your scarp 1 flysheet story. exciting!

No title

>足元にいくにしたがって高くなっていくロフト
 私の経験からも大切な事だと思います。

No title

Stunning kit. Very well made and a good choice.

"マーティン"

No title

JSBさん、拝見いたしております。
軽量で収納性も良さそうなので、冬場のマット一枚じゃ断熱性が足りないときなどのマット2枚重ね攻撃用にも良さそうです。
これだけ軽量ならいっそのことフリースジャケット等の背面に縫い付けても良いかもしれません。真上向きにしか寝れなくなりますが(笑)

No title

わずか40gの世界最軽量スリーピングマット「U.L.フィッシュボーンマットEVA」登場
という、衝撃的なお題に、目が釘付けの記事
すでにご検討されていますでしょうか?
試作数点での リミテッド・ウエイトは、40gにまで絞り込んだ とか
この発想は
過去の古典芸能を抹殺する勢いかも
マリオネット・マットとも呼ぶべき、新領域ですね (笑)

No title

pandaman、テントにでも入れば余裕だと思います。
昨年本格的に寒くなってから今年1月の八ヶ岳までで”寝具も衣類もinsulationは化繊のみしか使用しない”での就寝実験は終え、自分なりのデータ取りは出来ましたので、今シーズンは積極的にダウンとVBLについて実験していきたいと思っています。また、ダブルウォールテントにも興味を持っています。

是非ともフットボックスの内側をお見せしたいです。底面部分内側(足裏パート)はバスケットボールを半分に切ったくらいのドーム型羽毛室がムッチリと足裏方向へ盛り上がっています。
エビスはそこを触りながら飲みました(笑)

No title

シュラフがダウンの場合は寝間着もダウンですよね、
ヘリオス上下とでー10℃辺りですかね?

それにしても美しいフットボックスの立ち上がり、
これを見ながら飲むエビスは最高でしょうね〜。

No title

ulgoodsさん、GhostもSkahaもどちらも刺さりまくりのアイテムです! いいなぁ。
Rakuにも一時脳内を占拠されましたが、現在はJKT+Akuraチームが勢力を増しつつあります。 結局は着の身着のまま系で眠りたいパラノイアかもしれません。
PossumDownの腹巻は、ミネソタの兄弟も欲しがりそうです。

No title

ええ、アンコの少ないAlpinistと増量のGhostの差が小さくなってしまったので、Alpinistを増やしてもらいました。ってな話が出来るのもよいですね。
Skahaも私のはカンガルーポッケ付きのEPICですが、イイ感じですぜ!

残るはRAKU
ダブルは縁がないです...

Quiltでは背中が冷えそうなので、PossumDownにて腹巻きの製造を考えているところです。

No title

ulgoodsさん、.8 Quantum、キルト生地には良さそうです。
サイズ・ロフト・重量のバランスが絶妙で気に入ってしまいました。
ついでに、Skahaとかまで気になってしまってます・・。

>送り返して増量
規定量入れたがらないのは困りますが、話のわかる人なのですね。

>一時期は
全然知りませんでした。再起されて良かったです。是非とも続いて欲しいガレージメーカーです。
個人の仕事というのは貴重なモノですね。

No title

を!軽くいて良いですね。
私のはEPICでちょと重め...クリアランス物を買ったら、期待より軽過ぎだったので送り返して増量してもらいましたが、どーも規定重量入れたがらないようです。
Tomさんも一時期は交通事故で再起が危ぶまれましたが、完全復活で良かった!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。