スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストームクッカー軽量化 ストームクッカー軽量化 ver.232g

手持ちのモンベルチタンクッカー#1本体のみ(焼け焼けのベコベコだが)をストームクッカーSのソースパンを組み合わせてみると、チタンクッカー#1の取っ手が付いたままでもインナーポットにスッポリと納まった。 で、ふと思いついた。

インナーソースパンとポットグリップの重量は134g

モンベルチタンクッカー#1本体 w/ハンドルの重量は84g

ver.282gのソースパン&ポットグリップをモンベルチタンクッカー#1 w/ハンドルと置き換える事で50g軽量化できて、ストームクッカーのセットがトータルで232gとなる。

<セット内容 フライパン無し>
T's stove【超軽】350ml custom for storm cooker
自作アルミ製ウインドシールド
ウインドシールド下
モンベルチタンクッカー#1本体 w/ハンドル
厚口アルミフォイル蓋(T's stove)
総重量 232g

ウインドシールドをver.282gの1.2周分ではなく1.0周サイズにすれば少々軽量化できるが強度が落ちて燃焼中ハンズフリーでなくなるので没。クッカーハンドル用の切れ込みを入れる方が、使い勝手がよいだろう。

ストームクッカーのオリジナルパーツは「下部ウインドシールド」のみとなってしまった。 これ以上進めて下部ウインドシールドも交換してしまうとストームクッカーではなくなってしまう。今でもすでにそうかもしれないが、自分的に必要なストームクッカーの最低限の性能は維持できているのでよしとしよう。


軽量化とは逆行するが、モンベルチタンクッカー#1をストームクッカーのノーマルのセットにアドオンで組み合わせると贅沢な3ポットのセットが出来上がる。2人以上やキャンプ色の強いトリップでは調理に食器にと便利に使えるだろう。(その場合チタンが内側、アルミが外側となるので、アルミ製ポット内側の擦れ対策に何かうすい素材を1枚挟み込む工夫が必要。)

ピース!!(・ ・)v
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

はい、そうです。さすがに河童さんは全てお見通しになられているようで・・。ピッタリはまるとニンマリしてしまいます。日本人の遺伝子ということで・・、引き続きがんばりましょうネ

No title

コッヘルとバーナーを組み合わせる事は私も熱中してしまうことがあります。軽量化よりコンパクト化が好きな私・・・。組み食器などを生み出した日本人の遺伝子かもしれませんね(笑)しかしお互い好きですね(爆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。