スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRIMUS P-114

もう4-5年は愛用しているガス用のシングル バーナー ストーブ PRIMUS プリムス P-114。
いまだにガスバーナーのなかではもっとも小型軽量な部類なんじゃないかな。
もうモデルが変わって今はP-115ってのになってる。

圧電点火装置を外した姿はシンプルでかっこいい。

ハイキングに持ち出すのはもっぱら雪の季節だけだけど、小型軽量で強力なガスバーナーはやはり雪を溶かして水を作るなどのパワーの必要な仕事には便利。
火力も結構調節できるし、点けたり消したりと小回りも効いてやはりガスバーナーは使いやすい。
欠点は少量のガスを携行したいときに、中身のガスの重量に比して容器である缶が重いこと。
110g容量の小さい缶ガスでも、満タン状態だと中身のガスの重量が110g、それと中身が空のガス缶のみの重量がだいたい87g-90gなので、満タン状態の小ガス缶を携行すると約200g。
ガス缶って丈夫だしほんと便利なんだけどね。
どーせ重たいついでだし、カチッと一発着火は気持ちいいのでってノリでイグナイターをつけたまま使ってたんだけど、点火の調子がいまいちになってきたのでイグナイターを取り外した。そのついでに、代替装置となる大好きなBiCのライターといっしょに計量してみた。

本体50.7g 圧電点火装置13.9g ライター14.1g
ライターとほぼ同じ。
ってことはライターの方が火花飛ばす仕組みが電気仕掛けじゃなくて物理的にシンプルで壊れにくいし、なんならそれ単体でも火がつくし、随時新品にアップデートできるし、同じ重量なら完全にライターとの組み合わせで持ってく方が全然いいじゃん。 ってことで、イグナイターはゴミに。
しかもこのライター、買ってきたままのまっさらな状態なんで子供のいたずら点火防止装置もまだ取り外してないし(BiCのライターはペンチで引っこ抜ける)、【警告】ステッカーも貼ってあるまままだ剥がしてないし(あらゆる不要なステッカーは剥がして愛用することにしている)で0.2gとかの差は消えてなくなるはず。どっちにしても何回かショボッって着火してガス消費しちゃえばすぐに軽くなっていくんだけどね。

うーん。それにしてもアルミの削り出しとチタンの精密な部品の組み合わされたこの小さなバーナーはほんとにかっこいい。こいつのデザインがかっこいいからずっと愛用してるってところもある。ってか、そこんとこがかなり大きい。いま出回ってるガスバーナーのなかでもこいつかなりかっこいいと思います。買うときもかっこいいからこれにしたしw

ちなみに
旧型P-114と現行モデルのP-115を比較してみると、
-----
P-114
PRIMUS(プリムス) 114ナノストーブ P114
出力:2.7KW/2300Kcal/H(T型ガス使用時)
ガス消費量:150G/H
燃焼時間:約90分(IP250ガス使用時)
MFMM採用ゴトク径:最大120mm/最小80mm
収納サイズ:5.5×7.7×2.8cm(本体のみ)/6.5×7.7×2.8cm(圧電点火装置装着時)
重量:本体51g+圧電天下装置部13g
ナイロンスタッフバック付属(ガスライターポケット付)

P-115
115フェムトストーブ
点火装置付きで56gを実現した最軽量ストーブです。火力調整つまみを押し込むだけで点火が可能な新型装置を搭載しています
¥7,000(税抜) 圧電点火装置付
出力:2.5kW/2,100kcal/h(Tガス使用時) 
ガス消費量:170g/h
燃焼時間:約80分(IP-250ガス使用時) 
ゴトク径:大120mm/小80mm
収納サイズ:5.4×7.4×2.7cm 
本体重量:56g
-----
外観的にはP-115はP-114では外付けでかさばってた圧電点火装置が内蔵されてシンプルになっている。そして内蔵イグナイター付きの状態でP-115の方が8g軽い。でもP-115はイグナイターが取り外しできないので、イグナイターを外した状態ではP-114の方が5g軽い。パワーとか燃費とかは使い方にもよるしそんなに大差ないんじゃないかな。
新しいP-115のデザインについて、もう少し火力も強くてゴトクも大きい便利さ優先タイプのバーナーならなんなんだけど、こういったシンプルで小型軽量さを追求してるタイプのバーナーの場合は、構成部品の少ない設計のほうがシンプルだしトラブルの可能性も少ないしで優れている点が多いと思う。ってわけで点火装置は無しかもしくは取外せるデザインの方が好みだな。デザイン気にいっているしまだまだP-114を愛用しよう。

ガスバーナーながめたついでに、
あらためてヘビーに使い込んでるアルコールストーブを見てみると

4.6g

ウィンドスクリーン(風防ね)といっしょでも13.6g

ついでにチタンカップ、ライターと折りたたみスポークもいっしょで88.5g

アルコールストーブもウィンドスクリーンもハンドメイド。だからコストめっちゃ安い。作り方もすごく簡単。
そしてかっこいい。
ガスバーナーと比べるといろいろ不便だし、火力弱いけど、超シンプルで超軽量。大好きなシステムです。
意外に丈夫で長持ちしてるしね。
燃料であるアルコールの持ち運びだけど、これは少量の場合は目薬の容器くらいの入れ物から大容量になると炭酸飲料のペットボトル(普通の水のペットボトルとかと比べると炭酸飲料のペットボトルの方がずいぶんと丈夫です。)とか専用のボトルとかまでいろんな選択肢がある。容量と強度の組み合わせでいろんな容器が選べる利点がある。

ガスかアルコールか。どっちのシステムもすごくいいと思う。
どっちがいいんだろう?っとかよく考えちゃうと思うんだけど、どっちもいいんだよねー。
どっちがいいとか悪いとかどーのこーのの問題ではなく、これはスタイルの問題ですな。

Peace!!
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。