モンベルモノフレームシェルターダイヤmont-bell monoframe shelter diamond on 20071208


タープスタイル設営状態

フライ&ペグset in スタッフサック (ポールは別)

<良い点>
軽量・コンパクト
換気が良い。
1人には十分広い。
ドア全開だと半洞窟的で開放感高く居心地が良い。
ドア全閉だと全方向からの風を防げる。
中央部が高く(106cm)余裕で座れるので思いのほかいろいろな姿勢が出来る。
Hex3なみに設営・撤収が楽。
最悪の場合、オモリ2ケで自立する。
フライのみをポンチョみたいに通気孔から顔を出して被れる。

<良くない点>
タープより開放感・換気は悪い。
テントより耐候性低い。
地面とのすきまが広いので小物がよく外に出る。

軽くてコンパクトなところが一番の利点。ドア全開の半洞窟的な覆いモノの状態でもぐりこむと開放部が大きいので外と中の中間的な雰囲気で閉塞感なくシェルター効果を得られる。
Hex3と比べてもドア全開状態の開放感はかなり上。
寝転んだ姿勢だとどっちみち上と横しか見れないので、このスタイルだと寝姿勢での視界のロスや「囲まれ感」が他のテントや低く張ったタープよりも少なく、「外にいる感」が強い。

ピース!!(・ ・)v
関連記事

コメント

非公開コメント