スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百丈岩ハイキング&キャンプ&クライミングスクール


現在受講中のスカイハイマウンテンワークスクライミングスクールLesson2は開催地が裏六甲烏帽子岩on12月9日(日)。周辺情報を調べてみるとすぐ近くに鎌倉峡・百丈岩という面白そうなハイキングスポットがあったので12月8日に行ってみた。そのままキャンプして翌日のスクールに合流。


百丈岩への登山道入り口のお店ではいきなりイノシシの解体ショー。なんでも今朝近くのワナにかかっていたそうだ。毛皮をきれいにはがれていた。イノシシ君には気の毒だが、この地方の昔からの暮らしの一コマようで近所のおじいちゃんたちも軽トラ相乗りで見物に集まってきていた。

この売店の前がパーキングになっており一日料金で500円。キャンプはそこら辺の川沿いで適当にしてもいいという。手前の路肩にも駐車できるし駐車しているクルマもあるが、そこは駐車スペースじゃなくてクルマがすれ違う為のスペースだョ。駐車場が満杯なら仕方ないけど、十分空いてたし・・。


さぁ行こう!13時過ぎの遅いスタート。

一般コースから登った。
だんだんと近づいていける。

近くで見ても百丈岩は魅力的。
記念撮影

百丈岩の上からの眺めはすごくいい。標高は全然たいしたことないけどなんだかとても素晴らしい。山は高さじゃないよなぁ(岩かッ)。低い山だけど爽快ですごく気持ちいい場所。

で、岩の先っちょまで岩づたいに行けるんでいってみた。

岩づたいのルート。まずここを降りてきて。

ここを上がる。 落ちると終わるョ。

高さ感アリ(ってか普通に高い)

周辺を散策してからやっぱり百丈岩が一番眺めが良いので戻ってきてジェットボイルでお茶にした。スティックのネスカフェ激ウマ。

登山道入り口にあった鎌倉峡の説明。

そして川沿いでキャンプ。平らな場所がなかなかなかった。寝床の準備。

BUSHBUDDY(6.5oz ver.)で夕食の準備、焚き火を楽しみながら湯沸し。
ペツルタクティカの赤色フィルターは夜間特にいい感じ。モノフレームシェルターのポールとフライの間にヘッドバンドを押し込めば照明として固定できる。

夜はフェザーフレンズのフーデッドヘリオス+ヘリオスパンツ+ダウンブーティだけでどこまでいけるかテストしてみた。インナーはパタゴニアR1フーディ+R1パンツ+ミドルウェイトハイキングソックス。自由に動けるし、軽く暖かく非常にいい感じ。
ウトウトしてると12時すぎに太股辺りに少し寒さを感じてきたのでスリーピングバッグ(ウェスタンマウンテニアリングのサマーライト)を掛け布団状にはおった。その後は快適。スリーピングバッグカバーに入るだけでも過ごせたかもしれないが、フェザーフレンズのJKT+PNT+BOOTSがとても自由で快適だったので筒状の物体に入る気がしなかった。掛け布団なら閉塞感はない。
夜間気温は0℃を少し下回っていた。
シェルターのドアは全開のまま過ごした。


で、翌日のクライミングスクール。
トップロープで確保されながらリードの練習中。

クライマーじゃないので技術はメチャ低いが知らない事を色々学んで体験できる。超オモロイ。

芦屋ロックガーデンでのハイキングで怖い思いをしたことがきっかけとなってクライミング技術に興味をもった。
今回の百丈岩の先っぽ状の所も、クライミング体験前の自分なら行けなかった(安全に行くことが可能かどうかの判断が出来なかったので行かなかった)と思うが、落ち着いて行くことができた。ホールドに対する足の置き方etcetcいろいろレッスン受けたのが完全に役立った。また、それらの技術は普通の登山道の岩のところを歩くときにもすごく役立っている。
トレランの練習もクライミングの練習も自分のハイキングスタイルにはすごく影響が大きい。

オーバーナイトの方法も含めて、より自由で、身軽で、気軽なハイキングスタイルを追求していきたい。


ギアのレビューは追ってッ!


ピース!!(・ ・)v




関連記事

コメント

非公開コメント

No title

河童さん、おもしろい講師の方だったんですね!(笑)
エンターテイメント系やアミューズメント系、ハードコア系等々、ガイドの方もいろんなタイプの方がいらっしゃるのでしょうか・・。
それにしてもすごいなぁチョモランマ登頂。

No title

かつて山岳ガイドだった頃、ここでガイドの研修を受けました。
その時の講師はチョモランマサミッターで、ウッチャンナンチャンを某山に案内した有名ガイド。私たちは技術を学ぼうと来ているところ・・・。
「ガイドはお客様の前にひざまずけ!」「ガイドは喋ってなんぼの商売や!」などなど・・・(苦笑)
まあ、名誉だけでは腹張りませんものね・・・ ^^;
あっ、これオフレコで(爆

No title

rara380さん、イノシシを捌いていた売店の人にキャンプ適地を聞いた時に何もおっしゃってなかったですし、六甲山系は基本的に熊の心配はないようです(100%の自信はないですが・・)。しかしイノシシはよくいます。六甲山南側などは夜間は普通に道路や住宅地にまで100kg超級がウロついています。
ブログ拝見しました。函館山の景色は雄大で素晴らしいですね。海もきれいでうらやましいです。やはり北海道では熊の心配は必要なのでしょうか?

No title

まるで中国の山々を見ているような感じですね。
兵庫とありますが、熊などの心配はありませんか?

No title

はじめまして。「ブログスカウト」の清水と申します。

東京の渋谷にあるコンテンツ制作会社(ライトアップ)で、
人気ブロガーさんのスカウトを担当しております。
「ブログスカウト」 http://blogscout.jp/

日経新聞さんのサイトでも紹介されたサービスです。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=163438&lindID=5

ブログを拝見して、面白い記事が充実していると思い
お声がけさせていただきました。

現在、自動車保険を一括で見積もりできるサービスにおきまして、
ブログでご紹介して頂ける人気ブロガーさんをスカウトしています。

もしよろしければ、詳細をご説明させていただけませんでしょうか。
ご興味いただけましたら、以下までご連絡ください。
すぐにメールにて詳細をご説明させて頂きます。
 ⇒ blogscout@media.writeup.co.jp

ご連絡を心よりお待ちしております。

# 今回、どうしてもご連絡を差し上げたかったのでこのような
形でアプローチさせて頂きました。
こちらのブログにふさわしくないようでしたら、お手数ですが
削除をお願い致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。