調理用保温コジー by サンシェード保温材


お湯を沸かす事に特化した軽量クックセットでの行程の場合、食事はフリーズドライ系になるので、保温調理している間に、せっかく作った熱をなるべく大気中に逃してしまわないように調理用コジーを用意した。

サンシェード保温材が余っていたので、20cmx60cmにカット。
重量は23g。

尾西のご飯を十二分にラップできる。この素材は二重になっているだけでかなりの保温力がある。
両端をクリップで留めたり、このままザックの空きスペースに突っ込んだり、スリーピングバッグとマットの間に入れたりするとさらに保温力は高まる。

熱の損失は防げるし、調理時間は短縮できるし、23g余分に持っても損はない装備。

調理終了後はコジーの畳み方を工夫すればそのままアツアツを手に持って食べる事が出来る。アルミのパック容器にスポークを突っ込んで食事するとまるで宇宙飛行士気分だヮ(!?)。

ピース!!(・ ・)v

関連記事

コメント

非公開コメント