スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

montrail CONTINENTAL DIVIDE モントレイル コンチネンタルディバイド


runningwarehouseからUPSにてモントレイルのコンチネンタルディバイド到着。
日本時間の25日未明にオーダーして、商品到着が27日午前。米国カリフォルニアから丸3日で手元に届いている。便利な世の中になったもんだ。UPSすごい。
商品&サイズとも間違いなく送られてきた。runningwarehouseも正確なお仕事ぶり。

履いた感じはgood!ただもう少しサイズ的に余裕あるかと思っていた。US11、パタゴニアのライトウェイトソックスでちょうど良いフィット感。分厚いソックスはちょっと無理。ランナーじゃないのでハードに走ることなどない。ハイキング使用メインだからもう少し余裕あっても良かったのに・・。仕方ないからちょっと走ってみるかぁッ!?!?
ってマジで雨のときとか、シールスキンズ履きたいので試しに履いてみるとピタピタすぎて血がとまる・・。 んんん・・・。
で、靴の中敷を取り外して履いてみてばこれでちょうどジャストフィット!雨のときはまず中敷をとってからシールスキンズを履けばOK。(シールスキンズ使いには当たり前の手法なのかもしれないが・・)。まさに苦肉の策だが、この手法でたいていの靴でシールスキンズを利用できそうだ。雨を恐れるあまり、シールスキンズ用に普段ユルユルってのもなんか違うし。

ピース!!(・ ・)v
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

各位のおっしゃるとおりだと感心しています。
総合的に判断して、選択することは大事ですね。

>人の脚の動きを、往復運動と回転運動のある、コンロッドと考えると

これは、一つのたとえ話です、多目にで見てやって下さい(苦笑)

No title

靴もメーカーによってサイズが色々なので、履いてみないとわからないものですね。

>もっと細いヒモ
靴の軽量化はトレッキングシューズからランニング系シューズへの変更で今のところ十分かと・・。ただ細いヒモは靴紐のみならずガイライン等多用途的な予備ヒモとしての視野でかんがえていきたいです。

No title

私も何足かモントレイル持っていますが、いずれもタイトで他社の靴よりもハーフサイズ大きいものを選んでいます。

>もっと細いヒモ
サロモンでありました、細いラインとプーリー、コードロック使用。
少し軽くなり、緩み難いのが利点ですが、プラパーツが壊れたのを見たことがあるので、耐久性は疑問でした。
普通の靴に使用するには、アイレット、ループの補強が必要だと思います。

No title

runningwarehouseのサイトを見てみると、3日前に$95.00→$75.95で買ったばかりなのにもう$63.95にディスカウント。品不足は日本国内だけ??

No title

JSBさん、こんばんわッ!!
そういえば靴の紐の重量は計ったことすらなかったです(全くの盲点!)。
バネ下荷重軽減の為には考慮に入れるべきですね。靴紐もう少し細くても大丈夫かも。あっでも緩みにくさも考えないと!

エンジンが非力なので往復回転運動部分の軽量化はレスポンスに即影響あります。
重量のある靴は重いフライホイールのように慣性が働いて低回転でのエンストに強くなるようなことはないのでしょうか?

今使ってる靴は軽量なのですがトラクションが悪くて下りでコケまくってますので、とりあえず靴底の性能に期待しています。

No title

通り掛かりの素人JSBですが、ふと思ったのは靴紐のこと。

ストレッチなど別にすると、もっと細いヒモでも強度的には大丈夫
なのでしょうか?
もっとも運動範囲が大きい部分を
少しでも軽くすることは→その影響も大きいかな、と

チューブラーの自転車では、タイヤ重量は最も影響大なのです
回転部品も2倍ぐらいに?影響するようだ

人の脚の動きを、往復運動と回転運動のある、コンロッドと考えると
  靴=ピストン  靴紐=ピストンリング 
まさに運動エネルギーを地球に伝える、最重要ポイント!
ミッドカットの重い靴を履いているJSBは、問題外な存在!?(苦笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。