スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機内持ち込み手荷物だけの旅というスタイル

海外国内問わず、最近はもうそんなに頻繁に旅行をすることもなくなってきたのだけれど、気持ち的にはいつでも旅には対応中。
2010年からはまた出来るだけ旅行に出かけたい。
どうもこの2~3年おとなしくし過ぎてた。近頃の自分には旅行の必然性を強く感じる。
ハイキングして歩きまわるこの世の楽園も素晴らしいが、各地の人やら街やらカルチャーやらの俗世間にも興味がつきない。

機内持ち込み手荷物に関する国際線の規定は従来から各航空会社ともにほぼ同様の規定だったが、航空会社ごとにバラバラだった国内線旅客機の客室に持ち込める荷物のサイズ規定が2009年12月から各社で統一された。

座席数が100席以上の機種の場合、荷物の3辺の合計が
115cm(45インチ) サイズW55cm×H35cm×D25cm(22 x 14 x 9 inches, with the linear measurement (length + width + height) not to exceed 45 inches)以内。
100席未満の場合、荷物の3辺の合計が
100cm以内(45cm×35cm×20cm以内)。
重さは席数に関係なく「10キロ以下」。

液体類の持込については、あらゆる液体、ジェル類を100ミリリットル以下の容器に入れ、それらの容器を容量1リットル(縦横の辺の合計が40cm以内)以下の透明で再封可能なジップロック状のプラスチック袋に入れての持ち込みとなる。

その他に持ち込めるのは、ショッピングバッグ、ハンドバッグ、カメラ、傘などの身の回り品。



体験上も納得。身軽で気軽なトラベルスタイル。
路地裏旅行入門 Respect!



Peace!!(・ ・)v




画像はpatagonia mlc 2008 model 普通のバッグとウィーリーと。
サイズは今回の規定改変ギリでセーフ
-----
patagonia(パタゴニア) MLC エムエルシー Retro Khaki (176)
出張に!遠征に !中央アメリカでのヒッチハイク ! 列車での旅行 !3連休の小旅行に!

絶大な人気を誇るMLC(マキシマム・リーガル・キャリーオン)に最新のコンパートメント・システムを導入して改良。
その結果さらに便利で機能的なソフト・スーツケースができあがりました。
ほとんどの航空会社の機内持ち込み手荷物のサイズ基準を満たしながら、3~5日分の衣類を収納できます。
ターミナルを猛ダッシュする時は本体に収納されている人間工学に基づいたショルダーストラップを取り出せばバックパックとしても使用可能。
「象の耳」型のジッパー式コンパートメントと外側のポケットは片手でアクセスでき航空券やパスポート、携帯電話の収納に便利です。
メインコンパートメントは内側に間仕切りの役割も果たすパネルと耐水性ポケット付きで、汚れたウェアときれいなウェアを分けて収納できます。
コーティング加工済みの素材(1,680デニール・バリスティック・ナイロンと150デニール・ポリエステル)が雨やみぞれを弾きます。

サイズ:55cm x 37cm x 20cm
容量:43 リットル 
 3日から5日分の衣類を収納可能。角に丸みがあり摩耗しにくい。
鍵の取り付けが可能なスライダーを備えたYKKR コイルジッパー
メインコンパートメントは内側に間仕切り付きで、きれいな衣類を靴や洗濯物と分けて収納するのに便利。
ハンギングポケット付き。
外側のジッパー式ポケットは搭乗券など素早くアクセスが必要な物の収納に便利
もう1つの外側のジッパー式ポケットは片手で必需品にアクセス可能。
キークリップを備えたIDタグ付き
3つの運び方が可能なデザイン:
〈バックパックとして〉人間工学に基づいてデザインされたバックパック用ストラップは使わない時はジッパー式コンパートメントに収納可能
〈ショルダーバッグとして〉中央にスリットが入ったショルダーストラップを備え、使わない時は収納可能
〈手提げとして〉布製の持ち運び用ハンドル付き
1,680デニール・バリスティック地ナイロン。裏地:150デニール・ポリエステル。両素材ともポリウレタン・コーティングとDWR(耐久性撥水)加工済み
1332 g (47 oz)

-----

patagoniaパタゴニアMLCウィーリー

実用性を重視したMLCにホイールを付けました。
空港の通路から荷物回転台の人混みをすり抜け、さっと外に出られます。
3~5日分ほどの衣類の収納が可能で、メインコンパートメントには間仕切りの役割も果たすまち付きのメッシュポケットを備えているので、汚れたウェアなどの洗濯物を分けて収納するのに便利です。
内側には電子機器や洗面用具を収納しやすいパッド入りのジッパー式ポケットを備え、もう1つのパッド入りジッパー式コンパートメントには15インチまでのラップトップ・コンピューターを安全に収納できます。
外側上部のポケットは搭乗券やパスポートなど素早くアクセスが必要な物の収納に便利。
格納式T型ハンドルは運搬時に方向転換しやすく、でこぼこ道では持ち運び用ハンドルを使うことも、あるいは収納してあったショルダーストラップを取り出せばバックパックとしても使えます。
素材は1,200デニール・リサイクル・ポリエステル100%で、ポリウレタン・コーティングとDWR(耐久性撥水)加工済み。

サイズ:53cm x 38cm x 19cm
コンピューター用スリーブ:39cm x 27cm
容量:41リットル

1,200デニール・リサイクル・ポリエステル100%。
裏地:200デニール・ポリエステル。
両素材ともポリウレタン・コーティングとDWR(耐久性撥水)加工済み 3317 g

-----
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

出が紋さん、先日はども!
バッグひとつでもいろいろと旅の妄想が膨らみますね。
極限まで装備を切り詰めて最低限の荷物で移動する技術はきっと身軽で気軽で旅の楽しさを増してくれると思います。

No title

3WAYバッグですが、今回の手荷物寸法の規定改変を受けて、
来年は16年ぶりに買い換えようと思います。
あっしは国産ブランド”SOLO TOURIST”の45Lを持ってますが、
もう一回り小さくてもいいかな、と思います。

ULな野宿装備を詰めて、出張先であえて野宿してみるのも面白いかも
しれませんね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。