スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I'm singin' in the rain. / ゴーライトクロームドーム in 弥山・八経ケ岳

GoLite Chrome Dome Umbrella
初日は寝坊でスタートが遅れ登山口出発が午後2時を過ぎていたし、登山道は概ね木に覆われていたので日傘としての出番は全くなかった。が、2日目は日の出時間以外は濃いガスの中でときおり小雨という状況だったので折り畳み式じゃないゴーライトのクロームドームが大いに役立った。

強い風をともなう雨なら悩む事なくレインウェアの上下を着込めるが、無風~微風状態で主にガス+ときおり小雨という状況では、蒸れるのが嫌なのでなるべくならレインウェアは着たくない。かといって、急に勢い良く降られてビショ濡れも怖いので蒸れるのは嫌なものの最悪の場合にそなえてレインウェアを着込んでおいた方が良いかもしれない。

非常に難しい判断を迫られる状況だ。レインウェア無しで不安を抱えたまま焦って行動するのも危険だし、オーバーセキュリティーで小雨程度にレインウェアを着込んでしまって蒸れ蒸れで行動するのも不愉快だ。

今回ゴーライトクロームドームを持っていたので、こんな悩みは即座に解決した。(もちろん両手を使わないといけない岩場等では無理な話だが)雨が降ってくればチョイと広げて歩き、雨が止めば畳んで手に持っていてもいいし、しばらく降らないと見たら(ちょっと手間は掛かるが)バックパックに戻してもいい。それに折り畳み式じゃないので、広げたり畳んだりもワンアクションで決まってストレスがない。

風が強くない状態での小雨~中雨程度なら傘でも十分雨は防げるし、通気性がバツグンにいいので非常に快適に歩ける。今回もすれ違った殆どの人がレインウェアを着込んでおり、見るからに蒸し暑そうだった。それに引き換えこちらは、専用の小さな屋根があるので雨は避けれるし、風通しはいいしで、雨に濡れて美しい艶を放つ木や草の緑色を眺めながら鼻歌まじりで小雨の中を歩けた。

いざとなったらバックパックからレインウェアを引っ張り出して着ればいいんだし、バックパックのレインウェアを探すときもカサがあるのでバックパックの中を雨にさらすことがないので落ち着いて対応できる。

というわけで単なる傘が山の中でとても役に立った。

テントの出入りのときも降っている最中ならとても役に立つだろうし、バックパッキングの装備として結構頼れる存在だと思う。


ピース!!(・ ・)v
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。