スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MR.DYNAMITE 

そういえば昨日見てきたんだった。


MR.DYNAMITE The Rise of James Brown   ミック・ジャガープロデュースのこのフィルム(いまやデジタルデータなんだろけどね。あえてフィルムと書く)。JBのストーリーだけでなく、ジャズ、ファンクからヒップホップまで続く黒人のソウルのストーリー。そうそうたるアーティストや関係者たちのインタビューがこれまたディープ。パブリックエネミーのチャックDも出てくるよ。

ミック・ジャガーはこの2016年7月からスターチャンネルで放送の『「VINYL(ヴァイナル)」ミック・ジャガーxマーティン・スコセッシ製作総指揮 史上最高のロックンロールストーリー』でも自身の駆け抜けた時代のフィルム(いまやデジタルデータなんだろうけどね。あえてフィルムと書く。2回目。)製作にかかわってる。近々になにかもっと大きなムーブメントでもあるのかな。それともいまこれこそがそうなのかな。

PUBLIC ENEMYパプリック・エナミーのFIGHT THE POWERはJBのFUNKY DRUMMERをサンプリングした曲の中でもベストだって紹介されてた。

パブリック・エナミーのファイト・ザ・パワーはスパイク・リー監督の映画「ドゥ・ザ・ライト・シング」のために書かれた曲だけど。そのスパイク・リー監督は今年2016年2月の「白すぎるオスカー」といわれていた今年のオスカー受賞式の夜、オスカーをボイコットして、タキシードにゴールドカラーのジョーダンっていうファッションでニックスのバスケの試合を見にいっている。

ファッションと行動というまさに日常のアクションでFIGHT THE POWERな強力なメッセージを発信してる。スパイク・リーって素敵な人だな。

PUBLIC ENEMYのFIGHT THE POWERは社会や政治の権威や権力と戦う曲な。


で、お次は DON'T BELIEVE THE HYPE


Peace!!

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。