スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーライト Hex3 計量


GOLITE HEX3

装備重量検証の為に詳しく計量してみた。
Hex3本体+サック 750g(本体728g+サック22g)
ポールset 393g

付属のペグ 177mm 14g(9本付属)

付属のガイライン 18g

ペグ用のサック 7g


ノーマル状態での総重量は
本体+サック 750g
ポールset 393g
ペグx9本+ガイライン+サック 151g
------------
合計 1,294g

標準の装備の中でポールはストック2本をつないで代用するので持っていかない。ガイラインも持っていかない。
また標準装備ではHex3の各頂点6ヶ所にプラス3ヶ所の最大9ヶ所のペグダウン仕様になっている。フルにペグダウンすると11ヶ所にペグダウンでき、そのほうがあらゆる方向からの風に対して強くなるし室内も広くなるので自分は11ヶ所のペグダウンを標準仕様としている。各頂点用には付属のペグを使い、頂点と頂点の中間用には軽量なチタン製のペグ(TiピンペグUL 快速旅団にて購入)を使用している。
そして、ペグが効かなくて岩などで設営する場合を想定して細引き1.2mを11本準備している。

よって、
ポールset -393g
付属のガイライン -18g
付属のペグ -14gx3=-42g
チタンピンペグ 6gx5=30g
細引き1.2mx11 31g
---------------
差し引き -392g

標準装備の1294gに比べて-392gの902gがポールレスでの装備重量となる。ポールを持っていくか持っていかないかが重量に大きな影響を与える。
出かける先が確実にペグが効くとわかっているような場合は細引きは持っていかなくてもよいので、その分も軽量化は出来る。
蚊などの虫の多いところでは別途COCOGHLAN B.W.モスキートネット(200g)などのモスキートネットが必要になる。

TiピンペグUL 157mm 6g

細引き1.2mx11 31g


Hex3は2人で使用しても余裕があるぐらい広くて居心地はいい、また悪天候にもかなり強い。 取り扱いも簡単だし気に入っている。 もう少し小さいタープシェルターでもいいかもしれないが、ビヴィーサックやスリーピングバッグカバーが絶対必要だったりするのも面倒なのであまりに小さいのもちょっと・・。
もし、モンベルがU.L.ツェルトに使ってる素材でモノポールシェルターを作ってくれて幕体重量490gってゆうなら欲しい。ってか要るッ


ピース!!(・ ・)v
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。